↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

梅雨入りまでにやること一覧!準備するものや必要な対策とは?

梅雨入り 準備

 

一年の中で、最も雨と湿気に悩まされる季節「梅雨」。

 

出会いや別れなどのイベントが多い春があれよあれよという間に終わってしまい、気づいたら梅雨入りしていたなんてこともあるのではないでしょうか。

 

湿気や雨の対策をしないまま梅雨を迎えてしまい後悔することって結構ありますよね。

 

今回、そうならないように、梅雨入りまでにやることを一覧で紹介するとともに、梅雨までにあると便利なグッズも合わせて紹介したいと思います。

 

いつも、梅雨になってから「やっておけばよかった…」と後悔している人は、今年こそ、万全の準備の下、梅雨を迎えられるようにしましょう。

スポンサーリンク

梅雨入りするまでにやることは?

梅雨入りすると掃除や洗濯など、やりたくても出来ないことが増えるので、それまでに済ませておきたいですよね。

 

まず、梅雨入りするまでにやっておくべきことをまとめたいと思います。

 

 

空気の入れ替え(風を流す)

冬はもちろん、春は花粉などでなかなか窓を開けられず、部屋の空気の入れ替えが出来ない時が多かったと思います。

 

しかし、そのままの状態で梅雨に入ってしまうと、また窓を開けられなくなってしまうので、梅雨入りまでに、特に意識して窓を開けておくようにしましょう。

 

特に、水回りや空気の流れが悪い所は梅雨時期になるとカビが発生する原因になるので、重点的に行うと良いです。

 

また、換気についても部屋の対角線上にある窓を両方開けると、風の通り道が出来て空気が流れやすくなります。

 

梅雨までに、正しい方法で換気をしておきましょう。

 

 

湿気が溜まりやすい場所の大掃除

換気と一緒に、家の中にある湿気が溜まりやすい場所の掃除も行っておきましょう。

 

例えば、キッチン・お風呂場・洗面所・洗濯機の中・タンスやクローゼットの中などです。

 

キッチン・お風呂場・洗面所・洗濯機の中は、カビの原因になるヌメリをなくすようにしてください。

 

タンスやクローゼットには、除湿剤をいれておきましょう。

 

 

衣服等の洗濯やクリーニング

冬物の衣服や布団・カーペット等に、ほこりや汚れが溜まったまま梅雨を迎えてしまうと悪臭の原因になることもあります。

 

梅雨入りするまでに、普段使用している衣類や布・革製品等は、すべて清潔な状態にしておきましょう。

 

 

防水スプレー等で雨の対策

普段から使用する靴やバック・傘等の防水対策として、防水スプレーを使用して防水加工を施しておきましょう。

 

元々、防水加工がしてあるバックや傘でも、使い続けているとその効果は弱まってきます。

 

防水加工だからと安心せずに、しっかりと対策を行っておいてください。

 

 

以上で、梅雨入りまでにやるべきことのまとめを終わります。

 

すべて梅雨入りしてからでは遅かったり、しようと思ってもなかなかできないものですよね。

 

いつ梅雨入りしても大丈夫なように、早めに行いましょうね。


 

 

梅雨入りまでに用意しておきたい便利グッズ

 

続いては、梅雨に入るまでに用意しておきたい便利なグッズを紹介します。

 

主に、湿気対策系のグッズが中心になりますが、中には梅雨以外でも使用できるものもありますので、これを機に購入を検討してみるのもいいかもしれません。

 

では、さっそく紹介していきたいと思います。

 

 

除湿シート

布団の下やカーペットの下などに敷いておくと湿気を吸収してくれます。

 

天日干しで繰り返し使えるので、梅雨の湿気対策として重宝します。

 

 

布団乾燥機

梅雨時期になると布団は外で干せないため、あると重宝します。

 

布団乾燥機を使用した後は布団が温かくなるので、冬寝る前の防寒対策としても使うことができます。

 

湿気対策・防寒対策に利用できると考えると、持っておいて損することはないでしょう。

 

 

ドライ傘ケース

折りたたみ傘専用の傘ケースですが、内側に吸水性の良い生地が使われているため、濡れたままの傘でもすぐケースに入れることが出来るので、電車移動の際にとても重宝します。

 

また、生地の吸収性が良いため次に使うときにはもう乾いていますし、匂いやカビ対策にもなります。

 

梅雨の時期になると必需品ですが、それ以外の時期でも常備しておくとゲリラ豪雨の際などに役立ちますよ。

 

 

結露吸収シート

梅雨に入ると外気と室内の気温差で結露が起きやすくなりますよね。

 

この「結露吸水シート」を窓の下部につけておけば、結露で発生した水滴が垂れてきてもシートが吸水してくれるので、カビ防止になります。

 

また、結露吸収シートは、可愛いデザインのものも多いので、インテリアとして楽しむこともできます。

 

窓の下部にはるだけなので貼り付け面積が少なく、取り付けが楽なのも魅力ですね!

 

 

梅雨で発生する問題と言えば、「雨」「湿気」「結露」ですよね。

 

上記で紹介したグッズがあれば、梅雨特有の問題もスッキリ解決するはずです。

 

嫌な梅雨の時期を気持ちよく過ごすためにも、梅雨入りまでにできる準備をしっかりと行っておきましょうね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ