食品

中国産うなぎの危険性とは?餌に問題?国産と見分ける方法は?

うなぎ

 

うなぎは栄養が満点でスタミナが付くだけでなく、

お肌にも良い魚として知られています。

 

店頭には国産のうなぎが並ぶ中、中国産のうなぎが

格安で売られています。

 

中国産のうなぎは危険性が噂されていますが、

生産数が多く価格が手頃なことも有り、安全かどうか

不安に思いながらも購入する人がいるのが現実です。

 

実際の所、どのように危険なのか気になりますよね。

 

また、国産と中国産のうなぎの見分け方などはあるのでしょうか?

 

今回、中国産のうなぎについてまとめました。

スポンサーリンク

中国産のうなぎの危険性と餌について

国産と違い、中国産うなぎが危険といわれる理由についてですが、

餌に含まれている成長ホルモンや抗生物質が

日本の基準値を大きく上回っているという点があげられます。

 

中国産のうなぎは国産のものと比べ、

「脂がのっていて大きいにもかかわらず価格が安い」

という点があります。

 

価格の安さと、危険性の理由として「餌」が関係しており、

本当か嘘かは分からないですが、

人糞や家畜の糞が餌になっているという説もあるほどです。

 

また、使用が禁止されているマラカイトグリーンという

成長促進剤とピル(稚魚の病死予防用)を

養殖の水に入れ、うなぎを大量生産していると

言われています。

 

また、中国人は中国産のうなぎをあまり食べていない

という情報もあり、2010年の中国産のうなぎの

約70%が日本へ輸出されています。

 

中国で養殖されているうなぎは、

日本への輸出を目的として養殖をしています。

 

「自分たちは食べないから何を与えても大丈夫」と、

利益のために無理やり成長スピードを

上げているのも頷けますね。

 

最後に、大気汚染による影響も危険性の

一つとしてあげられます。

 

中国では、大量の汚染物質が発生しています。

 

そこで養殖されたうなぎには、過去に発がん性を含む物質が

発見されたという事実があります。

スポンサーリンク

 

 

中国産のうなぎと国産のうなぎの見分け方は?

「危険な中国産うなぎは、できるだけ食べたくない。」

「でも値段以外では、どうやって見分ければいいのか?」

 

という人のために、中国産のうなぎと国産のうなぎの

見分け方の紹介をします。

 

「産地表示を見ればわかる」という考えは、

過去に生産地偽造の事件も発生しているため、

必ずしも安全とは限りません。

 

パッケージに「国産」と表示しているだけで、

具体的な産地が明記されていないものは

「中国産」の確率が高いのです。

 

そのため、見た目でも判断できる

見るべきポイントをまとめました。

 

 

・肉厚、皮厚なのは中国産

 

そっと指で押してみるとわかり易いのですが、

中国産のうなぎは蒲焼にしても肉が厚く押すと弾力性があります。

 

皮の厚みも違い、やや厚めなのが中国産です。

 

一方、国内産は皮が薄く蒲焼にしても、

皮の存在を感じる事が少ないと言われています。

 

中国で養殖されているうなぎは、アンギラ・アンギラ種であり、

特徴としては太く短いことが上げられます。

 

脂分が多いので、臭みがでやすい反面、国産に比べ

人件費を抑えられるため値段が安いのです。

 

うなぎの見た目の違いをまとめると、

 

国産のうなぎは、「長細く、身は固め、脂は少なめ」

中国産のうなぎは、「太く短く、身は柔らかめ、脂は多め」

 

このように分けることができます。

 

 

 

最後に…

使用している薬品のことや与えている餌のことが

事実とすれば、どれも恐ろしい話です。

 

スタミナをつける為に食べているうなぎが、

とんでもない方法で生産されていたら、と

考えるだけでぞっとします。

 

日本にとってうなぎは人気のある食材で、

値段もシーズンになると高くなります。

 

そこに安い中国産のうなぎがあると価格に釣られて

ついつい手を出してしまうかもしれません。

 

身体に入れる物ですから、重要視するのは値段ではなく、

どのようにして生産されたかということに

しっかりと気を配りたいですね。

 

あまりにも安すぎるうなぎには注意することと、

産地に悩んだときは先ほど紹介したチェック方法で

見分けてみるなどして、間違いのないように購入しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。