家具・家電

セラミックコートフライパンの評判はどうなの?安全性も問題ない?

セラミックコートフライパン

 

セラミックコートのフライパンは、メディアやインターネットなどですごく話題になっていますよね。

 

全く焦げ付かず調理もしやすいということで、人気が高く目をつけている人も多いかと思います。

 

しかし、食べ物を扱う以上、セラミックコートのフライパンの安全性は気になるところです。

 

また実際に購入する前に、使い心地や評判も確認しておきたいところです。

 

今回、セラミックコートのフライパンの評判や安全性についてまとめました。

スポンサーリンク

セラミックコートのフライパンの評判は?

使い心地がどうかについては、実際に手にして使用してみない限りは分かりません。

 

そこで、セラミックコートのフライパンを利用した人達の評判から、使い心地について探って行きましょう。

 

良い口コミと悪い口コミ別にメリット・デメリットをまとめました。

 

 

良い口コミ

セラミックコートのフライパンは料理が全然焦げ付かず、それによって料理の幅が広がると評判は上々です。

 

セラミックコートのフライパンというのは、もとになる金属にダイヤの次に硬い物質であるセラミックをコーティングしたものです。

 

そうすることによって熱や傷からコーティングしてある下の金属を守り、焦げ付きを防いでくれます。

 

フライパンの表面が白いので汚れが目立ってしまいますが、手入れがとても簡単なのも評判がいい理由です。

 

油をたっぷり使った料理の後でも、スポンジに洗剤をつけて軽く洗い流すだけでキレイになってくれます。

 

 

悪い口コミ

セラミックコートのフライパンは焦げ付かないという評判がある一方、バッチリ焦げ付いてしまうという悪評判があるのも事実です。

 

また、すぐ壊れてしまい購入したことを後悔したという声もありました。

 

実は、セラミックその物は非常に頑丈な物質ではあるものの、残念ながら耐久性がないためちょっとした衝撃で壊れる可能性もあるという欠点があります。

 

非常にデリケートな物質なので、強火で長時間調理したり、ハードなスポンジで洗ったりしていると直ぐに傷んでしまいます。

 

これについては、使用する際には少量の油を敷いて焦げ付きにくくし中火か弱火で調理するようにすれば問題はありません。

 

セラミックコートのフライパンは熱伝導率が非常に高いので、食材にもよりますが弱火でも熱はしっかり通ってくれます。

スポンサーリンク

 

 

セラミックコートの安全性

焦げ付かないフライパンとしてセラミックコートの他に、フッ素加工のフライパンがあります。

 

しかし、フッ素加工のフライパンは使用すると有毒ガスが発生するという報告があり、安全性が問われています。

 

もちろん有毒ガスはそう簡単に発生するものではなく、長時間、強火で使用し続けて初めて発生するものなのでそこまで神経質になる必要はありません。

 

ただ、100%安全ではないだけに購入するのは考えものです。

 

しかしセラミックコートの場合、有毒ガスが発生したという報告はありませんし、安心安全といううたい文句で販売されています。

 

メーカー発進の“安心安全”は信憑性が疑わしいものですが、今のところ安全性を重視で考えるのであればセラミックコートフライパンの購入は正解といえるでしょう。

 

 

 

まとめ

どんなに高性能な物であっても使い方を間違えてしまうと壊れるので、丁寧な扱いを心がけるという部分に関しては、セラミックコートのフライパンに限ったことではないですよね。

 

性能を過信せずに気をつけて使用すれば、耐久性がないと言われがちなセラミックコートのフライパンであっても長持ちしてくれるはず。

 

セラミックコートのフライパンは、多くの人が心配されている有毒性もなく、料理の幅もきっと今より広がると思います。

 

世の中の全てのものは一長一短と考え、大切に手入れしながら美味しい料理をたくさん作っていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。