趣味・娯楽

男の一人旅で行くおすすめのスポットは?春夏秋冬別で紹介!

一人旅

 

家族や友人、恋人と一緒に旅行に出かける…もちろん、楽しく素晴らしい思い出になる事間違いないでしょう。

 

しかし、たまには自由気ままに男一人で一人旅に出かけたい、そうは思いませんか?

 

誰かにあれこれ言われず、自由奔放、自分の思ったように行動できる旅行は、日ごとの疲れを癒しストレスの発散にも繋がると思います。

 

今回、男の一人旅をする際、絶好のスポットを春夏秋冬別に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

春に行きたい男一人旅スポット

春と言えば厳しい冬の季節が終わり、のどかで桜が綺麗な時期です。

 

春には、ほんわかしていて落ち着くスポットに行きたいですね。

 

 

小田原城 神奈川県

春と言えば桜、男のロマンと言えばお城、そんな二つの要望に応えてくれるのが小田原城です。

 

神奈川県小田原市に位置するお城で、春の時期は満開の桜と小田原城とのコンボで侘び寂のある絶景が楽しめます。

 

 

通潤橋 熊本県

江戸時代に熊本県山都町に架けられた、日本の重要文化財にも指定されている、歴史ある日本最大級の水道橋です。

 

休日には放水口からダイナミックな放水が行われます。

 

橋の上から眺めるもよし、春の温かさを感じながら、俯瞰してゆっくりと眺めるもよしです。

 

 

 

夏に行きたい男一人旅スポット

暑い日が続くため、外出するのをためらってしまいがちな夏。

 

灼熱の太陽の下で行う一人旅は、せっかくなので涼しく神秘的なスポットに行きたいものですね。

 

 

龍泉洞 岩手県

岩手県岩泉町に位置する宇霊羅山にある、全長3100メートルほどもある日本有数の鍾乳洞で、茹だる暑さの夏の時期には嬉しい、涼しさを感じられるスポットです。

 

洞内にはコンコンと清水が湧き出る所があり、その深い蒼の清水は神秘的で一見の価値ありだと思います。

 

 

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう) 青森県

青森県十和田市の十和田湖畔子ノ口から焼山まで、14キロに渡って続く奥入瀬川の渓流です。

 

まるで水墨画のモデルになったかのような深緑で神秘的な川の流れは、見ているだけで身も心も清められそうなります。

 

特に初夏の時分は、青々とした木々と煌めく木漏れ日が楽しめ場の雰囲気に心も癒されるため、最高の一人旅スポットになるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

秋に行きたい男一人旅スポット

一年の中でもっとも過ごしやすく旅行をするにはもってこいの季節と言える秋。

 

やはり、秋の最大の見どころは紅葉ですよね。

 

一人旅に出かけるのであれば、是非、紅葉スポットに行き、その景色を独り占めしちゃいましょう。

 

 

天竜峡 長野県

切り開かれた絶壁の渓谷と、その間を流れる天竜川によって生み出される名勝地で、秋の時期は壮大に広がる紅葉も楽しめます。

 

また、天竜川を舟下りしながら渓谷美を満喫できますし、龍角峯などの奇岩もあり、何時間観ていても飽きない景色です。

 

 

渡月橋 京都府

京都市の桂川に掛かるまっすぐな木造橋で、赤に黄色の紅葉が映える嵐山をバックに観る渡月橋はまさに絶景。

 

人生で一度は訪れてみたいスポットです。

 

京都は、他にも紅葉スポットがたくさんあるので、ゆっくりと紅葉巡りをしてみるのもいいと思います。

 

 

 

冬に行きたい男一人旅スポット

冬は寒さが厳しく、一人でいると人肌恋しくなる季節です。

 

しかし、あえて冬に一人旅をするのであれば、寒さを耐え忍びながら行くおすすめのスポットがあります。

 

 

五稜郭 北海道

五稜郭は江戸時代末期に北海道函館市で建造された星型の城郭です。

 

五稜郭を見に行くなら夏や春でもいいのですが、冬を特におすすめするのは、純白に染まった雪景色姿の五稜郭は幻想的だからです。

 

 

地獄谷野猿公苑 長野県

長野県山の内町に位置する地獄谷温泉にある、野生のニホンザルを保護、観察する公苑です。

 

寒い冬場は、冷えた体を温めるためサルが温泉に浸る姿が見れるために、現在は国際的な観光地になっています。

 

ニホンザルと混浴することも可能なので、貴重な体験もできると思います。

 

 

 

最後に…

普段の喧騒を忘れ、ゆっくりと普段の疲れを癒すこと」を目的とした男一人に最適なスポットをまとめました。

 

仕事や家族サービスで、なかなか自分の時間を取るのは難しい人も多いと思います。

 

今でなくても、いつか時間が出来た際、今回のスポットを思い出していただければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。