行事・イベント

年明けうどんの意味とは?具材や食べる期間はいつがベスト?

年明けうどん

 

年越しそばは昔から広く知られていますが、最近「年明けうどん」なるものを食べる人が増えています。

 

年明けうどんは昔から続く伝統的な料理ではありませんが、2009年にうどんの消費拡大を目的に提唱され、ここ数年で全国的に広がっています。

 

大手スーパーやコンビニで宣伝しているので、名前だけは聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

 

年明けうどんの意味や具材、いつ食べるかなど、詳しくは知らないという人のため、今回は年明けうどんについてまとめました。

スポンサーリンク

年明けうどんの意味は?

2009年のお正月から提唱された年明けうどん。

 

うどんは他の麺に比べて、太くて長いことから昔から縁起の良い食べ物でした。

 

純白で清楚なうどんに紅い具材を添えることで、見た目もお正月にぴったりな「紅白」のうどんができ上がります。

 

年明けうどんには、紅白のおめでたいうどんを食べることで、その年の幸せを願うという意味があります。

 

縁起かつぎや見た目だけでなく、うどんは消化がいいので、祝膳や祝酒で弱った胃を休める七草粥と同じような役割をもしてくれます。

 

さらにうどんはお財布にもやさしい!…なんと理にかなった習慣なのでしょう。

 

 

 

うどんの種類やおすすめの具材は?

まず主役のうどんですが、特に何うどんという決まりはありません。

 

最初は讃岐うどんを中心として始まった年明けうどん。

 

後から水沢うどんや各地方の名物うどんも参加し、最近ではカップ麺(どん兵衛など)も販売されています。

 

お好みのうどんを用意してください。

 

そして具材ですが、紅い具材なら何でもいいです。

 

たとえば、

  •  かまぼこ
  •  梅干し
  •  人参のかき揚げ
  •  海老の天ぷら

などが定番でおすすめです。

 

少しアレンジしてみたいという方は

  •  ローストビーフ
  •  サーモン
  •  トマト

といった洋風な具材も意外に合うので試してみてくださいね。

 

ちなみに、昨年12月に発売された「日清のどん兵衛」の具材には梅干し、かまぼこ、とろろ昆布が入っていました。

 

おせちの中のかまぼこや海老を使ってもいいですね!

スポンサーリンク

 

いつ食べると良い?

年明けうどんは、元旦から1月15日までに食べることで元旦のお祝いができます。

 

期間が長いので、各家庭で「我が家は何日に年明けうどんを食べる」というルールを作るといいかもしれませんね。

 

「おせちは飽きたけど、まだまだお正月気分!」というくらいの時期、1月4日、5日あたりがいいのではないでしょうか。

 

 

 

発祥の地、香川県ではもう当たり前?!

全国的には新しい習慣の年明けうどんですが、讃岐うどんで有名な香川県では年明けうどんを提供するお店が多く存在します。

 

なんと「全国年明けうどん大会」というイベントも二日間にわたって開催され、とても盛り上がっているようです。

 

日本全国からご当地年明けうどんが集結し、食すこともできるのでうどん好きにはたまらないイベントですね。

 

また、スペシャルライブやうどん県副知事である要潤さんのトークショーなんかもあり、盛りだくさんな内容となっています。

 

さらに、年明けうどんの広報活動の一環として全国からうどんにちなんだ句を募集して「うどんかるた」というかるたも作成されました。

 

ユーモアあふれる句がそろっていて、とても楽しいかるたです。

 

今年は「うどんすごろく」を作成しているようなので、どんな楽しい内容に仕上がるのか、発売が楽しみですね。

 

 

 

まとめ

恵方巻きやハロウィンなど、全国的に新しい習慣が次々と出てくる日本。

 

初めは少し抵抗がありますが、すぐに定着し欠かせないものになってしまっていますよね。

 

年明けうどんもうどん業者の策略だと知りつつも、私はうどんが大好きなので次のお正月からやってみようかなと思ってしまいました。

 

手軽にできておいしい年明けうどんですので、今後人々に浸透していき、いずれは日本文化になってしまう日も遠くはないかもしれません。

 

日頃から食べる機会の少なくないうどんだけに、愛される習慣となりそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。