食品

麦茶を夏に飲む理由とは?たくさんの効能も合わせて紹介!

麦茶

 

一年で一番暑い日が続く、夏の飲み物の定番といえば

「麦茶」を思い浮かべる人も多いと思います。

 

麦茶を夏に飲む理由は、美味しく水分補給が

できるからだけでなく、実は暑い夏を乗り切るための

効能がたくさんあります。

 

また、夏場だけでなく一年を通して麦茶を飲むことで、

様々なメリットもあるようです。

 

今回、夏に麦茶を飲む理由、また、意外に知られていない

麦茶の驚くべき効能についてまとめました。

スポンサーリンク

 

夏に麦茶を飲む理由は?

 

麦茶が好きで一年中飲んでいるという人もいるとは思いますが、

一般的に「麦茶は夏に飲め」とよく言われます。

 

もちろん、「麦茶を夏に飲め」と言われるのは理由があります。

 

以下にまとめたので、さっそく見ていきましょう。

 

 

・体を冷やしてくれる

 

麦茶の原料である大麦には、体を冷やす働きがあります。

 

そのため、夏場のクールダウンや、運動をした後など、

火照った体を冷やすには、もってこいの飲み物です。

 

しかし、冷え性に悩んでいる人や風邪気味の人など、

体を冷やすのを避けたい人は

冷たい麦茶の飲み過ぎには注意しましょう。

 

なるべく常温や、人肌くらいに温めてから飲むと良いでしょう。

 

 

・血液をサラサラにする

 

汗をかくと体内の水分量が減り血液はどろどろになりやすくなります。

 

そんな時、麦茶を飲むことで、お茶に含まれる「ピラジン」という成分が

血の塊を出来にくくし、血液の粘度を下げる働きをします。

 

暑い日が続き、汗をかきやすい夏に血液をサラサラに保つためにも、

麦茶はぴったりの飲み物と言う訳です。

 

ちなみに、「ピラジン」というのはあの麦茶独特の、

麦の香りの成分です。

 

 

・ミネラル分を多く含む

 

夏場、「水分補給をしっかり行い、熱中症予防をしましょう」

という声は良く耳にしますよね。

 

しかし、ただ水を大量に飲めば良いと言う訳ではありません。

 

その理由は、汗をかくと体内から水分と同時に、

多くのミネラル成分も排出されてしまいます。

 

健康な体内には、水分とミネラル成分が一定の割合で

存在していることが大切です。

 

もし、何も知らずに水分だけを過剰に摂取してしまうと、

気を失ってしまう場合もあります。

 

麦茶はカルシウムや鉄、ビタミンBなどを

豊富に含んでいるため、水分とミネラル成分の両方を、

同時に補給することができるのです。

スポンサーリンク

 

 

その他、麦茶の効能まとめ

 

次に、先ほど述べた以外にも、まだまだある

麦茶の効能についてまとめます。

 

 

・胃腸の働きを整える

 

麦茶はカフェインが含まれていないので、

胃の弱い人でも安心して飲めます。

 

また、それだけではなく、胃の粘膜を

保護する作用があります。

 

ある実験で、胃にキズをおったマウスに麦茶を与えたところ、

そのキズの炎症が抑えられたという報告もあるくらいです。

 

 

・生活習慣病を予防する

 

麦茶には、がんや脳卒中、心筋梗塞などの

生活習慣病の原因になる、活性酸素を除去する成分が

含まれています。

 

そのため、生活習慣病の予防や糖尿病の

合併症予防にも効果が期待できるとされています。

 

 

・虫歯予防になる

 

麦茶は、バクテリアなどの微生物や菌の

定着を防ぐ働きがあります。

 

そのため、ミュースタン菌(虫歯菌の正式名称)の

菌膜生成を阻害してくれるのです。

 

 

 

最後に…

 

麦茶の効能やなぜ夏に麦茶を飲むのかをまとめましたが、

万能薬と言えそうな麦茶にも一つ、欠点があります。

 

それは他のお茶と比較して、傷みが早いという点です。

 

特に夏場は、暑い室内に置いておくとすぐに腐ってしまいます。

 

煮出した後、熱を取って冷ましたら冷蔵庫で

保存するのはもちろんですが、長期保存は利かないため、

なるべく早く飲みきることが大切です。

 

そのため、一度に大量に作って長く保存しておくというのは、

あまり好ましくありません。

 

痛みにだけ十分に注意して、麦茶は優れた飲み物である

ということを理解しましょう。

 

この機会に、夏場だけでなく一年を通して麦茶を飲むというのも

良いかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。