美容・健康

よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について

口の中を噛む

 

食事中やガムやグミなどを噛んでいる時、誤って口の中を噛んでしまうことはありませんか?

 

特に大好きなものを食べている時に、よく噛んでしまうことがあると思います。

 

「口の中を噛むことは偶然の出来事」と思っている人は多いと思いますが、実は故意に噛んでいる場合もあるようです。

 

偶然以外に口の中を噛んでしまう原因とは一体どういったものでしょうか。

 

今回、よく口の中を噛む癖の原因と、治療法や対策も合わせてまとめました。

スポンサーリンク

よく口の中を噛んでしまう原因

好きなものを食べる時は、「大好きだから急いで食べたい!」と思うからこそ、誤って口の中を噛んでしまうことがあります。

 

しかし、それ以外にも原因はあるので、さっそく以下で紹介していきます。

 

 

太っている

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、口の中を噛む原因としてよく言われるのが「太っているから」といったものです。

 

「なぜ?」と思われるかもしれませんが、理由は単純で、太っていると口の中の肉も増量され噛みやすくなるからです。

 

故意に口の中を噛んでしまう場合も、口の中が噛みやすい状態であることが関係しているのです。

 

 

ストレス

ガムを噛んだりするとストレスが軽減されるそうですが、同様に、口の中を噛むことによってストレスは軽減されます。

 

これは、赤ちゃんが指や乳首を吸うと安心するという名残でもあります。

 

精神安定のために行う行為のひとつが、大人になると「口の中を噛む」という行為に変わるのです。

 

 

以上でまとめを終わります。

 

体質的、心理的な要因が「口の中を噛んでしまう癖」の原因となっているのは意外だったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

口の中を噛む癖を治すための対策

すぐ口の中を噛む癖を治すためにはどうしたら良いのか、その対策について紹介したいと思います。

 

 

ストレスを軽減させる

ストレスをなくすには、好きなことをしたり、日頃からリラックスできる時間を持つことが一番です。

 

趣味に没頭できる時間を作ったり、日頃からウォーキングやストレッチ、半身浴などを行い、リラックスした状態になることを心がけましょう。

 

また、即効性があるストレス解消の方法としておすすめなのが、ガムを噛むことです。

 

ガムを噛むと、脳が活性化されストレスの軽減に繋がります。

 

ただ、ガムを噛んでいながら口の中を噛んでしまっては意味がありません。

 

早食いで口の中を噛まないためのトレーニングとして、ゆっくり噛むことを意識するのも忘れないようにしてくださいね。

 

ちなみに、噛み応えが物足りない人やガムの糖分が気になる人には、スルメがオススメです。

 

 

表情筋を鍛える

主に口周りの筋肉を使い表情筋を鍛えることで、すぐ口の中を噛んでしまう癖の対策として有効です。

 

表情筋を鍛える手段として、アナウンサー等が行う笑顔体操というものをご紹介します。

 

  1. 大きく上下に口を開け、10秒数える。
  2. そのままの状態で口角を横に引き10秒数える。
  3. 口を閉じ、同様に口角を横に引き10秒数える。
  4. 同様の状態で、口角を下に引き10秒数える。
  5. 同様の状態で、口角を上げ10秒数える。
  6. 笑顔の状態を作り10秒数える。

 

これを毎日1回以上続けて行うことで、口の中を噛むことの対策になります。

 

この体操を行う場合は、鏡を見て行った方が筋肉の動きが分かり良いですよ。

 

 

ちなみに、上記のような対策も有効ですが、一番大切なのは、普段から意識的に口の中を噛まないようにしておくことです。

 

意識するとしないとでは、噛む確率もまったく変わってきます。

 

口の中を噛むのが癖になってしまっている人は、「治してやる」という強い意志を持ち対策に取り組みましょう。

 

 

 

噛んでしまった時の治療法は?

最後に、噛んだ後の治療法をいくつか紹介しておきます。

 

 

口内専用のパッチを貼る

噛んだ箇所に物があたらなくなるので痛みもマシになります。

 

ただし、慣れないうちは違和感があったり、すぐに取れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

口内専用の飲み薬を飲む

傷口の修復を早めてくれる飲み薬などが市販でもたくさんあります。

 

飲み薬は治療としては簡単ですが、人によっては効果が薄かったり、副作用が発生することもあります。

 

注意書きをしっかりと読み、用法用量を守って服用しましょう。

 

 

うがいをする

口の中はばい菌だらけなので、噛んだまま放置しておくと患部が口内炎になり、さらに苦しい思いをすることになります。

 

うがいも水やお湯ではなく、塩水やマウスウォッシュなどを使用すると殺菌効果もあるのでよりベターです。

 

 

一番NGなのは、噛んだまま放置しておくことです。

 

治りが遅くなったり、口内炎に発展しないために一刻も早く治療して下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。