行事・イベント

初夢とはいつ見る夢のこと?嫌な夢を見た時どうすればいい?

初夢

 

新年を迎え、初めて眠りに着く時どうしても気になるのが「初夢」ですが、いつ見る夢のことを言うのか、いまいちピンときていない人が多いようです。

 

また、「今年もいい年になりますように」と願いを込め、意気揚々と新年のスタートを切ったものの、初夢が嫌な夢だと先行きが不安になりますよね。

 

もし嫌な夢を見てしまった時はどうすればいいのか、その対処法についても気になる人はいると思うので調べてみましょう。

 

今回、初夢についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

「初夢」とはいつ見る夢のことを言う?

年が明けて初めて見た夢が「初夢」ですよね。

 

しかし、大晦日の夜に寝始めて夢を見た場合、それを「初夢」と呼んでいいのでしょうか。

 

夢を見たといっても、午前0時までの夢だと、まだ年は明けていないことになります。

 

この答えについては、江戸時代の頃から色々な見解が飛び交っており、

 

「大晦日から元旦に起床するまでに見た夢」

「1月1日の就寝後に見た夢」

「1月2日の就寝後に見た夢」

 

など、微妙な違いではありますが、12月31日、1月1日、1月2日の3日間が候補となっているようです。

 

この中で現代では、

 

「1月1日の就寝後に見た夢」

「1月2日の就寝後に見た夢」

 

この2つの説が有力と考えられています。

 

もし、このどちらかで夢をみることが出来ればそれを「初夢」と呼んでいいでしょう。

 

 

 

初夢の由来と縁起がいい夢について

初夢に出てくると縁起が良いものを、よくことわざで「一富士 二鷹 三茄子」といいますが、この由来はどのようなものでしょうか。

 

調べてみると、江戸時代にはすでに存在していたことわざらしく、こちらも多数の説がありました。

 

いくつか有力なものをまとめてみると、

 

  • 徳川家が治めていた領土の一つである駿河国において、高かったものの順が、1.富士山、2.愛鷹山、3.収穫したばかりの茄子の値段であった
  • 富士山は日本で一番大きな山、鷹は強く知的な鳥、茄子は「成し遂げる(成す)」とかけて縁起が良いものの象徴である
  • 徳川家康が、富士山、鷹狩、茄子を好んでいたことから

 

といったものがあります。

 

すべて内容は異なりますが、なんとなく夢に出てくると縁起が良さそうな雰囲気ではありますね。

 

ちなみに、「一富士 二鷹 三茄子」には続きがあり、「四扇 五煙草 六座頭」と続きます。

 

それぞれ、4→扇(おうぎ)、5→たばこ、6→髪を剃った琵琶法師のことをいいます。

 

扇は末広がりで縁起が良い、たばこは煙が上る=運気上昇、最後の毛がない(怪我ない)座頭は家内安全、をいう意味で縁起が良いのです。

 

昔の人が、ここまで洒落たことわざを考えていたというのは驚きですよね。

スポンサーリンク

 

 

嫌な夢を見た時の対処法について

せっかくの初夢でも、富士山や鷹が出てこないばかりか、嫌な夢を見てしまったら今年一年、先行きが不安になってしまいます。

 

しかし、嫌な夢を見てしまっても対処法は存在していますのでご安心下さい。

 

では、さっそく嫌な夢を見ないようにするため、そして見てしまった時の対処法を紹介します。

 

 

嫌な夢を見た後すぐに夢の内容を他人に話す

昔からの言い伝えで「夢を人に話すと叶わなくなる」というものがあります。

 

それを逆手にとって嫌な夢も叶わないようにしてしまうという方法です。

 

 

起きたらすぐ、「今見た夢は獏にあげます」と3回唱える

「獏」というのは、夢を食べて生きるといわれている空想上の生物です。

 

獏に嫌な夢をすべて食べてもらい仕切り直すといった意味ですね。

 

 

宝船、もしくは獏の絵(文字でも可)を書き枕の下に敷いて眠る

良い夢を見る方法として、「見たい夢をイメージしたり、枕の下に見たい夢に関連した絵や写真を入れておく」という言い伝えがあります。

 

宝船は演技が良いですし、獏は嫌な夢を食べてくれます。

 

 

嫌な夢でも「逆夢」として前向きに考える方法もありますので、捉え方によっては「いいことが起こる前触れ」ともいえます。

 

そう考えると、初夢が嫌な夢だったからと言って焦ったり凹んだりせず、受け入れるというのもひとつの対処法といえるかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。