↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

卵焼きの冷凍方法と解凍のコツは?ふわふわにつくるコツも紹介!

卵焼き

 

昔から、朝ごはんやお弁当の定番おかずとして定着している卵焼き。

 

卵焼きが「嫌い」という人に出会ったことがないくらい、みんなから愛されているおかずですよね。

 

そんな卵焼きですが、お弁当に入れるため、たくさん作って冷凍しておくと便利なので、冷凍する方法と解凍の際のコツを紹介します。

 

また、料理のプロが作ったようなふわふわの卵焼きを、簡単に作ることができる方法についても伝授したいと思います。

 

ふわふわの卵焼きを作りたい方、冷凍保存後、解凍してもおいしく食べられる方法を知りたい方は、是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク

冷凍保存しても美味しい卵焼きの作り方

卵焼きほど各家庭によって味が変わるものもないような気がします。

 

甘い卵焼き、塩をきかせた卵焼き、本格派のだし卵焼きなど、入れる調味料や作り方まで違いが出ます。

 

そんな卵焼きを「お弁当に入れたい」と思った場合、朝から作るのは結構手間がかかります。

 

時短できるものなら時短したいけど冷凍すると味が落ちるし・・・というのは間違いで、卵焼きは美味しいまま冷凍保存することが可能です。

 

「卵焼きを冷凍する」と聞いて真先に思い浮かぶのが、表面も中身もパッサパサ、スカスカの卵焼きです。

 

冷凍すると水分が抜ける、というのが固定のイメージであるので、卵焼きが冷凍出来ると言われても半信半疑だと思います。

 

ですが、ちょっとしたひと工夫で簡単に美味しく食べられる冷凍卵焼きが出来てしまうのです。

 

まず、卵焼きを作る際にみなさんは何を入れていますか?

 

醤油、みりんなど色々あると思いますが、いつもの調味料の中に、砂糖またはマヨネーズを入れるだけで、冷凍しても美味しく食べられるようになります。

 

マヨネーズは味が残るのでは?と思われるかもしれませんが、実際火にかけると溶けてしまうのでほとんど気になりません。

 

なぜ、マヨネーズを入れるだけで冷凍しても美味しく食べられるのかというと、

 

  • 加熱することにより、結合するタンパク質に乳化した植物油や酢が入り込む
  • 乳化した植物油は冷めても固くならない

 

上記の二点が作用しているからです。

 

そのために、冷凍してもパサパサ、スカスカにならずやわらかいままなのです。

 

マヨネーズ入りの卵焼きを作る時、卵以外の調味料を全て先に混ぜておくこと、半熟状態ではなくしっかりと中まで火を通すことが調理のポイントです。


 

 

卵焼きの冷凍&解凍方法

次は、マヨネーズ入り卵焼きの冷凍保存の方法です。

 

まず、保存する前に出来上がった卵焼きの粗熱を取ることが大切です。

 

何でもそうだと思いますが、温かいまま入れてしまうと他の食材へのダメージもあるので注意しましょう。

 

卵焼きは塊で冷凍するのではなく、切り分けた状態で、食べる分ずつラップに包みタッパーやフリーザーバッグに入れましょう。

 

これで冷凍保存は完璧です。

 

そして、食べる時の解凍方法ですが、食べる前日に冷蔵庫へ移し、自然解凍するのがベストです。

 

もしお弁当に入れたい場合、夏場であれば凍ったまま入れておくだけで、お昼にはちょうどいい状態になります。

 

卵焼きを冷凍保存しておけば、時短お弁当レシピとしても大変重宝するでしょう。

 

ちなみに、「今すぐ食べたい!」という場合は、電子レンジで温めましょう。

 

その際、熱を通しすぎないのがポイントなので、数秒ずつ様子を見ながら温めることをおすすめします。

 

主婦にとって時短は命ですが、これほどまでに簡単な方法なら活用しない手はないですよね。

 

 

 

卵焼きをふわふわに作る方法

卵焼きはやっぱりふわふわに作りたいものですよね。

 

お酒や牛乳を入れるなど、独自の方法をお持ちの方もいると思いますが、今回、先ほどから大活躍している調味料のマヨネーズを入れる方法をおすすめします。

 

マヨネーズの分量は、卵焼き二人分(卵4個)で大さじ1杯を目安として、自分が一番美味しいと思える量に調節していきましょう。

 

また、卵のかき混ぜ方もふわふわに作るコツのひとつです。

 

しっかり混ぜた方が良いと考え、毎回頑張ってしっかり混ぜている人も多いと思いますが、実は、卵はあまり混ぜない方がいいのです。

 

混ぜすぎない卵は、焼いた際に出来る気泡を外に出さないという驚きのパワーを発揮してくれます。

 

お店などでは中身がギュッと詰まったものが主流ですが、家庭では上記のやり方でふわふわの卵焼きを作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

今回、マヨネーズを加えるだけで、ふわふわで冷凍保存にも強い卵焼きができるということが分かりました。

 

身近にある調味料で美味しい卵焼きが作れるのは嬉しい限りですよね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ