美容・健康

ほくろが増えるには様々な理由が?除去する際のデメリットとは?

ほくろ

 

自分の顔はいつも見ているはずなのに、いつの間にか増えてしまう「ほくろ」。

 

ほくろは何故増えていくのか、その理由について気になりますよね。

 

また、近年、手軽にほくろを除去することで人気のレーザー治療ですが、気をつけなければならないデメリットはあるのでしょうか。

 

今回、ほくろが増える理由と、レーザー治療のデメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

ほくろ(後天性)が増える原因とは

ほくろは、「先天性」と「後天性」の2つに分かれます。

 

先天性は生まれつきのほくろなので、今からは後天性のほくろについて話をしたいと思います。

 

まず、ほくろとはメラニンの集まりです。

 

同じく顔にできる「シミ」との違いは、「メラニン色素」の違いです。

 

肌の内部にメラニン色素ができると、それがシミとなり、メラニン色素が集まることにより「ほくろ」になります。

 

後天性のほくろが増える原因は、ごく稀に病気が原因の場合があるものの、ほとんど「紫外線」や「衣服の擦れ」などによる肌への刺激が原因になります。

 

ちなみに、ほくろが増えるだけでなく紫外線や皮膚への刺激が原因で、今あるほくろが更に濃くなる(黒くなる)可能性もあるので覚えておきましょう。

 

産まれてから成長していく過程で、様々な外的要因が皮膚の刺激を与え、それがほくろとなるのです。

 

紫外線や刺激以外にも、ほくろが増えてしまう原因で特殊な例として、以下のようなものもあります。

 

 

ホルモンバランス

紫外線対策を万全にしているのに、なぜかほくろが増えてしまう場合、原因の一つとしてホルモンのバランスが考えられます。

 

特に、女性は妊娠中などに女性ホルモンの分泌量が変化するため、ほくろが増えることがあります。

 

 

生活習慣の乱れ

暴飲暴食睡眠不足などの生活習慣が乱れから免疫力が低下し、ほくろが増えてしまうことがあります。

 

また、日常的に過度なストレスを感じている場合も、同じ理由でほくろの増加につながります。

 

 

 

紫外線や衣服の擦れは、予防が難しい部分もありますよね。

 

ただ、規則正しくストレスを溜めこまない生活を送ることで、ホルモンバランスの乱れも含めある程度予防することが出来ます。

 

知らない間にほくろが増えていると悩んでいる人は、紫外線の対策を行うとともに、生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

ほくろを除去する際に気をつけたいこと

ほくろを除去するには「レーザー治療」が一般的とされています。

 

中でも「ロングパルスレーザー」と「Qスイッチレーザー」が代表されています。

 

傷が残りにくいと言われて、比較的痛みも少なく除去できるため、ほくろに悩む多くの人が行っているレーザー治療。

 

メリットも多いですが、いくつかデメリットも存在するのでまとめておきます。

 

 

数回の通院が必要

1回のレーザー治療で、ほくろを完全に除去することができないため、数回レーザーを照射しないといけません。

 

さらに、レーザー治療は続けて行うことができないので、少なくとも除去するまで1ヶ月~3ヶ月程の期間がかかってしまいます。

 

 

治療後の手入れが大変

ほくろの後を残さないために、レーザー治療後の数か月間は患部に消毒や塗り薬が必要になります。

 

また、弱っている皮膚に紫外線や刺激を与えないように、ガーゼや絆創膏で覆っておかないといけません。

 

顔のほくろを除去した場合、患部にガーゼや絆創膏をしておくのは治療がバレてしまう恐れがあるので抵抗がある人もいるでしょう。

 

 

茶色いほくろには効果が無い

レーザーは黒に反応するため、茶色いホクロには効果が薄く、除去しきれない可能性があります。

 

また通常の黒いほくろでも、色素が薄くなるだけで、完全に除去しきれないこともあります。

 

 

 

まとめ

数が多かったり、大きなほくろが目立つ場所にあると、コンプレックスになってしまう「ほくろ」。

 

すこしでも後天性のほくろを増やさないためにも、対策をすることが大事です。

 

そして、レーザー治療を行う場合はデメリットがあることも十分理解して納得の上で治療を行いましょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。