生活の知恵

サンダルなのに足汗がひどい!ニオイや垢に対策はあるの?

サンダル 汗

 

夏と言えば素足にサンダルがオシャレな季節ではないでしょうか?

 

しかし、素足でいる時間が長いということは足の汗を吸収してくれるものがないということです。

 

足の汗がひどい人は、通気性の良いサンダルを履いていても汗のせいでツルツル滑ってしまうことがあります。

 

また、ニオイの発生やサンダルに垢が付いてしまう人も少なくなく、対策法が気になります。

 

今回、サンダルの季節に足の汗やニオイ、垢をどのように対策するべきかまとめました。

スポンサーリンク

足の汗でサンダルが滑る!?

夏の定番おしゃれアイテムであるサンダル。

 

女性ならとくに様々なデザインのサンダルを、シューズボックスの中にいくつも持っている人は多いでしょう。

 

通気性の良いサンダルだけに、サラっと汗知らずで気持ちがいいですよね…と言いたいところですが、サンダルでも足汗はかきます。

 

むしろ、裸足で靴下などを履いていない分汗を吸収するものがないため、サンダルの中で足が滑ったり、ベタついたりする原因になります。

 

足の裏はもともと、汗腺が多く汗をかきやすい部位と言われています。

 

体質的に汗かきな人は、特に足の裏の汗にも悩まされている人が多いかもしれません。

 

 

 

ニオイを抑えることはできる?

汗自体にニオイはなく、そこに雑菌や皮脂が混ざることでニオイが発生します。

 

サンダルで清潔な印象があるにもかかわらず、足から嫌なニオイを発するのは絶対に避けたいですよね。

 

誰かの家にお邪魔したり、食事の席がお座敷だったりとサンダルを脱ぐ状況というのも出てくるだけに、ニオイはできる限り抑えておきたいところ。

 

汗を防ぐことは体質の問題もあり難しいので、ニオイ対策についてみていきたいと思います。

 

 

サンダルに防水スプレー

新しく購入したサンダルには、汗をはじいてくれるように防水スプレーをしておきます。

 

足汗が染みこんでしまうとサンダルが臭くなってしまい、どんなに足のケアをしてもニオイが消えない場合があります。

 

 

サンダルを拭く

サンダルを履いた日は、帰宅したらウェットシートなどできれいに拭き、乾かしておくと汗や雑菌が残らず、ニオイもなくなります。

 

なるべくシューズボックスの中になどに入れず、風通しが良い場所に置いておくようにしましょうね。

 

 

足をこまめに洗う、拭く

汗をかいていると感じたら、できるだけこまめに足を洗うように心がけます。

 

もし洗えない状況なら汗ふきシートなどを携帯しておき、汗がニオイに変わる前にきれいに拭きとります。

 

足を洗ったり拭いたりするのは雑菌が繁殖するまでに行うことが大切です。

スポンサーリンク

 

サンダルに垢が…対策は?

サンダルを脱いだ時になにか垢のようなものがこびりついている、という経験はありませんか?

 

これは足の角質が原因と言われていて、汗をかくことで角質が蒸れて落ち、サンダルに吸着してしまっているのです。

 

この垢は、放っておくと硬くなって取れにくくなるため、付着したことに気付いたときに拭き取るようにしましょう。

 

垢の対策としては、入浴時などに足の裏の角質ケアをすることが効果的でしょう。

 

また、汗自体を抑制する制汗剤の使用や、サンダルの底に貼る汚れ防止シートなどを貼っておくのも良いでしょう。

 

最近では、サンダルにもソックスを合わせるファッションがオシャレだと言われているので、足汗だけでなく、冷え防止のためにも試してみてはいかがでしょうか。

 

また、サンダルのサイズが合っていないと足にとっては刺激になるため汗の量が増えます。

 

自分の足に合ったサンダルを選ぶことが大切ですね。

 

そして意外とやってしまいがちなのが、毎日同じサンダルを続けて履くこと。

 

一晩おいてもまだサンダルは乾いていないため、翌日も履くことでさらに蒸れ、ニオイを発生させてしまいます。

 

サンダルを長持ちさせるためにも、複数のサンダルや靴をまんべんなく履くことをおすすめします。

 

 

 

まとめ

夏は、素足が気持ち良いのでサンダルを履きたくなる季節ですよね。

 

しかし、足の汗によるさまざまなトラブルは避けて通れません。

 

今回紹介した対策法を試していただき、サンダルを思いっきり楽しめる夏にしてほしいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。