美容・健康

あせもができる意外な原因が発覚?簡単にできる対策も紹介!

あせも

 

熱中症や日射病、冷房病など夏の健康トラブルは意外とたくさんあります。

 

その中でも特に身近なのが「あせも」ではないでしょうか。

 

汗をかくことで、首やひじの内側、ひざ裏などにできるかゆみを伴う水疱のことを“あせも”と言いますが、原因は一体何でしょうか。

 

また、簡単にできるあせも対策についても詳しく調べてみましょう。

 

今回、あせもの原因と対策についてまとめました。

スポンサーリンク

あせもができる意外な原因とは?

子供の頃から夏になるとできるあせもは、もはや夏の風物詩と言っても過言ではありません。

 

しかし、あせもには種類がいくつかあるのを知っていますか?

 

まず、あせもの種類についてまとめます。

 

 

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

これは一般的な、よく目にする赤いぶつぶつの軽いかゆみが伴うあせもです。

 

 

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

痒みも痛みもない小さい水疱ができるあせもです。

 

 

深在性汗(しんざいせいかんしん)

皮膚の深い部分にできるあせもで、汗が出なくなることもあり、熱中症に注意しなければなりません。

 

 

 

あせもには上記3つの種類がありますが、紅色汗疹や水晶様汗疹に比べて深在性汗疹は亜熱帯地方に多く、日本ではめったに見られません。

 

あせもの原因は、かいた汗が汗管(かんかん)という汗が通る管を詰まらせてしまうことです。

 

汗が皮膚の表面に出られずに、皮膚の中にたまって水疱となります。

 

この水疱が“あせも”というわけです。

 

子供があせもになりやすいのは、狭い皮膚面積に汗腺が密集しているからです。

 

汗腺の数は大人も子供もほぼ同じなので、子供は密集している分、汗をかきやすいのです。

 

また、あせもかと勘違いしがちな意外な原因というのが、洗剤などに含まれる界面活性剤による刺激とも言われています。

 

この場合は、一時的に界面活性剤が含まれていない洗剤やシャンプーなどを使用するといった対策が必要です。

スポンサーリンク

 

 

簡単にできるあせも対策

ただでさえ暑くてつらい夏に「痒み」というイライラをプラスさせないために、今すぐできるあせも対策をいくつか紹介しておきたいと思います。

 

簡単にできるものばかりなので、あせもに悩む人はさっそくやってみましょう。

 

 

ベビーパウダーをぬる

天花粉やシッカロールなどを総称してベビーパウダーと言われています。

 

あせもが赤ちゃんに多いことからこのように呼ばれています。

 

ベビーパウダーは汗を拡散させる働きがありますが、これは治療というよりは予防として用いられます。

 

皮膚が乾燥した状態で塗布し、さらっとしている状態になっているか触って確かめましょう。

 

お風呂上りに塗る際には、体を良く拭いて汗が引いた状態で塗るようにしましょう。

 

 

とにかく清潔を保つ

汗をかいたらできるだけ早くシャワーで汗を流すことが理想ですが、毎回そこまでできないという人も多いでしょう。

 

そんな人は濡れタオルで優しく汗を拭きとるようにしてください。

 

くれぐれも、汗をかいたまま放置しないように気を付けてください。

 

また、シャワーや濡れタオルで汗を拭いた後は、しっかりと保湿することも忘れないでくださいね。

 

ちなみに、常にシャワーができる環境でも肌を乾燥から守るために1日に3回までにしておきましょう。

 

石鹸の使用も肌に負担をかけないために1日1回までにしておいてくださいね。

 

 

冷房をうまく利用する

温度の下げ過ぎやつけっ放しは体の不調につながりますが、冷房を使い汗の量をコントロールすることも大切です。

 

汗をかくということは体温調節をするうえで、とても大切なことです。

 

乳幼児は特に発汗能力の形成に大切な時期なので、冷房の多用には気を付けつつ、適温を守ってうまく利用しましょう。

 

冷房の活用法については、冷房病の症状や原因は?対策法や効果的な食材は?夏バテと違う?で詳しくまとめたのでチェックしてくださいね。

 

 

 

通気性の良い服を着る、汗をかいたら着替える

根本的な対策として、まずは多量に汗をかかないようにすることが必要なので、厚着は避け通気性の良い服を着るようにしてください。

 

また、汗をかいたらできるだけ着替えるようにするとあせもの予防につながります。

 

 

 

以上があせもの対策ですが、今回述べた方法は組み合わせて行うことでより予防効果が高くなります。

 

どれかひとつを実践するのではなく、できるものはすべて実践するようにしてください。

 

 

 

最後に…

夏場、特に子供によく見られるあせもですが、高温多湿である日本の夏は大人もあせもに注意が必要です。

 

「たかがあせも」と軽視せずに、今回紹介した対策を常に心がけてあせもにならない夏を過ごしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。