↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

沖縄の海はいつから入れる?どうして綺麗なのか理由も紹介!

沖縄の海

 

冬の終わりを感じ始め、だんだんと春めいてくると沖縄では海開きの情報が出始めます。

 

沖縄は気候が暖かいため、本土よりもかなり早い時期に海開きをしているようです。

 

そうなると、具体的にいつから海に入れるのか知りたいですよね。

 

また、一度沖縄の海を見た人であれば誰もが感じる、海の美しさの理由についても気になります。

 

今回、沖縄の海はいつから入れるのか、そして、沖縄の海が綺麗な理由の二点についてまとめました。

スポンサーリンク

沖縄の海はいつから入れるの?

沖縄と言えば、ダイビングや海水浴など海のレジャーを楽しむ場所と答える人も多いと思います。

 

沖縄は気温が本土よりも暖かいため、本土よりは早く海に入れるのはもちろん、入れる期間が長いようなイメージもありますよね。

 

沖縄の海は、いったいいつから入ることができるのでしょうか。

 

さっそく、いつからいつまで入ることができるのかまとめてみました。

 

 

沖縄の海開きは3月下旬~4月

まだ少し肌寒い時もありますが、春分の日前後を皮切りに、数日おきに各ビーチで海開きが行われます。

 

3月下旬といえば、本土ではようやく春の訪れを感じ始める頃なので、沖縄との温度差を感じざるを得ませんね。

 

しかし、いくら沖縄と言えど、3月下旬では気温も水温も海水浴に適しているとは言い難いので、天候や体調をしっかりと見極める必要があります。

 

 

海水浴に最適なのは6~9月

梅雨明け直後から、夏休み後の期間がベストです。

 

9月は台風の影響が出てくるので、海のレジャーは大変危険です。

 

台風シーズンは特に、台風情報をしっかりチェックする必要がありますね。

 

 

シュノーケリングなら5~10月が最適

ウェットスーツを着るため、海水の温度が多少低くても問題ないので長期間可能です。

 

最適な時期は5~10月ですが、オフシーズンと言われる11~2月頃でも気温が高い日なら問題なくシュノーケリングができます。

 

渡嘉敷島や座間味島など20以上の島々からなる慶良間諸島や、石垣島などはシュノーケリングだけでなく、ダイビングスポットとしても知られているのでおすすめです。

 

 

海に入れるのは10月中旬頃まで

この頃には海水温も低くなってきますが、陽気次第では入ることも可能です。

 

ただし、10月後半になると沖縄本島は寒くなるので海に入るのは難しくなります。

 

しかし離島であれば、本島よりも比較的暖かいので入れるところがあります。

 

例えば、竹富島は遠浅で、海の中を遠くまで歩けるので泳ぐのが苦手な人もきっと楽しめるでしょう。

 

 

こうしてみると沖縄の海には、気温や天候にはよりますが、冬以外ほぼ1年中入れるというのが分かります。

 

ただ、沖縄の地元の人はなぜかあまり海で泳いだりはしないそうです。

 

本土の人間からすると、「レジャーに最適な綺麗な海があり、気候が良いのにもったいない」とつい思ってしまいますね。


 

 

沖縄の海が綺麗な理由とは?

沖縄といえば、誰もが思い浮かぶのが「綺麗な海」ではないでしょうか。

 

本土の海と比べると、格段に差があるように思えますが、なぜ沖縄の海はこんなにも綺麗なのでしょうか。

 

その理由は「サンゴ」と「黒潮」にありました。

 

 

沖縄の海に欠かせない「サンゴ」「サンゴ礁」の存在

サンゴは体内で光合成を行い、海水の二酸化炭素を吸収、酸素として吐き出すことで海の水を綺麗にしています。

 

サンゴのすごいところは、酸素を吐きだす際、酸素の他にミネラルも一緒に出していることで、これにより、さらに浄水効果を高めているのです。

 

つまり、サンゴの浄水効果のおかげで沖縄の海は誰もが認める綺麗さを誇っているのです。

 

ただ、そのサンゴも地球温暖化の影響で白化現象が進んでいるのが現状です。

 

※サンゴの白化現象

ストレスや高水温などにより、サンゴ組織の白い骨格が透けて見える現象のこと。

この状態が長時間続くと、光合成が出来なくなり死滅してしまう。

 

 

現在、サンゴの白化現象を少しでも防ぐために、サンゴやサンゴ礁の保全活動が進められているそうです。

 

沖縄の綺麗な海をずっと見られるように、サンゴを大切にしたいものですね。

 

 

暖かい海流「黒潮」の影響

沖縄の海には、日本海流と呼ばれる黒潮という海流が流れています。

 

黒潮は、プランクトンが少なく流れも速いため水が透き通っています。

 

この透明度が高い黒潮の海流のおかげで、沖縄の海が綺麗と言えるのです。

 

 

沖縄は日本の中でも特別な気候を持ち、綺麗な海に囲まれています。

 

この綺麗な海を保つには、サンゴ礁を守らなければいけません。

 

温暖化にストップをかけ、いつまでも綺麗な海でレジャーを楽しめたらいいですね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



One Response to “沖縄の海はいつから入れる?どうして綺麗なのか理由も紹介!”

  1. まーちゃん より:

    沖縄早く行きたいよー

コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ