超常現象

火事場のバカ力には出し方がある?実例もまとめてみた!

火事場のバカ力

 

みなさんは「火事場のバカ力」という言葉を聞いたことあるでしょうか?

 

「火事場のバカ力」は、窮地に追い込まれた際などに、

普段出せないような力を発揮するという意味があります。

 

アニメのような話の気もしますが、現実世界でも可能なことなのでしょうか?

 

また、「火事場のバカ力」が発揮された実例があるのか調べてみましょう。

 

今回、火事場のバカ力についてまとめました。

スポンサーリンク

 

火事場のバカ力は出し方がある?

 

通常であれば、とっさに発揮する火事場のバカ力ですが、

その原因について科学的に考えてみましょう。

 

まず、火事場のバカ力が起きる要因として

危機的状況」や「アドレナリン」があります。

 

危機的状況に面したり興奮した状態になると、

脳がリミッターを外し筋肉の稼働率を上げ、

通常では考えられない力を発揮することができます。

 

つまり筋肉の稼働率が上昇することによって、

バカ力が発揮できるのです。

 

筋肉の稼働率とは、筋繊維が神経によって

何本動いているかの率です。

 

元々人間には、意識的に使える力をコントロールする

リミッター機能が備わっています。

 

もし、100%の持っている力を発揮してしまうと筋肉や骨などに

損傷が起こる危険性が高まります。

 

そのため、脳のリミッター機能が私たちが発揮する力を

制御しているのです。

 

バカ力を発揮することは、

筋肉の稼働率の上昇=リミッター解除」ということになります。

 

普段はこの稼働率は低く動いていて、

せいぜい30~50%程度で100%ではありません。

 

この稼働率が2倍に増えると筋力も2倍に上昇します。

 

腕の太さとは全く関係がないので、女性でも筋肉の稼働率は上がります。

 

まとめると、危機的状況において突発的に命の危険を感じたり、

自分の大切な人や物を守るため、気持ちを高ぶらせ、

リミッターを外すことができればバカ力の発揮につながるのです。

スポンサーリンク

 

 

「火事場のバカ力」実例集!

 

火事場のバカ力の原理が分かったところで、

次はいくつかの実例もみていきましょう。

 

 

・15歳の少年がおよそ900㎏の車を持ち上げた

 

2012年にアメリカのミシガン州に住む15歳の少年が、

900㎏を超える車を持ち上げたと話題になりました。

 

これは、少年の祖父が車の下敷きになってしまったのを

少年が「火事場のバカ力」によって持ち上げ、助けたということです。

 

少年自身はその時の出来事について「自分も何が何だかわからない」と

驚いていたそうです。

 

祖父が死に直面しているのを目の当たりにしたことによって、

少年にアドレナリンが分泌し、バカ力が発揮されたのですね。

 

 

・スポーツ選手の気合い

 

危機的状況だけでなく、一流のアスリートともなると

「火事場のバカ力」を出すこともできるようです。

 

イメージしやすいのがハンマー投げや重量挙げの競技です。

 

選手たちはハンマーを投げるときや重量挙げの際に

叫び声をあげていますよね。

 

あの行為はただ気合のためではなく、

声を出すことによってリミッターを解除する行為なのです。

 

また、スポーツ選手はよく試合の前に「精神統一」として

自分の世界の中へと入りますよね。

 

それが人並み外れたパワーを出す準備によるものなのです。

 

このようにアスリートは、独自のリミッター解除法を持ち、

火事場のバカ力を発揮することによって、

通常以上の力を出しているといっても過言ではありません。

 

火事場のバカ力は誰の中にも眠っている潜在的な能力なので、

訓練をすれば引き出しやすくすることも可能です。

 

その近道として「雑念を無くして、自分はやれると思い込む

という手段が有効でs、自己催眠のように言い聞かせることで、

潜在能力が引き出されるのです。

 

危機的な状況や、力を発揮したいというときに役立つ「火事場のバカ力」。

 

みなさんも訓練をして、ここぞという時に使えるようにしてみるのはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。