生活の知恵

雨の日に起きる頭痛や吐き気の治し方!原因についても調べた

雨の日 頭痛

 

普段は大きな病気も無く元気に過ごしているにもかかわらず、雨の日になるとなぜか体調を崩してしまう…なんて方はいませんか?

 

はっきりとした原因も分からないまま、雨が降る度に頭痛や吐き気などに症状に悩まされていては、心まで病んでしまうかもしれません。

 

今回、雨の日に頭痛や吐き気が襲ってくる原因と治し方についてまとめました。

 

不安を解消して、雨の日も元気に過ごせるようになりましょう!

スポンサーリンク

雨の日に体調が悪くなってしまう原因は?

そもそもどうして雨の日になると頭痛や吐き気がするのか、よく考えてみると不思議ではないですか?

 

なぜ決まって雨が降ると体調が悪くなってしまうのか、まずは原因についてお伝えします。

 

 

頭痛や吐き気の原因はリンパと血行不良

頭痛や吐き気の原因は色々なので一概には言い切れないものの、リンパ循環不良と血行不良が大きく関わっている可能性があります。

 

血行やリンパの循環が悪くなると、本来必要とされる栄養素が届かなくなり体調不良を引き起こす原因になります。

 

そして、血行不良やリンパ循環不良の原因となるのが、体温調節の乱れやストレスです。

 

体温調整がうまくできなかったりストレスを溜めこんでしまうと、血流やリンパの通りが悪くなる原因となり、頭痛や吐き気にも繋がってしまいます。

 

 

雨の日とリンパ循環不良・血行不良の関係は?

頭痛や吐き気の原因が分かっても「血行不良と雨の日って何か関係あるの?」など、まだしっくりこないことがありますよね。

 

実は、私たちは普段普通に生活しているつもりでも、身体は常に気圧で押されている状態にあります。

 

ただ、雨が降り低気圧になると体を押していた気圧は晴れの日よりも小さくなります。

 

その結果、身体が膨れてしまうことで血流やリンパの流れが悪くなり、頭痛や吐き気といった症状を引き起こす原因となってしまうのです。

スポンサーリンク

 

雨の日の体調不良を治すには?

頭痛や吐き気を治すには市販や病院でもらえる薬を使うのが確実ですが、雨が降る度に薬を飲むとなると流石に気が引けます…

 

そこで、薬を使わずに頭痛や吐き気の症状を軽くしたり、治すことができる方法について紹介します。

 

 

部屋を暗くして寝る

体調が悪くなれば何もせずそのまま体を休めるのが、最大かつ効率的な治し方になります。

 

より回復力を高めるためには、部屋を暗くして静かな場所で休むようにしましょう。

 

頭痛が辛い場合は、さらに悪化させないためにスマホをいじったり音楽をかけるのはやめましょうね。

 

 

漢方を処方してもらう

雨の日の体調不良は副作用の危険が常に付きまとう薬より、穏やかな効き目で副作用も比較的少ない漢方で何とかなる可能性があります。

 

そもそも雨が降ると体調が悪くなるのは体質によるものが大きいので、体質自体を漢方の力で少しずつでも変化できれば根本からの改善につながります。

 

漢方を処方してくれる病院や薬局は日本全国各地にあるので、興味がある方は一度足を運んで相談してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに漢方の力を借りるの場合、必ず医師の診断を受けてからにして下さいね。

 

 

普段からの“予防”が大事

症状が出ればそれに合わせて対策を取るべきですが、普段の生活から改善して頭痛や吐き気が起きる要因を作らないようにするのも大切です。

 

例えば、当たり前のことでありますが、

  • 軽めの運動(ウォーキング)やストレッチでも構わないので継続して行う
  • ストレスを溜めこまないように発散の方法を見つける
  • 生活のリズムを正し、規則正しい睡眠と栄養バランスの摂れた食事を心がける

といったことです。

 

自分の生活と体に対してしっかり向き合い、改善が必要なところがあれば少しずつ治していきましょう。

 

 

 

まとめ

例え雨の日限定の頭痛や吐き気であっても、思わぬ病気が要因になっている恐れもあります。

 

今回紹介した方法を実践したり、薬を飲んでも一向に改善しない場合は一刻も早く原因を突き止めることが大切です。

 

症状の強弱に係わらず、必ず医師の診断を受けるようにして下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。