食品

夏場のお弁当に!傷みにくいおかずをレシピとともにまとめた!

お弁当 おかず

 

会社や学校にお弁当を持っていく方は多いと思いますが、夏になるとお弁当のおかずが傷みやすくなりなりますよね。

 

冷蔵庫でお弁当を保管しておくことができれば何とかなるかもしれませんが、場合によっては難しいと思います。

 

夏場の暑さからお弁当を守るには、傷みにくいおかずを中心にお弁当を作ることが大事です。

 

そこで、今回は夏のお弁当に最適な傷みにくいおかずとレシピを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

梅だし巻きたまご

お弁当の定番であるだし巻き卵に梅を加えると、梅の殺菌作用が働いて傷みにくくなります。

 

作り方は普通のだし巻き卵と同じですが、卵をフライパンで焼く時には細かくした梅干を全体に散らしていきます。

 

そして卵を巻いて端に寄せ新しい卵を投入したら、再び細かくした梅干を全体に散らして行きます。

 

普段食べているだし巻き玉子に梅の風味が加わり、さっぱりとした味になりますよ。

 

卵料理は大人も子供も大好きなので、一度にたくさん作り卵焼きの冷凍方法と解凍のコツは?フラフラにつくるコツも紹介!の記事を参考に、冷凍保存しておきましょう!

 

 

 

きんぴらごぼう

きんぴらごぼうは栄養満点で手軽に作ることができるため、お弁当のおかずとして定番ですが、工夫次第で傷みにくくなります。

 

ポイントは、

 

  • 水気をしっかり飛ばして炒める
  • 合わせダレに生姜を加える

 

この、2点です。

 

更に仕上げとして唐辛子やゴマを加えれば、美味しく頂けます。

 

生姜には梅干と同じ様に殺菌作用がありますし、それ以外に食欲増進の効果も期待できるため、食欲がなくなる夏のお弁当にピッタリです。

 

 

 

酢レンコン

一口サイズに切ったレンコンを水に浸した後、少し固めに茹でます。

 

茹で上がったら水気をしっかり切り、合わせ酢に浸して唐辛子を少量ふりかければ完成です。

 

酢や唐辛子の持っている殺菌作用によりレンコンが傷みにくくなるので、夏のお弁当にピッタリです。

 

酢レンコンは、余ったとしても数日は持つので晩ご飯のおかずに使っても良いかもしれませんね。

 

酢には、疲労回復や食欲増進、冷え解消や高血圧予防など多くの病気や体調不良に効果的な成分が含まれています。

 

普段から積極的に酢を摂取することを意識しておくと、体調が改善されるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

 

豚キムチ

まず豚肉にコショウ・片栗粉をふりかけ、フライパンで炒めます。

 

肉の色が変わってきたらキムチと醤油を入れ、更に炒めて完成です。

 

夏場はスタミナが必要な時期でもあるので肉類はしっかり摂っておきたいところですが、傷み易いのでお弁当に入れるのは難しいですよね。

 

しかし、豚キムチであれば唐辛子の殺菌作用で豚肉が傷みにくくなりますよ。

 

ただ、焼いてマシにはなるものの、キムチ独特のニオイがどうしても発生してしまいます。

 

お弁当の他のおかずにニオイや味が移らないように注意したり、女性であれば会社でお弁当を食べる時はニオイの配慮が必要かもしれません。

 

スタミナ満点で美味しい豚キムチですが、ニオイが気になる方は他のおかずを採用した方がいいと思います。

 

 

からあげ

子供だけでなく大人にも大人気のから揚げですが、時間が経つとベタベタして味も落ちてしまいますよね。

 

しかも傷み易いので、夏のお弁当には不向きだと思われるかもしれません。

 

ただ、味付けを濃くする事で味の劣化や傷みをある程度防ぐことができます。

 

まず鶏肉を一口サイズに切り、合わせダレにじっくり30分ほどつけて染み込ませて行きます。

 

合わせダレは醤油・ごま油・砂糖に、酢・生姜を入れれば味が引き締まり、傷みにくくなりますよ。

 

後は小麦粉をつけてカラッと揚げれば完成です。

 

市販されているお弁当のから揚げの味が濃いのは、傷みにくくするため、そして味の劣化を防ぐためだったのですね。

 

 

 

まとめ

夏になると食べ物の傷みがどうしても気になりますが、

 

  • 生姜
  • 唐辛子

 

といった、殺菌作用のある物を付け加えておけば傷みにくくなります。

 

また、野菜は水気を残してしまうとそれが原因で傷んでくるので、水気をしっかりと切っておくのも忘れない様にしましょう。

 

最近は抗菌シート等、お弁当のおかずが傷まないように色んなグッズが出ているので、利用してみるのも良いかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。