美容・健康

片方の鼻だけ詰まる原因は病気?正しい対処法も併せて紹介!

片方の鼻だけ詰まる

 

鼻づまりって息がしづらくて苦しいですよね。

 

両方の鼻が詰まってしまうとさすがに耳鼻科に行こうと思いますが、片方だけの時は何とか息ができるので「まあいいか…」と放っておいたりしてませんか?

 

実は片方の鼻だけが詰まる状態が長く続く場合、病気を患っている可能性があります。

 

今回、片方の鼻だけが詰まり続ける病気や正しい対処法などを分かりやすくまとめたいと思います。

スポンサーリンク

片方の鼻だけ詰まる原因とは?

実は、人間は片方ずつの鼻で常に息をしており、息をする鼻は数時間ごとに入れ替わっています。

 

そのとき、休んでいる方の鼻は軽く詰まった状態になっています。

 

これは「ネーザルサイクル」という生理現象で、自律神経により自然に調整され行われるものです。

 

そのため片方の鼻が詰まっていても、数時間ごとに詰まっている鼻が入れ替わり、詰まっていない方の鼻で息ができるのであれば心配いりません。

 

しかし、決まった片方の鼻だけがずっと詰まっている状態が続く場合、病気の可能性が出てきます。

 

 

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

蓄膿症は風邪などのウィルスやアレルギーが原因で副鼻腔の炎症が慢性化して鼻に膿が溜まってしまう病気です。

 

日常的に鼻が詰まり、頭痛や匂いが分からなくなるなどの症状があります。

 

この病気は両方の鼻が詰まることが多いのですが、片方の鼻だけ詰まるパターンも確認されています。

 

 

鼻茸(鼻ポリープ)

ひどい慢性副鼻腔炎によって鼻の粘膜が厚くなってポリープのようになり、常に片方の鼻だけを詰まらせる原因になることがあります。

 

これがあると、コーヒーや醤油の匂いまで分からなくなるようです。

 

 

鼻中隔湾曲症

鼻の中心にある、左右の鼻を分けている鼻中隔(びちゅうかく)が歪んでいるために起こる鼻づまりです。

 

人の鼻中隔は成長するうちに少しずつ歪むものなので、軽い場合は気にすることはありません。

 

ただ、ひどくなると歪んでいることが原因で鼻が詰まったり、歪んだ部分が炎症を起こし副鼻腔炎になることもあります。

 

特に、肥満体型ではないのにいびきがひどかったり、鼻の骨折を経験した人で片方の鼻ばかりが詰まる場合、この病気の可能性が高いです。

 

 

鼻腔、副鼻腔腫瘍

かなり稀なケースではありますが、片方の鼻腔、副鼻腔に良性または悪性の腫瘍ができることがあります。

 

悪性の場合は顔の腫れ・鼻血・痛みがあり、ほったらかしにしておくと命にかかわるので早急な手術が必要になります。

 

 

歯性上顎洞炎

固いものを食べる機会の少なくなった現代人ならではの病気で、「新型鼻づまり」とも言われています。

 

歯槽骨(しそう)という上あごの骨が薄いため歯の根っこが副鼻腔に飛び出してしまい、その歯が虫歯になると、歯性上顎洞炎になってしまうのです。

 

この場合、片方の鼻づまりに加えて上の奥歯が痛くなります。

 

現代人の多くは歯槽骨が薄いため、歯の根っこが飛び出している人が4人に1人はいるそうです。

スポンサーリンク

 

対処法はあるの?

片方の鼻だけが詰まり続けている場合、最終的には必ず耳鼻科に行きましょう。

 

今回、受診するまでの間に自宅で行うことができる対処法について紹介したいと思います。

 

 

詰まっている方を上にして横になる

こうしていると自然に詰まっている方の鼻が通ることがあります。

 

 

鼻うがい

ぬるま湯(生理食塩水)を鼻から吸い込み鼻を洗います。

 

※関連記事

鼻うがいの正しいやり方と危険性はない?どんな症状に効果的?

 

 

鼻を温める

温めたタオルを鼻に当てたり、手で少しの時間鼻を覆ったりするだけでも効果があります。

 

ただし、鼻の皮膚は薄いので熱すぎるタオルをのせたりカイロをあてると火傷してしまうので気をつけましょう。

 

 

呼吸の工夫

大きく深呼吸をして全部息を吐ききった後に、鼻をつまんで顔を上下にゆっくりと動かします。

 

これを限界まで続けて手を離すと、鼻が通ります。

 

 

ペットボトルを脇に挟む

500mlのペットボトルを詰まっている反対側の脇に挟み、圧力をかけると効果があります。

 

 

 

最後に…

片方の鼻だけ詰まる原因はたくさんあることが分かりましたが、中には重大な病気が隠されている可能性もあります。

 

病気は早期発見に越したことはないので、時間を見つけて早急に耳鼻科を受診して下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。