生活の知恵

お風呂のピンク汚れの原因は?洗剤や重曹を使った落とし方を紹介

ピンク汚れ

 

一日の汚れや疲れを取るために入るお風呂は、多くの人にとってリラックスできる空間だと思います。

 

そんな癒しの場所であるお風呂場だけに、汚れていたらがっかりですよね。

 

特に、ピンク色の汚れが発生しているということはないでしょうか?

 

そもそも汚れなのかも疑問ですが、このピンク汚れの原因について調べました。

 

また、洗剤や重曹で汚れが落ちるのかも気になります。

 

今回、お風呂のピンク汚れの原因と落とし方についてまとめました。

スポンサーリンク

お風呂のピンク汚れの原因は?

お風呂は体全体をきれいに洗う場所ですが、同時にお風呂場自体も汚れてしまいます。

 

特に、水回りというのはカビやヌメリが発生するなど掃除が大変なところですよね。

 

お風呂場でよく見る「ピンク色の汚れ」の正体について探っていきましょう。

 

ピンク汚れは、排水口の周辺や床、シャンプーなどのボトル類の底などに発生することが多いですよね。

 

発生場所から「カビ」だと思われがちですが、実はカビではなく「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌の一種です。

 

ロドトルラはこするとすぐに落ちたように思いますが、目には見えない菌自体が残ってしまっているため、掃除をしてもすぐに発生します。

 

黒カビや白カビが発生するには温度や湿度、エサなどの条件がありますが、ピンク汚れは水さえあればどんどん繁殖します。

 

そのスピードは凄まじいものがあり、1日2日で目に見えるほど繁殖してしまうため、毎日きちんと掃除していてもすぐに発生していることが多いのです。

 

ピンク汚れの正体であるロドトルラ自体は人体に害はありませんが、黒カビが発生する原因ともなり得ます。

 

黒カビが発生してしまうと掃除が厄介になり、また人体にも害を及ぼしかねないので、ピンク汚れの時点でしっかり除去しておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

ピンク汚れの落とし方

さっそく、嫌なピンク汚れの落とし方についてみていきましょう。

 

菌を取り除くためには、洗剤や重曹を使った洗浄というよりも、消毒、殺菌がベストです。

 

家庭で簡単にできる落とし方は、エタノールを含ませたキッチンペーパーをピンク汚れに10秒間つけるだけです。

 

その後、さらにブラシにエタノールを付けてゴシゴシこすっておくと完璧でしょう。

 

たったこれだけの作業で、いつも気になっていたピンク汚れがきれいに落ちます。

 

しかもこの方法は、黒カビや白カビにも効果を発揮するというので一石三鳥といえるでしょう。

 

エタノールはドラッグストアで販売されているもので十分です。

 

ちなみに、ナチュラル志向な人たちの間からメジャーになった重曹を使った掃除法ですが、もちろんお風呂にも使えます。

 

アルカリ性の重曹は酸性を中和する働きがあるので、皮脂汚れや湯垢、水垢などの汚れ落としにピッタリです。

 

おすすめは排水口の掃除で、重曹を排水口に入れた後、お酢を混ぜた湯を流し込みます。

 

重曹と酢が反応してシュワシュワと泡立ってくるのでそのまま30分ほど放置した後、しっかりと熱湯を流しておきます。

 

排水口の嫌な臭いもヌメリもこれでスッキリしますので是非試してみてください。

 

 

 

ピンク汚れの予防法は?

ピンク汚れがきれいになったら、その状態をできるだけ長くキープしたいですよね。

 

先ほども紹介したとおり、ロドトルの繁殖力はとても強いため、水さえあれば繁殖できてしまいます。

 

しかし、これを逆に考えると、お風呂場を乾燥させることができればピンク汚れの発生を防ぐことができます。

 

入浴後は浴室換気扇をONにしておき、さらに一晩お風呂のドアを10cmほど開けておきます。

 

こうすることでお風呂場に空気が流れ込み乾きやすくなるので、お風呂を出た後はこの方法を実践しピンク汚れの発生を防ぎましょう。

 

 

 

最後に…

お風呂掃除は大変ですが、こまめにすることで一回の掃除がだいぶ楽になります。

 

ピンク汚れを見つけたら、今回紹介した方法ですぐに殺菌しましょう。

 

また定期的に掃除、殺菌することで、ピンク汚れを発生させないようにするのも可能かもしれません。

 

毎日の癒しの時間を清潔なお風呂場で過ごすため、掃除をしっかり頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。