生活の知恵

冬場に結露が発生する原因は?対策とおすすめグッズも紹介!

結露

 

冬の寒い朝、ふと窓に目をやると窓がびしょびしょで結露が発生していることがありますよね。

 

「結露の原因って何だろう?」と思いつつも、そのまま放置している人も多いのではないでしょうか。

 

結露は放っておくとカビ発生の原因になることもあるので、早急に対策することをおすすめします。

 

今回、冬場に結露が多く発生する原因と対策の方法、結露防止に役立つ便利グッズについても合わせてまとめました。

スポンサーリンク

冬場に結露が発生する原因とは?

まず、結露はどのように発生するのか、その原因について説明します。

 

 

外と内の気温差

暖かい空気は多くの水蒸気を含むことができ、反対に冷たい空気は少ない量しか水蒸気を含むことが出来ません。

 

しかし、窓の近くは外の冷たい空気が漏れているため、そこに暖かい空気が近づくと、冷やされて冷たくなります。

 

そうなると、冷たい空気は温かい空気よりも水蒸気を含むことが出来ないので、その差分が水滴となり窓に付くのです。

 

つまり、結露の正体は温かい空気中に含まれていた水蒸気ということです。

 

当たり前ですが、外と内の気温差が高ければ高いほど結露の量も増えていきます。

 

また、室内で洗濯物を干すと、水分を含んだ洗濯物から、水蒸気が発生するため結露が起こりやすくなります。

 

冬以外、梅雨の時期に結露が起こりやすいのも、これが原因です。

 

同じ原理で、加湿器を長時間使用しても結露が起こりやすくなります。

 

特に、外が冷え込む夜間に長時間使用していると、室内と屋外の温度差が大きくなり水滴の量は多くなります。

 

そのため翌朝起きたら結露で窓がびしょびしょ…なんてことにもなりかねません。

 

冬場の乾燥対策として、加湿器の使用や洗濯物の室内干しを行うのはいいですが、しっかりと結露の対策をしておく必要もありそうですね。

スポンサーリンク

 

 

結露の対策とおすすめのグッズとは?

結露を防ぐには、室内と屋外の温度差を低くして室内を乾燥した状態にしておけばいいのですが、もちろんそんなことは出来ないですよね。

 

さっそく、簡単に出来る結露の対策を紹介します。

 

 

こまめに換気をする

室内に水蒸気を、とどめておかないようにすることが大切です。

 

長時間の換気は難しいですが、少しの時間でもこまめに窓を開けることは結露対策として有効です。

 

一回で5~10分を目安に、一日に数回程度でけっこうですので換気を行いましょう。

 

 

暖房器具を見直す(買い換える)

暖房器具で石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼系のものは、水蒸気を多く発生させてしまいます。

 

もし、自宅の結露がひどいのであれば、エアコンやオイルヒーターなど、燃焼しないものへの買い替えも結露対策のひとつになるかもしれません。

 

 

このような対策が出来るのが一番ですが、ちょっと換気が面倒と感じたり、暖房器具の買い替えなどは、なかなか出来ない場合もありますよね。

 

そんな人のために、現在は結露防止グッズも多く販売されています。

 

シートタイプからスプレータイプまで様々な商品があるので、結露防止の便利グッズについて簡単に紹介しておきます。

 

 

結露吸水マット

窓の下部に貼るタイプのもので、結露による水滴が垂れるとマットが吸水してくれるため、窓の下がびしょびしょにならずに済みます。

 

結露防止というよりは、結露後の対策という感じですね。

 

結露給水マットは、カビ発生も防いでくれます。

 

また、デザイン性に富んでおり、100円ショップでも売っているため、コストを抑えて結露対策を行いたい人にもおすすめです。

 

 

窓ガラス断熱シート

水で簡単に窓に貼ることができ、断熱効果と結露防止のダブル効果が期待出来ます。

 

窓ガラス断熱シートは、模様入りのものもあるので、インテリアとしての役目も果たしてくれます。

 

部屋をオシャレに演出して、結露も防止したい人は、是非、使用して下さい。

 

 

結露防止スプレー

結露防止スプレーは、窓にスプレーするだけで結露の発生を防いでくれます。

 

完全に防ぐことは難しいですが、貼る作業がないので手軽に行えますし、見た目にも変化がないので窓のデザインを損ねることもありません。

 

 

以上で、結露防止グッズの紹介を終わります。

 

自分のライフスタイルにあった方法や便利なグッズで、嫌な結露の対策が出来たらいいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。