食品

3時のおやつは太らない?おすすめの太りにくい食べ物は?

3時のおやつ

 

みなさんはおやつを食べると太るというイメージを持っていませんか。

 

太ることを気にして、女性やダイエット中の方は、

食べたくてもガマンしてしまう人が大多数ではないでしょうか。

 

そんな人に、3時のおやつを食べても太らない方法があるという朗報を

お知らせしたいと思います。

 

なぜそのような事実があるのか、また太りにくいおすすめの食べ物も

あわせて調べました。

 

今回、おやつを食べても太らないようにする為のルールをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

 

3時のおやつは太らない?

 

一日のリラックスタイムでわくわくするおやつの時間。

 

おやつの摂り方を間違えると太る原因になってしまいますが、

意外にもおやつには利点もあるのです。

 

多くの実験結果から、甘いものを食べるとセロトニンや

β-エンドルフィンというリラックス効果のある物質が

脳から出ることが確認されています。

 

無性に甘いものが食べたい衝動に駆られる時は、

脳が疲れていてリラックスしたいと訴えている時なのかもしれませんね。

 

おやつと言えば「3時のおやつ」ですが、いつでも間食をしてしまい、

おやつの時間を確保できていない人も

中にはいるかと思います。

 

しかし、おやつの時間をしっかり決めて食べることで、

太らずおやつを楽しむことができるというのです。

 

そんな魔法のような方法をまとめましたのでみていきましょう。

 

実はおやつを食べる時間で一番太らないと言われている時間は、

午後3時です。

 

なぜなら、その時間が脂肪細胞に脂肪を蓄積するタンパク質である

ビーマルワン(BMAL1)の増加量が一番少ないからです。

 

ビーマルワンは時間によって量が変わり、

午後3時が最も少なく午後10時以降になると増えてきます。

 

このビーマルワンの量が少ないほど脂肪が溜まりにくい、

つまり太りにくいというわけです。

 

また、血糖値を下げる体内ホルモンである

インスリンを分泌する膵臓の働きが最も活発になるのが

午後3時であることも分かっています。

 

この二つの理由からも、3時のおやつは太らないのでおすすめできます。

 

反対に午後10時以降のおやつは太る原因になってしまいます。

 

先ほどのビーマルワンの活動が強まり、量が増えるからです。

 

おやつが楽しみのひとつとはいえ、

やはり食べる時間は気にしなければなりませんね。

スポンサーリンク

 

 

おすすめの太りにくい食べ物は?

 

太りにくいおやつの食べ方として、

先に述べた時間帯と食べる間隔にも注意することが必要です。

 

ダラダラ食べると満腹中枢への 「もうお腹いっぱい」のサインに気付かず、

食べ過ぎの原因になります。

 

またインスリンが常に分泌されてしまう状態になり、

膵臓への負担も大きいですね。

 

食べる量を意識しながら、どのくらいの量を食べたか

自分で把握することが必要です。

 

当然のことですが、時間帯に注意したからと言っても

食べ過ぎてしまうと太りますから。

 

女性の場合、普通活動の時で1日に必要なエネルギー量は

約1800kcalと言われています。

 

ダイエット中であれば、おやつはその5%~10%程度に

抑えるようにするとダイエットにほぼ影響はありません。

 

ダイエット中の方におすすめの太りにくいおやつは、

ドライフルーツや甘栗、和菓子などです。

 

洋菓子よりは太りにくいというのはわかりますが、

和菓子がダイエット中に適したおやつというのは意外ではありませんか。

 

この理由は、和菓子の原料に

食物繊維が含まれているものが多いからです。

 

腹持ちが良く、少しの量で満腹感が得られるので

食べ過ぎの防止になりますし、食物繊維は便秘解消効果もあるので、

ダイエッターの強い味方になります。

 

和菓子に意外な効果があると知った今、他のものに関しても、

単に甘いからと言ってダイエットに不向きなおやつとは

一概には言えません。

 

また、夜におやつを食べてしまった時の

おすすめの太りにくい食べ物として「レモン」があります。

 

なぜレモンなのかというと、レモンには「エリオシトリン」という

ポリフェノールが含まれていて、腸での脂肪吸収を抑制してくれると

考えられているからです。

 

レモン水は、レモン1個の果汁を思い切り絞り、

お好みの濃度に水で薄めると完成です。

 

食後に、レモン水をなるべく早いタイミングで飲むと良いでしょう。

 

おやつを食べても太らない為のルールを押さえ、

心身ともにリラックスしておやつを楽しむことが

生活に潤いをもたらすのだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。