超常現象

幽体離脱のやり方は簡単?体験談や夢と勘違いの可能性は?

幽体離脱

 

幽体離脱とは、生きている人間の体から意識が抜け、

意識だけが自由に動き回ることができるという現象です。

 

この幽体離脱は臨死体験の際や偶発的に

起きるものと思われがちですが、

実はやり方によっては意図的に体験することが

出来るようになるというのです。

 

お話の中だけのものと思われていた幽体離脱が

実際にできるとなると、おもしろそうですよね。

 

今回、幽体離脱の特徴と練習方法についてまとめました。

スポンサーリンク

幽体離脱を夢と勘違いする可能性は?

せっかく幽体離脱できても、夢だと勘違いしてしまっては

もったいないですよね。

 

そこで、幽体離脱と普通の夢との違いを検証してみることにします。

 

まず幽体離脱する直前、慣れるまでは耳鳴りや金縛りに

なることが多いといいます。

 

これは普通の夢ではほぼ無いことなので、

違うと言っていいでしょう。

 

そして幽体離脱の場合、体からもうひとつの体が

抜け出す感覚がはっきりと感じられるので、

これも普通の夢とは全然違いますよね。

 

また離脱中は、現実の世界に最も近い霊的世界である

「幽界」というところにいるという、はっきりした

自覚があるそうです。

 

夢を見ている場合は、現実と夢の区別がつかない

というくらいなので、この点も異なりますね。

 

感覚については、はっきりと感じるものの

極端な痛みなどは少ないそうです。

 

夢の中での感覚は色々パターンがあるため、

この件については何とも言えないとしておきましょう。

 

まとめると、離脱前からしっかりと自覚があり、

幽界から体に戻るまでの意識が連続しているのが

幽体離脱です。

 

それに対し、夢は途切れたり内容を忘れてしまったりするので

明らかに異なります。

 

このように幽体離脱は夢とは全く似て非なるものであり、

一連の現象の間しっかりと自覚しているので、

その体験は他人に自慢できるものではないでしょうか。

 

では、幽体離脱を体験するのにはどのような方法があるのか、

次項でみていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

やり方は簡単?幽体離脱の練習方法

ここでは数ある方法の中から、簡単なやり方をチョイスして

一つだけ紹介します。

 

ちなみに、成功しなくても誰にも責任はありませんので

ご了承ください。

 

まず、リラックスして大の字に寝ころび、目を閉じます。

 

枕は自由ですが、掛布団は不要です。

 

この時は恐怖心を持たず、集中することが大事です。

 

声に出さずに心の中で1から順に数を数えながら、

真上に自分が向かい合わせでいることを想像し、

それに自分の魂を移すようイメージしてみましょう。

 

しばらくすると幻覚や幻聴、激しい振動など

何らかの異常が起こります。

 

この時、耳鳴りや金縛りを起こす場合もありますが、

それは幽体離脱の前兆ということなので

成功まであと一歩です。

 

前兆がきたら、「体から出よう!」ということに

気持ちを集中させてください。

 

うまくいけばその後、体の感覚が消えて宙に浮く感覚になり、

見事幽体離脱成功となります。

 

これはアメリカではポピュラーな幽体離脱方法なのだとか。

 

そのほかに、成功するためには寝る直前に脳を覚醒させる

コーヒーや濃い緑茶を飲んだり、寝る直前に筋トレをして

体を疲労させ幽体離脱をしやすくさせる方法もあります。

 

ただし、筋トレをやりすぎて疲れてしまったら

本気で寝てしまう可能性があるため、

程よいところで止めておくのが賢明でしょうね。

 

 

 

幽体離脱体験談

幽体離脱した人の体験談に多いのは、

「体がゴムで引っ張られているような感覚」というものです。

 

また、離脱中の体が異様に重いと感じる事も多いようです。

 

しかし、だんだん慣れてくると体が軽くなる感じに

変化することもあるようですね。

 

空中をふわふわと飛ぶことはもちろん、透明人間のように

体が壁を通り抜けることも可能です。

 

幽体離脱未経験者からすると未知の感覚ですが、

ピーターパンのような感じで空を舞うのでしょうか。

 

練習次第で幽体離脱が出来る様になるのは驚きでしたが、

まだまだ不思議な部分が多く、成功者が少ないのも確かでしょう。

 

人間の能力というのは本当に未知な分、興味深いものですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。