マナー・モラル

自転車で傘をさすと違反に?意外に知らないルールについてまとめた

自転車 ルール

 

2015年6月から自転車のルールの厳罰化が実施され、違反者には罰金や講習を強制的に受けなければいけません。

 

ここまで厳しくなった原因は、傘さし運転やスマホをいじったり音楽を聴きながらの運転などが原因で、自転車による事故が多発している背景があります。

 

そこで今回は、自転車のルールについて特に注意すべきものに絞りまとめました。

 

改めてしっかり確認して、安全運転を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

傘をさして自転車を運転してはダメ!

バケツをひっくり返したような土砂降りの雨の中、傘を片手に自転車で駆け抜けている人は多いかと思います。

 

しかし実は傘をさしながらの運転は違反とみなされ、3ヶ月以下の懲役・5万円以下の罰金が科せられてしまいます。

 

そこでここまで重たい罰則になる理由と、雨が降った時の対応について考えてみたいと思います。

 

 

傘は片手運転に該当するから

道路交通法第70条(安全運転の義務)において、ハンドルやブレーキなどの装置を確実に操作して安全に運転しなければならないと定められています。

 

つまり傘を持って片手運転状態になると、自転車のハンドルやブレーキが思うように動かすことができなくなります。

 

また傘だけでなく、携帯電話を操作しながらの運転や、体の自由が奪われるような重い荷物を持ちながらの運転も違反になります。

 

傘だから駄目という訳ではなく、片手や両手をハンドルから離した状態で運転することを禁止しているのです。

 

 

雨の日はどうすれば良いの?

まず思いつくのは、関西のオバちゃん達が愛用している自転車に傘を取り付ける装置・通称「さすべえ」です。

 

片手運転は回避されるので良いかと思いきや、道路交通法によると自転車の積載物は0.3m以内に収めるようにすることとされており、「さすべえ」は違反になります。

 

しかし“絶対に使ってはいけない”という訳ではなく、自転車を運転する上で安全に問題がなければ違反になることはありません。

 

そのため、雨の日に自転車で移動する際の対策としては、

 

  1. 雨合羽を使用する
  2. 「さすべえ」を使用する

 

といったものが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

自転車は自動車と同じ!

自転車のルールとなると少し難しく思えるかもしれませんが、法律上では自転車は自動車と同じ扱いになります。

 

つまり自動車で禁止されていることが、そのまま自転車にも当てはまるというわけです。

 

では具体的に、どういう運転が禁止となっているのでしょうか。

 

 

飲んだら乗るな!飲酒運転は禁止!

「お酒を飲んだ後に、車を運転してはダメ」というのはご存知の方も多いかと思いますが、これは自転車にもバッチリ当てはまります。

 

もし違反した場合、5年以下の懲役・100万円以下の罰金とかなり重い罪になっています。

 

また飲酒した人に対して自転車を乗ることを勧めたり、自転車に乗っている人にお酒を提供したりするのも違反です。

 

自転車だからお酒を飲んでも大丈夫だろうというのは、大きな間違いです。

 

 

歩道を走ってはいけません

先程にも記述したように、自転車は自動車と同じ扱いになるので歩道ではなく、車道を走るようにしましょう。

 

もし歩道の方を走ってしまうと、3ヶ月以下の懲役・5万円以下の罰金が科せられてしまいます。

 

ただし絶対に歩道を走ってはダメだというわけではなく、歩道を走っても良い場合もあります。

 

「普通自転車歩道通行可」の標識のある場所や、自動車の通行量が多い場所では歩道への走行は認められています。

 

時と場合に応じてマナーを守った運転を心がけてください。

 

 

 

これも違反!?意外な自転車のルール

よく自転車に乗りながら音楽を聴いている中高生なんかを見かけますが、この運転は注意が散漫になることから違反として取り扱われてしまいます。

 

もし違反をしてしまうと5万円以下の罰金が科せられてしまい、大変重くなっています。

 

親御さんは、自分の子供がそのような運転をしていないかチェックしてあげましょう。

 

また、自転車の2人乗りも禁止です。

 

ただし6歳未満の子供を自転車に乗せる場合は例外となっていますが、運転の妨げになるような乗せ方は違反になるので注意しましょう。

 

最後に、自転車にはスピード違反も存在します。

 

詳しくは自転車の時速ってどれくらい出る?スピード違反になることは?の記事をチェックして下さい。

 

 

 

まとめ

自転車のルールは他にも沢山あります。

 

イヤホンで大音量の音楽を聞きながら走行しないこと・子供は必ずヘルメットを着用して自転車に乗ることなど、挙げればきりがありません。

 

しかし根本にあるのは、事故を起こさず安全に自転車を乗ることです。

 

私たちの生活を便利にするために欠かせない、自転車。

 

危険な走行は辞めて、正しく乗りこなすようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。