動物

猫がこたつから出てこないと危険?その理由と対策について!

猫 こたつ

 

童謡「雪」でのワンフレーズ「犬は喜び庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる♪」

でもお馴染み、こたつが大好きな猫。

 

自宅で猫を飼っている人は、一日中こたつで温もっている姿を

見守っているという人も多いでしょう。

 

しかし、猫がこたつに入ったままずっと出てこないで、

気づいた時には命を落としてしまっていたという事例があります。

 

今回、猫がこたつの中に長時間入っている時に潜む危険や、

危険を回避するための対策についまとめました。

スポンサーリンク

 

酸欠の状態が続くと危険!

 

猫がこたつに入り、そのまま命を落としてしまった場合、

もっとも多い原因が「酸欠」です。

 

もちろん猫も、こたつの中の酸素が少なくなり息苦しくなれば

こたつの外に出るのですが、稀にこたつの中で熟睡していまい、

酸欠に気づかないケースがあります。

 

そうなると、飼い主が外に出してあげない限り、

酸素の薄いこたつの中で長時間過ごしてしまうことになります。

 

酸欠を防ぐためのベストな対策は、こたつに入る瞬間を見ておき、

なかなか出てこなければ定期的にこたつの外に出してあげることですよね。

 

しかし、猫はいつの間にかこたつに入っていることが多いので、

この対策はなかなか難しいです。

 

そのため、猫を飼っている家庭は、できればこたつではなく

エアコンやホットカーペットを使用することをおすすめします。

 

 

 

一酸化炭素中毒が危険!

 

豆炭こたつ・練炭こたつ・木炭こたつは

一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。

 

私たち人間はこたつから顔を出しているので中毒が起きることはありません。

 

しかし、猫は密封されたこたつ内に全身潜り込んで寝ているので、

当然その危険性は高くなってしまいます。

 

一酸化炭素中毒に陥ると、自力では動けなくなってしまい、

最悪の場合死に至る事もあります。

 

こたつの中が気持ち良くて、つい眠ってしまうと、

一酸化炭素中毒に陥りそのまま永眠してしまうのです。

 

現在は電気こたつが主流で、豆炭コタツなどはあまり使用されなくなっています。

 

しかし、長年こたつを使用している家庭なら

豆炭こたつや練炭こたつを使用しているかもしれません。

 

自宅が、上で述べたタイプのこたつであれば注意が必要です。

 

対策については、酸欠の時と同じ方法が有効ですが、

最近は猫用ヒーターなども販売されているので、

それをこたつ代わりに猫にプレゼントしてあげるのがいいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

低温やけどが危険!

 

低温やけど」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

低温やけどは、熱いフライパンを触った時や、

熱湯が掛かった時のやけどとは異なり、低温の熱源に

長時間接触していると起こるやけどのことです。

 

猫は暑くなれば勝手にこたつから出ますし、

体も小さくこたつの熱源からは離れて温まるので、

そこまで心配する必要なないでしょう。

 

ただ、確実に安全とは言えないので念のためにご注意ください。

 

対策としては、こたつの温度を低めに設定しておくことが有効でしょう。

 

 

 

熱中症が危険!

 

熱中症といえば、うだるような暑さの夏の時期に起こるイメージがありますよね。

 

しかし、冬の時期だろうとこたつの中であれば

同じ症状が起こる可能性があります。

 

特に人間に比べ冷却機能が劣っており、

全身毛むくじゃらでこたつに入っている猫は熱中症のリスクも高くなります。

 

こたつから出てきた猫が、「ハアハア」と息が上がったようになっているのを

見たことがある人もいるのではないでしょうか?

 

熱中症の対策としては、低温やけどと同じように

こたつの中に必要以上に熱がこもらないようにしてあげることが大切です。

 

こたつの温度を下げる、こたつ布団のどこか一ヶ所を持ち上げて

トンネルを作っておくなどして、少しでも熱がこもらないようにしてあげましょう。

 

 

 

まとめ

 

ぬくぬくのこたつで安心して猫が寝られるためにも、

こたつに潜む様々なリスクをなくしてあげる事が大事です。

 

こたつの温度を下げたりするのは、猫的にも人間的にも辛いですが、

猫の安全のためです。

 

ちょっとしたミスが猫の命に係わる程の一大事にならないよう、

注意して下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。