食品

ヨーグルトの開封後の賞味期限はどれくらい?冷凍保存は可能?

ヨーグルト

 

体に良いとされるヨーグルト、健康の為に普段からよく食べている方も多いのではないでしょうか。

 

小分けは一回で食べ切れますが、大きなサイズのヨーグルトは開封してからどのくらい持つのか疑問に思った事はありませんか?

 

賞味期限は表記されていますが、開封後はなるべく早くお召し上がりくださいとしか書かれていませんよね。

 

そこで今回、開封後のヨーグルトの賞味期限と、長く美味しく食べるため理想的な保存方法も合わせて紹介します。

スポンサーリンク

ヨーグルトの開封後の賞味期限

大きいサイズのプレーンヨーグルトは、何日かに分けて食べると思いますが、数日食べ忘れてしまった時など、まだ食べられるか心配になる事ってありますよね。

 

特に、乳製品はお腹を壊しやすいともいわれていますので、気にする方は多いのではないでしょうか。

 

ヨーグルトには生きた乳酸菌が入っており、この乳酸菌は、製品になってからもずっと生き続けています。

 

さらに、ヨーグルトは元々発酵食品で、冷蔵庫が無かった時代にも保存食として食べられていました。

 

そのため思っている以上に保存が効きますし、普通に冷蔵保存のみでも、賞味期限以上経ってしまったとしても食べられます。

 

それどころか時間が経てば経つほど乳酸菌は増え、栄養価はどんどん高くなっていきます。

 

ただ、乳酸菌は量が増えると酸味が増すため、ヨーグルトには「美味しく食べられる基準」として賞味期限が設けられています。

 

また、食べきりサイズでないものは開封後に雑菌が混ざる危険性がある為、なるべく早めにお召し上がりくださいと記載されているのです。

 

ヨーグルトを販売している側の意見では、開封後2~3日以内が理想だと答えています。

 

日本では食中毒を強く意識するため、販売元は絶対に間違いない範囲の賞味期限を提示するようにしています。

 

ということは、開封後3日までは確実に安全だと言っても良いでしょう。

 

販売元以外、ネットの口コミなどをまとめると、きちんと密封し、冷蔵庫で保管している場合は、だいたい1週間程度は問題なく食べられるという事でした。

 

2週間たっても腐る事はありませんが、乳酸菌がかなり増えていますので、やはり少し酸味が強くなってくるそうです。

 

美味しく安全に食べるには、長くても1週間程度が賞味期限なのではないでしょうか。

 

また、日が経つとヨーグルトの上に溜まる水分を気にする方もいますが、あの水分は「乳清」といって牛乳の成分ですので混ぜてしまえば問題ありません。

 

問題ないどころか栄養満点ですので、捨ててしまっては逆にもったいないと言えます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、菌の中でも特に強いので悪くはなりにくいですが、いつもと違うにおいや強い酸味、苦み、変色が見られる場合は食べるのを避けて下さい。

スポンサーリンク

 

 

保存の方法について

開封後のヨーグルトを安心して食べるため、理想の保存方法について説明したいと思います。

 

ヨーグルトを冷凍しても乳酸菌が死ぬことはありませんので栄養的には変わりませんが、解凍した時にかなり水っぽくなってしまいます。

 

そのため、冷凍保存はあまり適していませんが、半解凍の状態で食べる分には、フローズンヨーグルトやシャーベットのようでとても美味しくいただけます。

 

もし、上のような食べ方をするのであれば、残ったヨーグルトを小分けにし、冷凍しておくのもひとつの保存方法ですね。

 

冷凍保存よりもベストな保存方法の結論としては、ヨーグルトとして食べるには冷蔵庫での保存が絶対です。

 

その際は冷蔵庫の扉のポケットなどではなく、安定している棚の方におきましょう。

 

なぜなら、振動を受けることでヨーグルトから「乳清」が分離して出てきてしまうからです。

 

また、容器の蓋もしっかりと密封し、雑菌の侵入を防ぎましょう。

 

別の容器に小分けする際は、汚れていないスプーンなどで素早く取り出し、分け終えたらすぐに冷蔵庫にしまいましょう。

 

温度を上げない事がヨーグルトの鮮度を保つポイントです。

 

 

 

まとめ

集めた情報を元に、今回、ヨーグルトの開封後の賞味期限はおよそ1週間としますが、出来るだけ早く食べてしまうのが理想です。

 

長期保存して美味しくなくなったものを食べるより、果物にかけたり、冷凍してシャーベットにするなどのアレンジをして美味しい内に食べ切りましょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。