美容・健康

正座でしびれないようにする方法は?グッズで改善される?

正座

 

洋室が主流となってきている現在、正座をする機会というのは昔に比べてずいぶん少なくなったと思います。

 

そのため、たまに法事や畳の間での食事の際に正座をすると、脚がしびれてしまってどうしようもなくなった経験がある人は多いのではないでしょうか。

 

正座で脚がしびれてしまう原因や、しびれないようにする方法があれば知りたいですよね。

 

また、しびれを予防できる便利グッズなどはないのでしょうか。

 

今回、正座で脚がしびれないようにするための対策についてまとめました。

スポンサーリンク

なぜ正座すると脚がしびれるの?

そもそも、なぜ正座をすると脚がしびれてしまうのか、その原因についてまとめます。

 

まず、脚がしびれる原因として挙げられるのが、末梢神経の圧迫血行不良です。

 

 

末梢神経の圧迫

膝裏を通っている神経である総腓骨神経(そうひこつしんけい)が、正座により圧迫されてしまうために脚のしびれが起きます。

 

通常、神経は体の奥にあるのが基本ですが、総腓骨神経は皮膚に近い部分を通っているため、正座すると圧迫されやすいのです。

 

 

血行不良

正座により、脚の裏側や足の甲の動脈が圧迫されることで血行不良が起こります。

 

血行不良が起きると、末梢神経が酸素不足に陥り機能が低下してしまいます。

 

それが原因で、脚にしびれが生じるのです。

 

 

この2つの原因を意識して、なるべく足の裏側を圧迫しないように座ることがしびれないようにする方法につながります。

スポンサーリンク

 

 

しびれない座り方のコツや便利グッズを紹介!

先程の原因も参考に、脚がしびれないような座り方や、足のしびれを予防する便利なグッズについて紹介したいと思います。

 

背筋を伸ばし、重心を前に置く

顎が出ていたり、背筋が曲がっていると重心が後ろに行きやすく、足の甲への圧迫が大きくなります。

 

顎を引いて背筋を伸ばすことで、重心が自然と前寄りになり足の甲への負担も軽くなります。

 

 

足の親指は軽く重ね合わせる

個人差はありますが、こうすることで足の甲が少し浮くため圧迫感を軽減することができます。

 

人によっては、足の甲まで軽く重ね合わせる人もいるそうです。

 

 

膝頭を少しだけ開ける

正座をする時には膝の頭をくっつけるのが普通ですが、少しだけ開けることで楽に正座ができ、しびれの対策にもなります。

 

女性なら3~4センチ、男性ならこぶし1個分ほどがちょうどいいです。

 

 

体の重心を移動させる

ずっと同じ位置に重心を置いていると、一か所のみに負担がかかり圧迫度が増します。

 

時々で構わないので、重心を前後左右に移動するようにしましょう。

 

脚への負担を分散させることは、しびれの予防にも効果的です。

 

 

足の親指に力を入れて強く曲げる

脚がしびれてしまった時は、5秒程、足の親指に力を入れてギュッと曲げるようにしましょう。

 

そうすると、脚のしびれが解消されることがあるようです。

 

ただし、この方法は個人差があり、人によっては親指を引っ張るや指圧するといったやり方の方が効果的な場合もあります。

 

 

脚がしびれないようにするためには、座り方にコツがあるようですね。

 

また、正座椅子と呼ばれるグッズを使うことで足のしびれを予防・解消することもできます。

 

正座椅子とは、脚の裏側に隙間を作ることを目的として作られた椅子で、お尻の下に入れて正座するだけでしびれが予防できます。

 

折りたたんで持ち運べるタイプのものもあり、価格はピンきりですが、安いものだと1000円程で購入することができます。

 

また、脚が付いているタイプの正座椅子は、横向きでごろ寝してテレビを見る時などにも使うことができるので便利です。

 

常に畳の間に用意しておくと正座の時以外にも使用できるので重宝しますよ。

 

 

 

最後に…

正座をする機会が多い人はひとつ正座椅子を持っておくと良いと思います。

 

もし、普段正座する機会がないという人は、正座が必要な場面に出くわした場合、今回述べた対策を覚えておき実践して下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。