マナー・モラル

悪口を言う人の心理は?本人に聞かれた時の対処法を考えてみた!

悪口

 

あなたの周りに、陰でコソコソ悪口を言う人はいませんか?

 

コソコソせずに正々堂々直接言ってほしいものですが、悪口を言う人の心理は一体どうなっているのでしょうか。

 

また、悪口を言うことは悪いことと分かっていながらも、つい言ってしまった経験がある人も多いと思います。

 

もし聞かれたくない悪口が本人に聞かれてしまったら…そんな時の対処法も知っておきたいところです。

 

今回、悪口を言う人の心理や本人に聞かれてしまった時の対処法についてまとめました。

スポンサーリンク

悪口を言う人の心理は?

いつも人の悪口ばかり言っている人が周りにいるとうんざりしますよね。

 

人の悪口ばかりを聞いているのは精神的に辛いものがあります。

 

同意を求められた時なんかは、本当にやっかいな人につかまってしまったと悔やむほかありません。

 

また、これだけ人の悪口を言っているのだから、自分のことも他で言われているのでは、と不安にもなりますよね。

 

そんな、いつも悪口ばかり言う人の心理状態が気になりませんか?

 

その心理には、自分勝手な歪んだ思想が多くあるので、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

自分を優位に見せたい

他人の悪口を言うことで相手の価値を下げ、自分がその人よりも優位に立っていると見せたいということが考えられます。

 

自分に自信がないのにプライドだけがやたら高い人はこのタイプかもしれません。

 

 

仲間との一体感

友人に他の人の悪口を聞いてもらいたい人は、無意識に仲間の同意を求めています。

 

「そうだね」「私もずっとそんな風に思ってた!」「わかるよ」などと同調してほしいという心理が顕著に出ています。

 

仲間が同調してくれると一時的に親密さが増したような気になるため、やめられません。

 

悪口によって、仲間の絆を深めることができると考えているのです。

 

 

悪口のターゲットにされないため

悪口を言う人がクラスの中心人物や社内で存在感のある人なら、その人に自分の悪口を言われないようにするため、他人の悪口を言ってしまいます。

 

自分を守るための悪口ですが、だからと言って決して許されるものではありませんよね。

 

 

自分の生活に不満がある

お金持ちになりたいけれどお金がない、恋人が欲しいけれどいない、楽しく生活したいけれど友達がいない。

 

このように理想とまるで違う生活を送っていて不満を持っている人は、悪口を言ってしまうことが多くなります。

 

 

 

このように、心理状態をみてみるとなんとなく気持ちが分かるような気もします。

 

しかし、悪口を言い続ける人はもれなく周囲の人に嫌われてしまいます。

 

自分が悪口をよく言うタイプの人間かもしれないと感じている人は、いくつか当てはまるものがあったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

悪口を本人に聞かれてしまった時の対処法

たまたま言ってしまった悪口が、間の悪いことに本人の耳に入ってしまった、このような経験はありませんか?

 

陰でコソコソ言うことこそが悪口ですが、それを本人に聞かれてしまっては揉め事の種になりかねません。

 

こういった場合はどのように対処するのが正解なのでしょうか。

 

 

悪口を言ったことを素直に認めて謝る

聞こえてしまったのなら仕方がないと素直に「ごめんなさい」と謝るパターンです。

 

悪口は悪いことですが、少しでも誠意をみせたいという人はこの方法がおすすめです。

 

 

ごまかす

「君のことじゃないよ」「君の全然知らない人のことだよ」など架空の人物や、まったく関係のない人に身代わりになってもらうパターンです。

 

この方法は、ある程度の演技力がないとバレてしまいますので注意してください。

 

 

何事もなかったかのようにスルーする

そもそも悪口どころか何も言葉を発していないという風に演技します。

 

あまりにも自然にスルーできたら、本当に何事もなかったのではないかと錯覚させることも不可能ではないでしょう。

 

 

 

悪口を本人に聞かれてしまった時の対処法についてまとめましたが、おすすめはやはり「素直に謝る」ことが一番でしょう。

 

悪口を言った相手が縁を切りたいくらい嫌いな相手ならばあえてスルーして、二度と関わらないようにするのもアリだと思います。

 

ただ、悪口を言うのは自分のストレス発散になったとしても、他人にストレスを与えたり下手すれば友達をなくすことにも繋がるので、絶対におすすめはできません。

 

人に話してストレス発散するくらいなら、自分の中に溜めておくか、本人に直接話せるくらい度胸がある人間になりましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。