行事・イベント

ひな祭りを盛り上げる献立を紹介!デザートや離乳食も挑戦!

ひな祭り 献立

 

ひな祭りといえば3月3日、女の子のための桃の節句です。

 

女の子にとっては年に一度のイベントだけに、ひな祭り当日の献立にはこだわりたいと考えているお母さんは多いと思います。

 

しかし、ひな祭りにピッタリの献立にしたいと思うと、何を作ろうかと迷ってしまいますよね。

 

また、メイン料理だけでなく、赤ちゃんが食べることのできる離乳食や、食後のデザートも合わせて知ってくと重宝すると思います。

 

今回、ひな祭りの献立のアイデアについてまとめました。

スポンサーリンク

ひな祭りを盛り上げる献立とはどんなもの?

無事に春を迎えられたことを喜び、今後のみんなの健康を願うひな祭り。

 

女の子が主役の日に、おすすめの献立についてまとめたいと思います。

 

 

メイン → 「ちらし寿司」

ひな祭りの定番メニューといえば、やはりちらし寿司でしょう。

 

桜でんぷやかまぼこでピンク色を加えれば、ひな祭りの雰囲気も出て、見た目も華やかになりますよね。

 

作り方は、かために炊いたご飯に合わせ酢をふり、すし飯を作ったら彩りのきれいな具材を散らしていきます。

 

散らす具としては、

 

 

  • えび(背中が曲がるまで長生きできますように、という願いを込めて)
  • れんこん(先を見通せる子に育ちますように)
  • まめ(まめまめしく働ける健康な子になりますように)

 

以上のような食材が、縁起がよいとされています。

 

さらに錦糸卵や三つ葉、ニンジンなどは彩りも華やかで春らしく見えるので良いでしょう。

 

また、親戚や友人を招いてのお祝いであれば、おもてなしとして「手まり寿司」などはいかがでしょう。

 

すし飯を作ったら、約25gずつに分けて丸い形になるようにラップなどに包んで丸く握ります。

 

上に乗せる具材は生ハム、サーモンやマグロ、たいのお刺身、菜の花やしいたけなどお好みです。

 

具材は包みやすい大きさ、厚さに切り、握ったすし飯の上にのせて再度ラップに包んで丸く握れば出来上がりです。

 

見た目にもかわいらしく、子供も喜ぶメニューですね。

 

 

汁もの → 「ハマグリのお吸い物」

ひな祭りにはかかせない汁ものといえば、ハマグリのお吸い物が思い浮かぶ人もいるかと思います。

 

でも、なぜ「ハマグリ」なのでしょうか。

 

その由来は、ハマグリの貝殻が必ず一対になっているところにあります。

 

このことから、ハマグリの貝殻が仲の良い夫婦を表し、「生涯、たった一人の男性と添い遂げられる様に」という願いが込められているのです。

 

ハマグリのお吸い物の作り方は、昆布だしの汁にハマグリを入れて、口が開くまで煮て菜の花など旬のものを最後に入れてひと煮立ちしたら、器にきれいに盛って完成です。

スポンサーリンク

 

デザート → ひなあられ

デザートにはやっぱり、ひな祭りに食べる代表的な和菓子のひとつで健康にも良い「ひなあられ」がおすすめです。

 

4色の色(白、桃、緑、黄)はそれぞれ日本の四季を表していると言われています。

 

詳しい、ひなあられの意味や由来についてはこちらにまとめています。

 

ひなあられの大体の成分はでんぷんです。

 

でんぷんは体内でブドウ糖に変わるため、私たちが活動するためのエネルギー源になります。

 

以下に、ひなあられの簡単な作り方を紹介しておきます。

 

材料

もち米  約100cc

色粉(赤・黄・緑色)  少々

粉等  少々

揚げ油

 

作り方

  1. 揚げ油を170℃ほどに熱したら、もち米を洗わずにそのまま入れて揚げる。(1度に入れずに3~4回位に分けて揚げるとよい)
  2. もち米がポップコーンのように弾けてきたら、さっとバットにすくいあげる。(バットには油を切るためにクッキングシートなどを敷いておく)
  3. 熱がとれ冷めたら、4色分作るため4等分する。
  4. 白色あられの場合、ビニール袋に粉等とあられを入れ、まんべんなく混ざるように、空気を入れながら上下左右に動かしながらふる。(桃色、その他の色の場合は粉等に色粉をそれぞれプラスする)

 

 

離乳食 → 菱餅

最後に、またまだ小さい赤ちゃんでもひな祭りを楽しめるように、離乳食として「菱餅」に挑戦してみましょう。

 

菱餅のひし形は、「心臓」を表していると言われています。

 

災厄を除こうという気持ちや、娘の健康を願う気持ちが込められているそうです。

 

離乳食を作る際は、必ずアレルギーの有無などを確認しましょう。

 

それでは、作り方を紹介します。

 

材料

じゃがいも  約10g

ほうれん草  約5g

トマト  約5g

アルミホイル

 

作り方

  1. まずひし形の抜き型を用意します。(無い場合はアルミホイルに強度をつけるため何重かに折り、ひし形を作ります)
  2. じゃがいもは茹でて裏ごし、トマトは茹でた後、皮と種を除いて裏ごしをします。
  3. ほうれん草を茹でてからすり潰し、そこへ裏ごしをしたじゃがいもの半分を混ぜます。
  4. ひし形の中にほうれん草、じゃがいも、トマトの順につめ、最後に抜き型をはずす。

 

これならば、やわらかくて赤ちゃんでも食べられますね。

 

 

ひな祭りは一年に一度しかないイベントなので、腕を振るって手作りの献立に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

今回、紹介したそれぞれのレシピにアレンジを加え、ご家庭の味に工夫できたら素敵ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。