行事・イベント

お彼岸に最適なお供えとお返しについて!意味も合わせて紹介

お彼岸

 

ひな祭りが終わると、すぐやって来るのがお彼岸ですね。

 

日本のお彼岸は、お墓参りをしたり、お墓をきれいに掃除し、ご先祖様がこちらの世界に帰ってくる準備をするのが習慣です。

 

他にもお花や仏壇のお供え、牡丹餅を食べることなどの様々な習わしがありますが、これらの意味を知っていますか?

 

また、意外に知らない人も多いであろう、お彼岸に最適なお供えとお返しについても調べてみました。

 

ご先祖様、お彼岸の挨拶に来てくれた人に対して失礼がないよう、改めてお彼岸について見直し考えてみましょう。

スポンサーリンク

お彼岸の意味について

お彼岸は、春と秋にある先祖供養のための期間のことを意味します。

 

春彼岸とは、春分の日の前後三日を合わせた七日間のこと、秋彼岸とは、秋分の日の前後三日を合わせた七日間のことを言います。

 

迷いや欲のあるこの世界「此岸(しがん)」から、向こう側の悟りの世界である「彼岸」へ渡るため、教えを守り行いを慎む期間となります。

 

お彼岸に先祖供養することは太陽に関係しているとも言われています。

 

春分の日と秋分の日は太陽が真東からのぼり真西に沈む日とされています。

 

そして、こちらの世界「此岸」は東、あちらの世界「彼岸」は西に位置すると言われており、春分の日と秋分の日は此岸と彼岸が最も通じやすくなる日ということになります。

 

このことから、お彼岸の時期に先祖供養をすることになりました。

 

現在では、お墓を綺麗に掃除し、お花を飾り、お線香を手向け、家族そろってお墓参りをすると言った大切な行事となっています。

 

家庭では仏壇掃除をし、お花や果物、お菓子をお供えします。

 

このようなことが、先祖供養をするお彼岸の習わしであり、正しい過ごし方となります。

 

また、お彼岸は国民の祝日として休暇をとります。

 

  • 春分の日 : 自然をたたえ、生物を慈しむ日
  • 秋分の日 : 先祖を敬い、亡くなった人をしのぶ日

 

お彼岸が休日になっていることからも、日本人が先祖を大切にしている民族であることが分かりますよね。

スポンサーリンク

 

 

お彼岸のお供え物で最適なものは?

お彼岸のお供えは、家庭で真心込めて手作りすることが良いとされています。

 

また、日ごろお世話になっている隣人、友人、知人にも配り、自分のものを他に分け与え、共に喜びを分かち合うという意味もあります。

 

これは「ともに喜びを分かち合う」という仏教のお布施の精神にも当てはまります。

 

お供えと言うことで、お彼岸の間は毎日、朝と晩に御仏壇に灯明や御線香を手向けて、手を合わせることを繰り返します。

 

お供えを絶やすことなく、供養、感謝を伝える日々を過ごします。

 

お彼岸の手作りのお供えものと言えば、牡丹餅やおはぎが一般的ではないでしょうか。

 

  • 牡丹餅 : 春のお彼岸に御供えするもの。春の季節の花である牡丹になぞらえています。
  • おはぎ : 秋のお彼岸に御供えするもの。萩の花になぞらえ、おはぎと言うようになりました。

 

このほか、初彼岸には金品をお供えする場合があります。

 

黒と白の水引の不祝儀袋に「御仏前」と記載し、お供えします。

 

 

 

お彼岸のお返しに最適なものは?

時に、親類、隣人、友人、知人などから金品やお供えを頂戴することがあります。

 

そんな時、お返しに困ってしまうことがありますよね。

 

失礼のないマナーとしては、頂いたものの1/2~1/3程度の金額の物をお返しとしてお渡しします。

 

黒と白の水引か黄色と白の水引の不祝儀袋に「粗供養」と記載し、お返しとします。

 

お返しに最適なものとしては、香典返し同様、タオルや洗剤、海苔などの食品が喜ばれます。

 

ただし、食品にする場合は日持ちをするものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

 

最後に…

お彼岸の意味や過ごし方、迎え方について理解できましたか?

 

お彼岸はご先祖様に挨拶し、お礼を伝え、これからの家庭の円満や繁栄を祈り、七日間という日々を謹んで過ごす期間です。

 

また、家族以外のお世話になっている人々へもきちんとご挨拶し、これからもよろしくという気持ちを添えて絆を新たにする期間でもあります。

 

もう一度、ご先祖様や人とのつながりを大切にし、気持ちを新たにできる機会となればいいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。