生活の知恵

渋滞の先頭はどうなってるのか謎を解明!発生する原因って?

渋滞

 

大型連休には、車で家族や友人みんなでお出かけする方が多いと思いますが、毎回悩まされるのが「渋滞」にはまってしまうことですよね。

 

また、普段でも車通勤で予期せぬ渋滞に出くわしてしまうと遅刻の原因にもなりかねません。

 

おそらく、渋滞の原因は先頭にあると予想している人が多いと思います。

 

今回、渋滞が発生していた時、先頭はどうなっているのか、また渋滞が発生する原因についても詳しくまとめたいと思います。

スポンサーリンク

渋滞の先頭はどうなっている?

いつまで経っても進まなくてイライラしてしまう渋滞ですが、その先頭はどのようになっているのでしょうか?

 

さっそく、考えられる要因についてまとめたいと思います。

 

 

事故による渋滞

渋滞の先頭には事故現場があり、そこを通り過ぎると渋滞が終わっているパターンです。

 

予期せぬ渋滞が発生する原因として、最も多いのが事故です。

 

事故の原因としては、車間距離を十分に取らなかったため前の車にぶつかってしまったという、ちょっとした不注意で起きているものが大半です。

 

事故が発生すると道を塞いでしまいますし、大事故だと車を隅によけることも出来ず、救急車も出動して、さらに道を塞いでしまうこともあります。

 

車の運転はどうしても人間がするものですので、注意して運転することで事故を減らすことができても、なくすことは出来ませんよね。

 

もし、渋滞にはまってしまった時は、真っ先に事故を考慮するといいかと思います。

 

ちなみに、大規模な事故だとニュース速報で状況が伝えられたり、事故現場にいる人がツイッターやフェイスブックなどのSNSに事故の詳細を投稿しているかもしれません。

 

なかなか渋滞から抜け出せない時はニュースを聞いたり、同乗者にSNSで渋滞付近の情報を調べてもらい、渋滞の原因を知るとともに回避法を考慮してみましょう。

スポンサーリンク

 

サグ部や車線減少、合流地点による渋滞

渋滞の先頭は何事もなくスムーズに進んでいるのに、なぜか後ろは渋滞している場合、渋滞の原因として考えられるのが“サグ部”や“車線減少”“合流地点”です。

 

まず、「Sag(サグ)」とは英語で「たるみ」という意味をもち、道路には下り坂と登り坂があると思いますが、その中間のV字の部分をサグ部と呼びます。

 

サグ部付近では、下り坂で速度が上がっていた車が、登り坂に差し掛かることで無意識の内に速度が落ちてしまう現状が起きます。

 

そのため、後続車も減速した前の車につられて、次々と減速していく時でサグ部を起点として渋滞が発生します。

 

また、車線減少や合流地点についてもサグ部と原理は同じです。

 

先頭の車が車線を変更したり、合流してくる車に前を譲るために減速することで後続車も次々と減速して渋滞が発生します。

 

これらが原因で発生する渋滞は、事故とは違い自然に招いてしまうものなので、避けることは難しいと思います。

 

しかし、サグ部や斜線が狭くまる道路を避けて運転することで、渋滞にはまる可能性は低くなります。

 

もし、いつも同じところで渋滞が起きている場合は、サグ部や車線減少が原因と考え、他の道を通ることを検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

まとめ

合流地点やサグ部など、どうしても渋滞が避けられないところも多々あります。

 

しかし、事故が原因の場合は、ドライバーの意識向上次第で渋滞を回避することは可能です。

 

  • 運転中に眠くなった時は、コンビニやパーキングエリアでコーヒーを飲む、ガムを噛むなどして、ひと休みしてから運転を再開する
  • 体調が優れていない時は判断能力も低くなるため、今日は危険と思う日は公共交通機関を利用する
  • 車間距離の狭さが原因で発生する事故を防止するためにも、普段から車間距離を空けるように意識して運転する

 

 

このような、当たり前の対策を怠らないようにしておきましょう。

 

はまってしまうと辛い渋滞ですが、あなた自身が原因を作る一人になってしまう可能性もないとは言えません。

 

車に乗る際は、安全運転を第一に、意識の高いドライバーであることを心がけましょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。