食品

キムチの輸入禁止国とその理由!日本と韓国で味の違いは?

キムチ 輸入禁止国

 

ご飯のお供やおつまみとしても人気のキムチ、日本でも昔から馴染み深い発酵食品で健康食品の一つとしても知られています。

 

キムチの本場・韓国では”韓国産キムチ”をブランド化して世界52ヵ国に輸出していることからも、キムチは日本だけでなく海外でも高い評価を受けていることが分かります。

 

しかし韓国産キムチは健康上の理由から、輸入を禁止としている国も多いのだとか。

 

今まで健康目的でキムチを食べていた人からすれば輸入禁止国はどこなのか、なぜ輸入禁止にしたのか理由も気になるところ。

 

またキムチはよく”韓国産”と”日本産”に分けられていますが、具体的に味や栄養に違いがあるのかも知りたいですよね。

 

今回、キムチの輸入禁止国とその理由、さらに日本・韓国それぞれの国で作られたキムチの味や栄養の違いをまとめました。

スポンサーリンク

キムチの輸入禁止国はどこ?

韓国産キムチの8割以上は日本に輸出しているため、日本がはトップクラスのキムチ大国であることが分かります。

 

もちろん日本以外でも好んでキムチを食べる国は存在していますが、最近ではキムチを輸入禁止食品に指定する国も増えているようです。

 

キムチの輸入禁止国はフランス・イギリス・カナダ・中国など、世界的にみても裕福な国が多いです。

 

そのため現在の韓国キムチ輸出市場は、赤字がどんどん拡大しているのだとか…

 

日本や韓国では健康食品として食卓に常備されているキムチ、なぜ多くの国が輸入を禁止しているのか、理由が気になりますよね。

 

 

 

キムチの輸入を禁止する理由!

韓国産キムチが輸入禁止となった理由として、まず韓国産食品全体における衛生面の問題が挙げられます。

 

そのためキムチに限らず、現在は韓国産の食品そのものの安全性が不安視されています。

 

なぜ韓国産食品の安全性が危険視されるようになったのか調べると、以下のように多くの理由を見つけることができました。

 

  • 韓国メーカーの即席ラーメンで、調味料の袋から銅・鉛・ヒ素・水銀などの重金属が検出された
  • 使い物にならないクズ肉を大量に集め、人工的に固めた”整形カルビ”が大量に市場に出回っていた
  • 産地が違う牛肉とクズ肉を一緒にした”多国籍カルビ”、骨なし肉に食用接着剤で骨を付け”骨付きカルビ”として製造・販売していた

 

これら以外にも異物や大腸菌、糞、虫などが混入させた食品を販売していたという報告もありますm(_ _)m

 

またキムチ輸入禁止国の一つフランスでは、キムチに含まれる辛み成分「カプサイシン」に中毒性があり、脳細胞にダメージを与える可能性があると発表しています。

 

実際、韓国は胃がん大国として知られており、その背景にはキムチ(カプサイシン)の大量摂取が原因にあるとも言われています。

 

カプサイシンは日本ではダイエット効果が高い成分としての注目されていますが、メリットだけではないということです…

 

ただ衛生上の問題については韓国の全食品メーカーに問題があるわけではなく、おそらく一部の心無いメーカーの仕業だと思います。

 

多くのメーカーは衛生管理を徹底しているはずですが、外国からすれば”危険を冒してまで輸入する必要はない”と判断したたため輸入禁止となったのでしょう。

スポンサーリンク

日本産キムチと韓国産のキムチ、味や栄養の違いは?

本場・韓国の伝統的なキムチと、日本人の舌にあわせて作られた”日本産キムチ”は味が全然違うのは知っていますか?

 

そもそも韓国と日本では、以下の様にキムチの定義が違っています。

 

  • 韓国 → 4日以上発酵・熟成させたものがキムチ
  • 日本 → 発酵させたものはもちろん、発酵させていない韓国キムチ風の浅漬もキムチ

 

キムチは白菜などの具材にアミの塩辛や魚介類のエキスを加え発酵して作られますが、日本産のキムチは塩辛の代わりにかつお節と砂糖を入れたものもあります。

 

そのため日本産キムチの味は韓国産キムチよりも甘く、またダシが効いていて酸っぱさが弱いものが多いです。

 

実際、味で韓国産と日本産のキムチを比べると、日本産に軍配が上がるかもしれません。

 

しかし乳酸菌摂取など味よりも健康目的でキムチを食べる場合、韓国産キムチ、もしくは韓国産キムチと同じ製造方法で作られたキムチを選ぶようにしましょう。

 

具材の発酵を促進させキムチ内に乳酸菌を増やす役割を果たすのが、キムチ原材料の一つ”アミの塩辛”です。

 

韓国産キムチにはほぼアミの塩辛が使われていますが、日本産の場合は”キムチに味を似せた漬物”もキムチとして販売されています。

 

そのため健康目的でキムチを食べる場合、原材料にアミの塩辛と記載されているのを確認して選ぶのが賢いといえます。

 

ただしキムチの食べ過ぎはカプサイシンの過剰摂取により、胃がんのリスクを高めることになります。

 

キムチの1日分の理想摂取量は50gなので、なるべくこの摂取量を守って食べ続けるようにしてくださいね。

 

 

 

最後に…

輸入禁止国は先進国などを中心に、たくさんあることが分かった韓国産キムチ。

 

日本ではまだ輸入禁止にされていないものの、健康を考えると食べ方に気をつけた方がよさそうです。

 

健康維持目的で食べるキムチによって健康を害すると本末転倒なので、毎日キムチを食べている人は、この機会に食べる量や原材料を見直してみましょう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。