食品

コーラで骨や歯が溶けるのはホント?その他の健康への害とは?

コーラ

「コーラを飲むと骨や歯が溶ける」という噂は、

おそらく多くの人が一度は聞いたことがあるでしょう。

 

ちょっとした都市伝説として、長く言われ続けているこの噂ですが、

果たして歯や骨が溶けるのは本当なのでしょうか。

 

また、コーラは体に悪いと思っている人は多いと思うので、

具体的にコーラを飲むとどのような害があるのかも知りたいですね。

 

今回、コーラの噂や健康への害についてまとめました。

スポンサーリンク

 

コーラは歯や骨を溶かす?

 

まず、この都市伝説の結論から述べたいと思います。

 

確かに、抜けた歯をコーラに浸しておくと溶けだしたという事実はあります。

 

しかし、これはコーラだけではなく炭酸飲料すべてにいえることです。

 

専門的には、「脱灰」といい、歯のエナメル質から

カルシウムが溶けだすことを指します。

 

だた、歯は口の中に生えている状態なので、

唾液による再石灰化能力によって普通は元に戻ります。

 

※再石灰化

ものを食べたり飲んだりした時、口の中は酸性になり、歯が溶けてしまいます。

それを防いでくれているのが唾液で、ものを食べたり飲んだりした後、

酸性になった口内を中性に戻し、溶けた部分を修復してくれます。

この、働きを「再石灰化」と言います。

 

 

そのため、ずっとコーラに浸しておくと歯や骨は溶けてしまいますが、

飲むだけで溶けるなんてことは、まずありえないでしょう。

 

コーラを口の中に含んだままにしておくと

溶けてしまうかもしれないですが、そんな人は

いないですもんね。

 

 

 

その他健康への害は?

 

普段の生活でコーラを飲むくらいでは、

歯や骨が溶ける心配はないと分かりました。

 

しかし、それ以上にコーラを飲む際に

気をつけてほしいのが「飲み過ぎ」です。

 

コーラには、大量の糖分が多く含まれている為、

飲み過ぎると肥満、糖尿、高血圧などの

生活習慣病のリスクが高くなります。

 

糖分がダメなら、糖分0のダイエットコーラで

いいのではないかと思われる方もいると思いますが、

それもあまりおすすめは出来ません。

 

ダイエットコーラには、砂糖を入れないかわりに、

人工甘味料が使われています。

 

人工甘味料は、ダイエットコーラ以外にも、

多くの飲料に使われていますが、

 

  • 依存性が高く、飲んでいないと落ち着かなくなる
  • 脳の神経が異常をきたし、甘いものを食べたい欲求がどんどん強くなっていく

 

など、よからぬ噂がたくさんあります。

 

糖分を控えるつもりでダイエットコーラを飲み始めたものの、

逆に健康に害が出るという結果はさけたいですよね。

 

どうせ、糖分を気にするのであれば

コーラを飲む量を減らすことに力を入れましょう。

スポンサーリンク

 

 

コーラの上手な取り入れ方

 

歯や骨が溶ける、肥満になるなどのデメリットが目立ち、

コーラを飲むことの利点は無さそうに思ってしまいますが、

実は、海外では薬代わりにコーラを飲むことがあります。

 

その一例として、民間療法で薬代わりにコーラを飲む、

香港の「ホットコーラ」があります。

 

これは熱檸檬可樂とよばれ、日本でいう生姜湯と似たものです。

 

作り方も至って簡単なので紹介しておきますね。

 

 

・熱檸檬可樂の作り方

 

  1. コーラ1缶を鍋に入れ温める。
  2. 煮立ったら親指程度の大きさのしょうがを潰して入れる。
  3. 1分経てば完成。

 

 

温かいうちに一気に飲むことで、発汗が促進され、全身が一気に温まります。

 

熱檸檬可樂は、食欲が無い時でも

美味しく糖分の補給が出来るのもポイントです。

 

美容にも効果があるので、風邪の時以外でも

一度試してみる価値はありそうです。

 

 

 

まとめ

 

歯や骨を溶かすというのは、オーバーな表現だなというのが

正直な感想ですが、飲み過ぎには気をつけようという意味で

このような都市伝説が広まったのかもしれませんね。

 

コーラは飲み方次第では、気分転換やストレス発散に役立ちますし、

熱檸檬可樂のように薬として扱われることもあります。

 

あまり神経質にならず、適量を意識して、上手に美味しく飲む。

 

それが出来れば一番でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。