自然

みぞれ、あられ、ひょう、違いを分かりやすく解説!雪とは違う?

みぞれ

 

「みぞれ」「あられ」「ひょう」という言葉は、

それぞれ天気予報でよく耳にしますよね。

 

いつもなんとなく聞いているこの言葉ですが、

何が違うのか説明してくれと言われると、

答えれる人は少ないのではないでしょうか。

 

さらに、似たような気象状況として「雪」もありますが、

雪が変化して「みぞれ」「あられ」「ひょう」になるのかも気になります。

 

今回、「みぞれ」「あられ」「ひょう」の違い、

そして雪との関係についてまとめました。

スポンサーリンク

 

みぞれ、あられ、ひょうの違いは?

 

まずは「ひょう」について説明します。

 

ひょうは、積乱雲から降る直径5㎜以上の氷の塊のことを指します。

 

空気中にある水蒸気により雲の中に氷の塊が発生します。

 

これは上昇気流によって上に浮いていますが、

この上昇気流が激しい時に氷はなかなか落ちてくることが出来ず、

雲の中で上昇したり下降したりを繰り返し

大きくなった重みで降ってきます。

 

これがひょうの発生のメカニズムです。

 

時にはゴルフボールほどのひょうが降り、農作物が傷んでしまったり、

車の窓ガラスが割れたりする被害も報告されています。

 

また、そこまで大粒だと傘では防ぎきれないので、

ひょうが降ってきたらすぐにでも安全な建物の中に

避難するようにしましょう。

 

ひょうで怪我をしたりするのは勘弁してほしいですね。

 

続いて「あられ」について説明します。

 

あられの発生メカニズムはひょうと同じです。

 

ひょうと異なる点は何かというと、それは氷の塊の大きさです。

 

ひょうが直径5mm以上に対し、

あられは直径5㎜以下の大きさの場合を指します。

 

またあられには、「雪あられ」と呼ばれるものと

「氷あられ」と呼ばれるものがあります。

 

「雪あられ」とは、雲の中の水蒸気同士が瞬時にくっついた状態のあられで、

これは隙間を空けてくっつくので地面に落ちた時に

壊れやすいというものです。

 

もうひとつは水蒸気がゆっくりとくっついた状態の「氷あられ」ですが、

こちらは隙間を埋めるようにくっつくので、

固く壊れにくいのが特徴です。

 

最後に「みぞれ」について説明します。

 

みぞれは、ひょうやあられのように氷の塊ではなく、

雨に混じって降る雪や溶けかかって降る雪のことを指します。

 

気象観測の分類上では、みぞれは雪になるので、

もしシーズン最初にみぞれが降ったとしたら、

それが初雪となります。

 

「みぞれ」「あられ」「ひょう」の違いは、

難しそうにみえますが、粒の大きさだけと考えると簡単ですよね。

スポンサーリンク

 

 

雪との違いは何?

 

みぞれが雪に分類されることは前の項で分かりましたが、

「ひょう」「あられ」と「雪」との違いは何かみていきましょう。

 

まずは雪発生のメカニズムから説明します。

 

1. 水蒸気を含んだ雲が、上空の気温が低いときに

 大気中の微粒子を核(雲核)として氷の結晶が発生する。

2. 氷の結晶に周囲の水蒸気が昇華して氷の結晶が成長し雪片になる。

3. やがて、上昇気流より重くなったものが落下し、地上まで溶けずに落ちると雪となる。

 

ちなみに地上に落ちるまでの途中で溶けたものは雨となります。

 

この中に雪とひょう、あられの違いをあらわすヒントがあります。

 

キーワードは「結晶」です。

 

雪には結晶が存在するが、ひょうやあられには結晶が存在しない

 

これが、雪とひょう、あられと大きく異なる点です。

 

確かに雪を手に取ってみると、きれいな結晶が確認できますね。

 

ちなみに雪の結晶の形状パターンはいくつもあり、

それは必ずしも六角形ではありません。

 

結晶ができるときの温度や湿度によって変わるので、

様々な結晶を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

ひょうやあられを手に取ることはなかなかありませんが、

そんなところに違いがあったとは思いもよりませんでしたね。

 

空から降るのは同じなのに、でき方で氷の塊になったり

結晶を成長させて降ったりと自然の力は

本当に偉大だと感じざるを得ません。

 

今後、雪やひょう、あられが降った時はつい空を見上げてしまいそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。