恋愛・結婚

【男女別】モテる部活ランキング!理由とともに一挙公開!

モテる部活ランキング

 

モテるための努力を日々積み重ねている学生は多いのではないでしょうか?

 

でも、努力はしているものの実際に成果が出たという話は、悲しいことにあまり聞かないですよね。

 

今回、そんなモテたい男子・女子のために、入部すればあなたの魅力が倍になるかもしれないモテる部活を理由とともに紹介します。

 

是非参考にして、夢にまで見たモテモテライフを現実のものにしてください!

スポンサーリンク

男子学生必見!女子にモテる部活ランキング!

入部すればジャーニーズみたいに女の子から黄色い声援がくるかもしれない部活はどういうものがあるのでしょう?

 

早速3位から順番に見ていきたいと思います!

 

 

第3位 野球部

野球部と聞くと、硬派で真面目なイメージを持っている人が多いようですね。

 

着飾ってチャラチャラしている男に対し嫌悪感を持っている女子は多く、あえて避ける人もいます。

 

そんな堅い女子に人気なのが、野球部です。

 

野球部男子には、性格は硬派で真面目なイメージがあり、さらに“男らしさ”も感じるようです。

 

 

第2位 サッカー部

サッカー部はモテる部活の代名詞で、「女子にモテたい」という理由だけで入部している人もけっこう多い部活です。

 

確かに、サッカーは世界の舞台で活躍しているカッコイイ日本人選手が多いですよね。

 

しかも、女子からすれば「同性のサッカーファンが多いので他のスポーツより応援しやすい」とのこと。

 

ただし、サッカーは男性人気が急上昇しているスポーツなので、始める男は年々増えています。

 

中途半端な気持ちで入部すると、思うように成果が上げられずベンチにすら入れないこともあるので注意しましょう。

 

あなたの運動神経によっては、モテるどころか逆効果になるかもしれませんよ。

 

 

第1位 バスケ部

当時放送していたアニメやNBAの影響で、バスケ部に入部希望者が殺到していた頃がありました。

 

今はブームも沈静化したのでバスケ人気も落ち着いてきたかと思いきや、現在もブームは継続中のようです。

 

選手にもよりますが、バスケをしている人ってとても背が高くスタイルが良い人が多いですよね。

 

しかも、他のスポーツに比べ得点が入りやすいスポーツなので、試合中は女子からすれば惚れポイントのオンパレード状態になります。

 

ゴールの瞬間を次々と目の前で魅せることができれば、一瞬にしてモテ男になるでしょう。

スポンサーリンク

 

女子学生必見!男子にモテる部活ランキング!

女子にモテる部活ランキングがあれば、男子にモテる部活ランキングがあっても良いですよね。

 

次は、女子学生待望の「男にモテる部活ランキング」を紹介したいと思います。

 

 

第3位 軽音楽部

高校の軽音楽部を舞台にしたアニメのヒットもあってか、軽音楽部が3位にランクイン!

 

制服とギターとの組み合わせは“萌え要素”が強く、ちょっとオタクっけのある男子が夢中になります。

 

元気いっぱい弾けて演奏する姿も「青春」そのもので、“萌え”と同時に憧れを感じる男子も多いでしょう。

 

ただし、あまりにもロックな感じを出してしまうと、男子ウケが悪くなる可能性もあるので要注意です。

 

 

第2位 野球部(マネージャー)

野球部は女にモテる部活ランキングでも3位にランクインしているので、安定した強さがありますよね。

 

ただ女子の場合は、「選手」としてではなく「マネージャー」として限定の話です。

 

部員達を影から献身的に支える姿に心を奪われる人は多く、男を立てる女子の姿に魅力を感じる男子はホントに多いです。

 

 

第1位 テニス部

テニス部がどうして男にモテる部活の第1位かと言いますと、ずばり“テニスウェア”にあります。

 

男というのは悲しくなるほど単純なもので、性格がどうというよりも見た目で判断するものなのです。

 

だからこそテニスウェアから除く健康的な身体に釘付けとなり、テニスウェアを着ているだけでモテるのです。

 

でも、スタイルに自信がない女子は逆の意味で男子の目線を集める可能性もあるので注意しましょうね。

 

 

 

まとめ

モテる部活を男女別に見てみると、お互いどういう理想を持っているのか分かりますよね。

 

女子は男らしさやスタイリッシュな雰囲気を求めており。男子はひたすら“萌え”を追求しているようです。

 

モテるために今回の部活を参考にするのはいいですが、途中で挫折だけはしないようにしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。