↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

ひっつき虫の簡単な取り方は?正式名称とすぐひっつく理由とは?

ひっつき虫

 

野山や草むらを歩いたり探索した時、気が付けば体中ひっつき虫だらけになっていた経験ってありますよね。

 

特に犬の散歩に出かけた時、犬の体に大量のひっつき虫がついてしまったら、取り払うのに苦戦させられます。

 

そんなひっつき虫ですが、手で一粒一粒とるよりも断然、早く取り払う方法があるのです。

 

また、多くの人は、「ひっつき虫」「くっつき虫」と呼んでいて、その正式名称を知らない人は多いと思います。

 

今回、ひっつき虫の簡単な取り方、そして、正式名称についても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

簡単なひっつき虫の取り方とは?

大量に付いた引っ付き虫を一つ一つ取り除いていては、多くの時間と労力を消費してしまいます。

 

さっそく、簡単に多くの引っ付き虫を取る方法について紹介します。

 

 

軍手を使って取る

軍手を手にはめて、ひっつき虫が付いた衣服を撫でるようにすれば、軍手にひっつき虫がくっつくので、手で取るよりも何倍も効率よく取り除けます。

 

てっとり早く衣類から多くの引っ付き虫を取り除きたい時はおススメですが、この方法はデメリットもあります。

 

それは、軍手がひっつき虫だらけになってしまうことです。

 

ひっつき虫を取るために使用した軍手を使用する際は、結局一つ一つ手で取るハメになるので、二度手間になってしまいますよね。

 

そのため、ひっつき虫を軍手で取り除く場合は、使わない軍手や使用済みの軍手を使うようにするのがベターでしょう。

 

 

衣服を天日干しにする

ひっつき虫がついてしまった衣服を、日当たりの良い所に干すという取り方です。

 

1日程天日干しにすることで、ひっつき虫の粘液が渇いてほとんどのひっつき虫がボロボロと取れていきます。

 

しかし、これにもデメリットがあり、天日干しに時間がかかったり、雨の日には使えない方法です。

 

さらに、すべてのひっつき虫共通の除去方法ではなく、粘液を出してくっつく種類に限られた除去方法になってしまいます。

 

干すだけなので手間は掛かりませんが、急いでいる時には使えないのが辛いですね。

 

 

ブラシを使う

一番確実な方法が、ブラシを使う方法です。

 

ひっつき虫をすくう様に、引っ付き虫がついた衣服をブラシで撫でればポロポロと大量に取ることができます。

 

この方法は、これといったデメリットが特にないためブラシさえあれば即実践できる方法と言えるでしょう。

 

ただ、使用後のブラシはしっかりと洗っておかないと次に使用する際、少し抵抗があるかもしれませんね。


 

 

ひっつき虫の正式名称

私たちが、普段何気なく「ひっつき虫」や「くっつき虫」とよんでいる彼らにも、ちゃんと正式名称があります。

 

草むらに入れば大量にくっついて憎たらしい彼らですが、名前くらいはちゃんと覚えておいてあげましょう。

 

ちなみに、ひっつき”虫“と言われますが、虫ではなく”植物“です。

 

 

オナモミ

日本では最も広く知れ渡っている一般的なひっつき虫で、単にひっつき虫と呼ぶ場合にはこの種を指すことが多いです。

 

体にくっつくのは果実の部分で、果実の周りには無数に鉤爪状の棘が生えており、その棘が衣服や犬の体に絡まってくっつくのです。

 

 

ササクサ

細長い形をしていて、無理に取り除こうとすれば小穂の先端部分を切り離して、先っちょの小さい部分だけが残ります。

 

小さい部分だけ残ってしまうと、更に取り除くのが困難になり、日本に分布するひっつき虫の中では取り分け厄介な種類です。

 

 

コメナモミ

総苞片の腺毛から粘液をだして、その粘液のねばねばを利用してくっついてきます。

 

先に紹介した取り方で、天日干しで除去できるのは粘液を出す、この種に限ります。

 

 

ひっつき虫には、まだたくさんの種類がいますが、今回は代表的なものについてまとめました。

 

稀ですが、ひっつき虫の中には、内部に棘を持っており、取り除こうとすると手に棘が刺さってしまう種類もいます。

 

うかつに触ると思わぬ怪我をすることも有るため、ひっつき虫がついても、なるべく手で取ろうとせずに、軍手やブラシを利用して取るようにしましょうね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ