生活の知恵

発砲スチロールのゴミ分別法は?賢い再利用の方法も合わせて紹介!

発泡スチロール

 

発泡スチロールは、案外色々なところに使われていてゴミとして出す機会の多い物ですよね。

 

ただ、分別の際にジャンルが良く分からず、どうすればいいのか困ってしまった経験がある人はいるのではないでしょうか?

 

最悪箱に入れたまま粗大ゴミに出すという人もいると思います。

 

また、キレイな発泡スチロールを見ていると、なんだか再利用できそうな気がしてきます。

 

今回、発泡スチロールの正しい捨て方や、再利用のアイデアについてまとめました。

スポンサーリンク

発泡スチロールのゴミを分別して捨てる方法

基本、ゴミの捨て方というのは自治体によって違ってきます。

 

一般的には、スチロールは燃えるので、プラスチック容器・プラスチックゴミ(資源ごみ)の日に、所定のゴミ捨て場に捨てることができます。

 

ここで言う発泡スチロールとは、家庭用のゴミで出るであろう以下の3種類のことを指します。

 

  1. EPS → 保冷ケース(野菜や魚介類などを入れておく箱)や固定クッション
  2. PSP → 食品トレー
  3. XPS → 畳の芯やマンションの断熱材 等

 

上記3種類以外で、発泡スチロールかプラスチックか素材の分からないものに関しては、自治体に問い合わせるか買ったお店に持っていって引き取ってもらうようにしましょう。

 

今回述べた3種類の発砲スチロールは、「不燃ごみ」「資源ごみ」に出す自治体が多いです。

 

ただ、PSP(食品トレー)については、購入したスーパーに回収ボックスがおいてあるかと思います。

 

いつも買い物するスーパーで回収ボックスを見かけた場合は、お肉や魚介類のトレーは溜めてからまとめて捨てると良いでしょう。

 

その他の発泡スチロールは、大量にある場合は買ったお店に引き取ってもらうか、不用品回収業者に連絡をして回収しに来てもらうという手もあります。

 

不用品回収業者は量にもよると思いますが、少量では来てくれないかもしれませんし、そこに来るまでのガソリン代程度は請求される可能性が高いでしょう。

 

お金を取られてまで捨てるのはちょっと…という人に、とっておきの方法があります。

 

それは、百円均一のお店でも売っている発泡スチロールを熱で溶かして切るカッターを使い、小さく切って資源ごみに出すという方法です。

 

こうすれば、大きくてかさばる発泡スチロールもスムーズに捨てることができますよ。

スポンサーリンク

 

 

発泡スチロールの再利用法

大きくてしっかりした発泡スチロールを見ていると、何かに使えそうで、「捨てるのがもったいないな」と思ったことはありませんか?

 

発泡スチロールは、なんといっても紙よりも丈夫なのに軽いという利点がありますよね。

 

また、熱で変形しやすいので、加工して使うことも容易ですし、切ったり砕いたりして利用する方法もあります。

 

さっそく、具体的に発砲スチロールのゴミの再利用の方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

鉢植えやプランターの鉢底に

実際の鉢植えに土を入れる際に、まずスチロールを小さく切って敷いておくと通気性も良く、重くない鉢植えができます。

 

先程述べた発泡スチロールカッターを使い、細かくしてから利用しましょう。

 

 

凹版のおしゃれ表札

発泡スチロールがオレンジ油(リモネン)で溶ける性質を利用して作る表札です。

 

オレンジ油に絵の具を混ぜて、発泡スチロールに筆で書きます。

 

油性マジックで書いても溶けるので書けますが、筆の方が書きやすいです。

 

お子様の自由研究なんかにも、もってこいの再利用法です。

 

 

箱型の発泡スチロールで本や小物の整理

見た目もキレイで匂いがない箱型の発泡スチロールは、本や小物を入れておくと便利です。

 

クッション性もあるので、プラスチック製品や傷を付けたくないものなどを入れるのにも発泡スチロールは適しています。

 

 

以上、発泡スチロールの再利用についてのまとめを終わります。

 

発泡スチロールは意外とよく出るゴミだと思います。

 

綺麗なものはなるべく再利用して、エコな生活をしてみるのもいいかもしれませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。