食品

鍋パーティーを楽しむ!おすすめメニューと注意すべきマナーも紹介

鍋パーティー

 

せっかく家族や仲間内で集まって鍋パーティーをするのなら、わいわい盛り上がれて美味しく頂けるメニューが良いですよね。

 

鍋パーティーに最適なメニューってどんなものがあるのでしょうか?

 

また、鍋パーティーは団体で行うだけに気をつけておきたいマナーもいくつかあります。

 

今回、鍋パーティーのおすすめメニューを紹介するとともに、鍋パーティーをみんなで楽しむため、気をつけてほしい最低限のマナーについてまとめました。

スポンサーリンク

鍋パーティーのオススメのメニュー一覧

さっそく、鍋パーティーで盛り上がること間違いなしのメニューについて紹介していきます。

 

 

ちゃんこ鍋

相撲でお馴染みのちゃんこ鍋は色んな具材が入っているので、皆で材料を持ち寄って作っていけば盛り上がること間違いなしです。

 

細かいことは気にせずに豪快に大鍋を使って大量に作りましょう。

 

作り方も簡単で、出汁を煮込み、豚肉(鶏肉でも美味しく頂けます)を投入して煮立ってきたら野菜を入れて完成です。

 

食べる時に胡麻をパラッとかけると風味が出て具材の味がよりいっそう引き立ちますよ。

 

 

チゲ鍋

家族や仲良しの友達と集まって鍋パーティーをする場合、辛いチゲ鍋がおすすめです。

 

「辛い~」「暑い~」とワイワイ言ってみんなで汗だくになれば、“みんなで共通の困難に立ち向かう”という心理的効果から家族や友達の絆がさらに太くなるはずです。

 

きっと食べ終わった後は、“いい思い出”として長く覚えているでしょう。

 

作り方は、先に材料を炒めてから出汁やキムチの素を入れて完成ですが、そこから唐辛子や辛さに強い人ばかりの場合は、ハバネロなんかを加えるとより盛り上がると思います。

 

辛い鍋は夏にクーラーの効いた部屋で食べるのもおすすめです。

(関連記事:夏におすすめの鍋レシピ一覧!おいしく食べて夏バテを予防しよう!

 

寒さと暑さを同時に体験できるのできっと癖になると思いますよ。

 

 

デコ鍋

人気キャラクターなどをモチーフにして色とりどりに飾る「デコ鍋」は、ネットの口コミを中心に鍋パーティーの定番として話題になっています。

 

デコ鍋の定番アイデアとしては、大根おろしで白くまやパンダ、ふなっしーやくまモンといったご当地キャラを作るといったものです。

 

そこで、友達や家族で盛り上がるデコ鍋のアイデアとして、今回“季節に合わせたデコ鍋”を紹介します。

 

例えば、

 

  • ハロウィン → かぼちゃのお化けや魔女などをメインにした鍋
  • クリスマス → サンタやトナカイ、クリスマスツリーをモチーフにした鍋

 

といったものです。

 

子供は特に喜んでくれると思いますよ。

 

 

闇鍋

闇鍋は出席者それぞれにぶっ飛んだ材料を持ち寄って、暗闇の中で調理して食べる鍋料理のことです。

 

何を食べるか分からないので、ハラハラドキドキなパーティーになるのは間違いありません。

 

怪しい具材としておすすめなのは、

 

  • 甘いもの → グミ・マシュマロ・ぶどう(フルーツ類)
  • 辛い物 → ビーフジャーキー・サラミ・柿の種

 

といったものです。

 

ただし食中毒予防のため、持ち込む材料は生でも食べられるものにしましょうね。

スポンサーリンク

 

 

鍋パーティーで気をつけたいマナー

みんなでわいわいと食べる鍋パーティーだけに、どんなに美味しい鍋を頂いてもマナーがなっていなければ全て台無しです。

 

基本的には普段の食事マナーと変わりはありませんが、鍋パーティーならではのマナーも押さえておきましょう。

 

 

お箸、取り皿の使い方

箸を逆さに持ちお鍋をかき混ぜたり、ひどい場合は口につけた箸を鍋に直接入れる人も…

 

鍋パーティーは自分一人だけでお鍋しているのではありません。

 

もしかすると、上記のような気遣いのない行動を嫌に感じる人もいるかもしれないので、自分の箸を鍋の中に入れるのは控えたほうが賢明でしょう。

 

最悪、どうしてもというときは一声かけるなど、気遣いを見せましょう。

 

また一度取り皿に取った分を再び鍋の中に戻すのも、マナーとしては良くありません。

 

普段から気心知れた仲間同士だとしても、みんな心から鍋パーティーを楽しめるように細心の注意を払いましょう。

 

 

鍋の具は均等に食べる

自分一人だけでお鍋を頂くのであれば、好きな具材を好きなだけ食べても誰も文句は言いません。

 

ただ、何度も言いますが鍋パーティーはみんなでするものです。

 

「肉だけ食べる」「魚だけ食べる」といった空気の読めない食べ方はせずに、均等にすべての具を食べるようにしましょう。

 

また、あまり食べていない人に一声かけてあげるなど、“ちょっとした気遣い”をしてあげると、周りからの好感度はぐっと上がりますよ。

 

 

 

まとめ

今回取り上げたお鍋メニューの以外にも、鍋パーティーを楽しめるメニューはたくさんあります。

 

またサイドメニューも揃えれば、更に盛り上がること間違いありません。

 

色んな物を持ち寄って、鍋パーティーを盛り上げましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。