趣味・娯楽

料理が下手な人には共通の特徴が?原因は意外と単純だった!

料理が下手

 

張り切って料理を作ったのに、毎回失敗してしまう人っていませんか?

 

レシピ通りに作っているはずなのに美味しくなかったり、自分ではうまくできたと思っても家族や友人の評判はよくなかったり。

 

そんな料理が下手な人には、もしかすると共通の特徴が存在しているかもしれません。

 

もし、自分がなぜ料理が下手なのか原因が分かれば、解決策も見えてくるかもしれませんよね。

 

今回、料理が下手な人に共通する特徴を、上手くなるためのアドバイスと共にまとめました。

スポンサーリンク

料理が下手な人には共通の特徴が存在?

料理が下手な人に共通する特徴はいくつか存在しています。

 

さっそく紹介するので、料理が下手と思っている人は自分に当てはまるものがないかチェックしてみて下さいね。

 

 

経験がないのに無駄に自信がある

グサッとくる人もいると思いますが、結構これが多いです。

 

経験がないのになぜか「上手くできないわけがない」という根拠のない自信があります。

 

こういう人はレシピを見てそれに従い調理するといった作業を嫌う傾向があるため、料理が下手なまま上達することすらありません。

 

 

味見を全くしない

通常、調味料を入れた時などは味見をしますよね?

 

味見をすることで濃い・薄いなどを判断できるのですが、料理下手の人はこれを一切しません。

 

味を整えないと、全く意図していない方向へ味が辿り着いてしまいます。

 

そのため、同じ料理でも毎回違う味に仕上がってしまうことにも繋がるのです。

 

 

自己流で料理をする

上記の3つに関係しますが、面倒くさいという理由からイメージやインスピレーションだけで料理を作ってしまいます。

 

このような特徴がある人は、「大体これくらいかな」という感覚で料理をしたり、調味料もすべて目分量で加えたりします。

 

また、「甘過ぎるときは塩を入れればいい」という安易な考えを持っている人も多く、味がぐちゃぐちゃになる結果をまねいてしまうことも。

 

レシピを見たり、量を図るのが面倒くさい等の理由から適当に調理していると、美味しい料理が出来るわけないですよね。

スポンサーリンク

 

本当に美味しいものを食べたことがない

美味しいものを食べる機会が多いと、だんだん舌が肥えてきます。

 

舌が肥えるというのは、美味しいものとそうでないものの区別ができるということでもあります。

 

また美味しいものを食べてこそ、自分の料理との比較ができます。

 

例えばジャンクフードが好きな人は、料理の味も濃くなりがちで、マヨネーズやケチャップなどでなんでも味付けしたりします。

 

味覚音痴の人が作った料理は、どうしても普通の人の口に合わないことが多いです。

 

ただ、美味しい物を食べることで、初めて自分の料理が美味しくないものだと分かることもあるかもしれませんね。

 

 

材料の下ごしらえをしない

これも、下ごしらえという作業自体が面倒くさいからという理由からきています。

 

下ごしらえをしなければ、食べていて味が付いていない肉があったり、野菜が硬すぎたりと、見た目も味も落ちてしまいますよね。

 

気持ちは分からなくもないですが、あらかじめ野菜だけ茹でておいたり、肉に下味をつけておくだけでも、料理の出来はガラリと違ってきます。

 

 

以上が、料理が下手な人に見られる特徴です。

 

「味見を全くしない」といった根本的な問題から、調味料の使い方や大ざっぱな調理方法についても問題がありそうですね。

 

 

 

最後に…

テレビなどで活躍しているプロの料理家も、目分量で調味料を入れた後には必ず味見をしますよね。

 

また、自己流で味付けをするのも経験を積んでいるからこそできる技です。

 

料理は経験とも言われるので、たくさん作りたくさん失敗すれば良いと思います。

 

しかし、失敗を重ねるだけでなく、それを基にして成長しなければ意味がありません。

 

そこには、「適当でいいや」という気持ちや諦めの気持ちではなく、「もっと料理がうまくなりたい」という向上心が必要です。

 

普段から、向上心を持ち、食に興味を持つことが出来れば料理上手な人へ変身できるはずです。

 

料理が下手な人はまず料理に興味を持つことから、料理が好きなのに失敗ばかり繰り返す人は、向上心を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。