↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

花粉症による眠気が辛い人へ!原因と対策で有効な方法とは?

花粉症 眠気

 

毎年、春になると花粉症の人が多くなります。

 

ニュースでは花粉情報が流れ、街でもマスクをする人が増えて薬局やコンビにでも花粉症のコーナーができます。

 

しかし、花粉症の人が悩んでいるのは、くしゃみ鼻水の症状だけではありません。

 

薬を服用した後の「眠気」で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

今回、花粉症で薬を服用することで起きる眠気の原因と、有効な対策についてまとめました。

スポンサーリンク

花粉症で眠気が起きる原因について

まず、花粉症による眠気が起きる原因について結論から述べたいと思います。

 

それは、花粉症の人が飲む薬に「抗ヒスタミン剤」が含まれているからです。

 

花粉症は、花粉が体内に侵入し、ヒスタミンやセロトニンという物質が過剰に反応することで、アレルギー反応を引き起こします。

 

その中でもヒスタミンは、鼻水やくしゃみを起こしている最大の原因です。

 

では、そのヒスタミンを撃退すれば、花粉症の辛い症状は解決するのでしょうか。

 

実は、ヒスタミンは普段体内にも存在している脳内物質で、目を覚ましたり学習能力を高めるといった重要な生理的な機能を担っています。

 

ですので、ヒスタミンを抑制すれば花粉症が改善するといった単純なことではありません。

 

しかし、ヒスタミンの過剰分泌を制御することで花粉症の辛い症状は緩和します。

 

このような理由から、現在、多くの花粉症対策用の薬はヒスタミンを抑える成分が含まれています。

 

しかし、薬によってヒスタミンを制御してしまうということは、元々脳内にある目を覚ますため使われるヒスタミンの働きも当然制御されます。

 

そのため、花粉症の薬を服用することで眠気が発生してしまうのです。

 

この眠気は、目を覚ますために必要な脳内物質が不足しているという生理的な眠気なので、頑張って起きていようと思っても、難しい場合が多いです。

 

花粉症対策の薬に、よく「服用後の車の運転は避けて下さい」という記述があると思いますが、これは眠気が襲うためです。

 

運転中に眠たくなってしまっても、防ぐ手段がないために注意書きとして記載されているのです。


 

 

花粉症の薬の種類について

花粉症対策用のヒスタミンを抑える薬は2種類あります。

 

まず、第一世代と呼ばれる身体全体がヒスタミンの影響を受けないようにする抗ヒスタミン薬です。

 

直接ヒスタミンを撃退する効果があるので、効果も強く即効性がありますが、その分副作用である眠気も強くなります。

 

もうひとつは第二世代と呼ばれる、ヒスタミンの量を抑える校がある薬です。

 

これはヒスタミンの生成抑制し、量を減らすことが目的ですので、完全にヒスタミンが無くなるわけではありません。

 

そのため、第一世代に比べ眠気自体は和らぎます。

 

ただ、第二世代は即効性が薄いので、花粉が飛散する一ヶ月程度前から服用して、ヒスタミンを抑えやすい状態にしておくことが必要です。

 

また、花粉症の対策として、第一世代と第二世代の薬をあわせて飲むのも効果的とされています。

 

眠くなりにくい第二世代は朝に飲み、眠くなる第一世代は夜に飲む。

 

そうすることで快眠できるようになるため、免疫力がそがれることも無く花粉症対策にもなります。

 

 

 

花粉症による眠気を抑える対策とは?

薬による眠気を抑える対策として有効なのが、外用薬を使用するといった方法です。

 

飲む薬ではないので眠くならないですし、時間や場所も選ばないので花粉症の対策として人気があります。

 

外用薬には、鼻の穴の周囲に花粉をガードするために塗るものや、顔全体にスプレーのように噴射して膜を作るものがあります。

 

いずれも市販の薬局で売られていますので、手軽に買うことができます。

 

特に、車の運転の多い職業の方などは外用薬をおすすめですします。

 

寝る前に飲み薬、日中は外用薬といったような使い分けもいいかもしれませんね。

 

 

以上で、花粉症で眠くならない対策については以上です。

 

花粉症は外用薬により対策以外にも、家に入る前に身体や服を払ってから入ったり、うがい手洗いを頻繁にするだけでも十分対策として有効です。

 

花粉症は自然な身体の反応なのでなくすことはできませんが、対策をして少しでも和らげられたらいいですね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ