意味・由来

年越しそばはいつ食べるのが正解?由来や意味はあるの?

年越しそば

 

毎年の大みそかに、多くの人が食べるであろう「年越しそば」。

 

テレビで特番を観ながら、家族でにぎやかに食べるというのは

なんだか良いですよね。

 

そんな年越しそばですが、いつ食べればいいのか、

食べるべき時間帯について知っている人は少ないと思います。

 

さらには年末になぜそばを食べるのか、年越しそばのルーツは何なのか、

考えてみれば知らないことがたくさんありませんか?

 

今回、年越しそばについて由来や意味も含めてまとめました。

スポンサーリンク

年越しそばはいつ食べるのが正解か?

大晦日に食べるそばと言えば、ほとんどの人が「年越しそば」と

答えますが、実は年越しそばには地域によって

色々な呼び名が存在するのです。

 

「大年そば」、「運蕎麦」、「大晦日そば」、「年切りそば」、

「つごもりそば」、「縁切りそば」、「福そば」、「思案蕎麦」、等々…

 

聞いてもすぐには「年越しそば」のことだと分からない呼び名が

多いですよね。

 

そんな多くの呼び名がある年越しそばですが、

一体いつ食べるのが正解なのでしょう。

 

実際のところ、年越しそばを食べる時間帯について

「決まり」はありません。

 

もちろん、地域や各家庭で食べる時間帯が大きく異なると思いますが、

大概はもう少しで年が明けるという23時半頃から

食べ始めることが多いようです。

 

できることなら大晦日中に食べるのがベターですが、

元日に食べたとしても福が逃げるといったことはありません。

 

それどころか、日本の中には大晦日ではなく、

元日に年越しそばを食べる習慣のある地域も存在していますので

ご安心ください。

 

年明け前に年越しそばを食べる方は、

時間が時間だけに食べ過ぎないよう、

量は調節した方がいいでしょうね。

スポンサーリンク

 

 

なぜ「そば」なのか、その由来や意味について

年越しになぜそばを食べるのか、

深く考えたこともないと思いますが、言われてみれば

気になりませんか?

 

なぜ「そば」を食べるようになったのか、

その由来については色々と説がありますので

さっそく見ていきたいと思います。

 

 

・そばは細長いため、長寿を願って食べられた説

 ※ちなみに、引っ越した際に配る「引っ越しそば」というものがあります。

  これもそばの形から「末永くよろしくお願いします」という意味が込められています。

 

・昔の金銀細工師が散らかった金粉を、そば粉を使って集めることから

 「金を寄せる縁起物」として食べられた説

 

 

・植物のそばは雨風に揉まれたとしても、晴天になり日光を浴びれば元気になる、

 ということから健康の縁担ぎとして食べるようになった説

 

 

・そばが切れやすいことから、その年の悪いことを翌年に持ち越さず、

 きれいさっぱり切り捨てることができるように願って食べられた説

 

 

・鎌倉時代、年を越せない貧しい人に餅そばを振る舞った翌年から

 運が向いてきたことから、年越しの恒例となり今もその習慣が続いている説

 

 

・江戸時代には「三十日(みそか)そば」という、

 毎月末にそばを食べる習慣があったため、

 その名残が「年越しそば」として現代も残っているという説

 

 

このように由来や意味はたくさんあり、どれが本当かは定かではないですが、

全てに通じることは「験担ぎ(げんかつぎ)」が理由だということですね。

 

そして、「なぜ年を越すタイミングで食べるのか」については、

ルーツを考えれば自然と答えが見えてきます。

 

それは、その年の未練や悪いものを断ち切り、

翌年の健康や金運を願うのに

いちばん都合のいいタイミングが大みそかだからです。

 

 

 

最後に…

毎年欠かさず年越しそばを食べているという人でも、

知らないことが多かったのではないでしょうか?

 

年越しそばを食べることにルールは特にはありません。

 

強いてあげるならば、気持ち良く新年を迎えられるように

家族みんなで食べることではないでしょうか。

 

一年の最後のイベントですので、今年も美味しい

年越しそばを食べることで縁起を担ぎ、

来年を良い年にしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。