美容・健康

秋に風邪をひいた…熱や咳などの症状は?予防法と治し方も紹介!

秋風邪

 

朝晩の空気が少しずつ冷たくなってきて、やっと過ごしやすくなってくる頃、「何となくだるい」と思うことはありませんか?

 

暑さが落ち着いて夏の疲れが出たのだろうとそのまま放っていたら、だらだらと体調が悪い状態が続いていく…。

 

この「何となく体調が悪い」というのが、実は秋の風邪の症状のひとつです。

 

今回、気づきにくい秋風邪の熱や咳などの症状について、そして予防法や治し方についても調べてみました。

スポンサーリンク

秋風邪の症状(熱や咳など)とは?

秋の風邪は、人によって違いはあるものの、急に高い熱が出てそれが続くような冬の風邪(インフルエンザなど)とは症状が違います。

 

一般的に多く見られる秋風邪の症状についてまとめました。

 

 

咳や鼻水

夏の湿気の多い空気から秋の乾燥した空気に変わると、その変化に体がついて行けず呼吸機能が低下します。

 

それが原因で、咳や鼻水などの症状が出てきます。

 

しかし、秋の花粉症も同じような症状なので目の痒みがあったり、咳や鼻水などの症状が1ヶ月以上続いたりするようであれば、花粉症かもしれません。

 

 

だるさや発熱

夏の間に体を冷やしすぎると胃腸が弱ってしまい、それにより免疫力が低下します。

 

すると秋の激しい気温の変化に体がついていけず、体力も低下して全身がだるいような状態が長引いたり発熱に繋がります。

 

また大きな気温の変化に毎日さらされることで自律神経のバランスが乱れてしまい、結果、秋風邪が長引く原因にもなります。

 

 

 

秋風邪を予防する方法

秋風邪は、秋になってから対処するのではなく夏の終わりごろから注意するようにしてください。

 

さっそく、それを踏まえた上での予防法についてまとめます。

 

 

1、夏場から注意しておくこと

・体を冷やしすぎない

夏場は特に、冷たいものを食べたり飲んだりして胃腸は思っているよりも弱っています。

 

寝る前にコップ一杯の白湯を飲んで、胃腸を温めていたわりましょう。

 

 

・ビタミンをたくさん摂る

緑黄色野菜や根菜類を中心に栄養バランス良い食事を心がけ、ビタミンやミネラルをたくさん摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

 

2、秋になってから注意すること

・乾燥対策

毎日のうがい手洗いはもちろん、うがいは喉の奥までしっかり開いてガラガラしましょう。

(関連記事:正しいうがいの仕方は?緑茶ですべき?回数や濯ぎ方について

 

また、イチジクや梨、柿、栗といった秋の果物は、のどや肺を潤す働きがあるので積極的に食べましょう。

 

 

・体を温める

ぬるめのお湯にゆったりと浸かったり、半身浴も積極的に行い体を芯から温めましょう。

 

そして、血行をよくして体温を高める効果のある、ニンニク、ネギ、生姜などを食べましょう。

 

ちなみに首筋が冷えると喉も冷え、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

対策としてタオルを首に巻いたり、襟のついたパジャマを着たりして首筋を温めましょう。

 

 

・菌を体に入れない

マスクをするのがベストですが、ない場合は上着の袖口で口元を覆ったりうがいの回数を増やすなどして予防しましょう。

(関連記事:マスクって口臭予防になるの?正しい付け方と裏表について

 

 

 

秋風邪の治し方は?

秋風邪を早く治すために最も大切なのは、夏の疲れで低下した体力を回復させるため十分に体を休めることです。

 

熱や際立った不調がなく「何となく体調が悪いだけ」なので、そのうちに治ると思って放置しておくと長引いてしまう原因になります。

 

おかしいと感じたら思い切って一日使い、ゆっくりと体を休めるようにしましょう。

 

また、風邪で喉が痛い時におすすめの飲み物は?効果も併せてまとめたの記事を参考に、風邪を治すのに効果的な飲み物も飲んでおくといいでしょう。

 

 

 

最後に…

秋風邪と思っていても、咳や鼻水が中心の症状の時は花粉症かもしれません。

 

風邪と花粉症では対処法が違うので、このような場合は早めに病院で受診することをおすすめします。

 

秋は一年で最も過ごしやすく、美味しいものや楽しいことが盛りだくさんです。

 

体調を整えて、過ごしやすい秋の季節を満喫しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。