セミ避けの方法!うるさい時の対策といつまで鳴く?時間と期間

セミ避け

 

夏になると都会・田舎関係なく、どこにでも現れる”うるさい虫”といえば…そう、セミですよね!

 

家の近くでミンミンと鳴かれた時は安眠の妨げになったり、ストレスの原因になるので、即効で実践できるセミ避け方法があれば知っておきたいところ。

 

今回セミ避けの方法として、鳴き声がうるさい時に即実践できる簡単な対策を紹介します。

 

またセミはいつまで鳴くのか、種類別に

  • 時間(何時から何時まで)
  • 期間(何月から何月まで)

も紹介するので、いつになったら静かになるのか知りたい人もチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

セミがうるさい!騒音と感じる理由は?

セミで鳴くのは雄だけで、雌に自分の居場所を伝えるためにミンミンと大きな鳴き声で自分の存在をアピールしています。

 

セミの鳴き声の大きさは、うるさいと感じるレベルの会話や高架下に匹敵する騒音です。

 

そんな騒音を発生するセミが1匹だけでなく、わんさか集まって鳴いているので、そりゃうるさいと感じるわけで家の中でも騒音は防げません。

 

さらに迷惑なのが壁だろうが屋根だろうが、お構いなしに止まってミンミン鳴くのがセミの厄介なところ。

 

家の扉開けた瞬間「こんにちは!」なんてこともしょっちゅうなので、一刻も早く今から紹介するセミ避けの方法を実践しましょう。

 

 

 

セミ避けの方法【戸建て編】

木酢液を使う

セミは害虫ではないので虫除けの効果は期待できないですし、キンチョールのような殺虫剤も長時間吹きかけないと効果を発揮しません。

 

セミ避けに効果的なのが、木炭を焼く時などに発生する水蒸気・煙を冷却し、液体化した”木酢液”です。

 

木酢液は主にホームセンターなどで園芸用品として販売されていますが、原液を水で薄めて壁や庭にスプレーするだけでセミ避けになります。

 

ただ木酢液は臭いがキツイですし、薄めて臭いを弱くすると効果を感じにくくなるのがネックです…

 

木酢液の臭いがセミ避けに効果を発揮するので、使う場合は臭いを我慢するしかありません。

 

ちなみに木酢液は蚊避けにも効果を発揮するので、夏場の虫除けとしては一石二鳥といえます。

 

 

水をまく

セミは羽が濡れると飛べなくなるため、本能的に水が苦手です。

 

家の敷地内でセミが鳴いている場合、セミに向かって放水したり家や庭に水をまくことで、逃げたり鳴かなくなります。

 

羽が濡れると動けなくなるので処理する必要が出てくるかもしれませんが、セミがうるさい時に一刻も早くできる対策としておすすめです。

スポンサーリンク

セミ避けの方法【マンション・アパート編】

廊下やエレベーターなど、一戸建てよりも近距離でセミと遭遇する可能性が高いのが、マンションやアパートです。

 

しかしマンションやアパートはセミがうるさい時の対策として、戸建てのように木酢液や水をまいて追い払うことはできないですよね。

 

そんな時はセミ避けに効果的な防虫グッズを玄関やベランダに置き、近寄れないような対策をしましょう。

 

 

虫コナーズ

 

基本的には蚊やハエ避けとして作られているのでセミなど大型の虫に対する効果は弱いですが、まったく効果がないわけではありません。

 

複数個用意して設置すれば、コストはかかりますがセミ避けとしての効果が強まりますし、蚊やハエもシャットアウトできるので一石二鳥です。

 

 

ハチノック

 

ハチノックはスズメバチなどの駆除を目的とした商品なので、セミに対しても効果は抜群です。

 

ただペットや人が薬剤を吸い込むと身体への影響が考えられるため、ベランダや玄関周りに予防として吹きかけるのではなく、止まって鳴くセミに直接噴射してください。

 

効果より安全面を重視する場合は水鉄砲を使い、セミが苦手な水をかける方法もおすすめです。

 

 

 

セミの鳴き声がうるさい時の対策

セミの居場所が分からないけど、とにかく鳴き声がうるさい時はセミ避けではなく、

 

  • 窓をしめる
  • 耳栓をする

 

といった方法で騒音をシャットアウトしましょう。

 

窓を閉めても聞こえてくる鳴き声も、耳栓をすることでほぼ完璧に防ぐことができます。

 

明け方にセミの鳴き声がうるさくて目が覚めてしまう時は耳栓をしたまま寝るのがおすすめですが、睡眠中は意識がないため耳栓が固いと思わぬ怪我をする恐れがあります。

 

寝る時に装着する耳栓はスポンジタイプやシリコンタイプなど、長時間装着しても耳への負担が少なく柔らかいものを選びましょう。

 

 

 

セミはいつまで鳴く?時間と期間!

朝から晩まで鳴き続けるセミに対し「いつまで鳴くの?」とイライラしている人も多いと思いますが、セミは種類によって鳴く期間や時間が違います。

 

一般的なセミが鳴く時間は以下のとおり。

 

  • クマゼミ 6~11時頃
  • アプラゼミ 11~17時頃
  • ヒグラシ 5~7時、17~19時頃
  • ミンミンゼミ 5~11時頃
  • ニイニイゼミ 5~17時頃
  • ツクツクボウシ 9~19時頃(夕方がピーク)

 

日本には多種類のセミがいますが、一斉に鳴くと雌に鳴き声が届きにくくなるため、種類によって鳴く時間が違っているわけです。

 

セミが鳴く時間帯をみると分かるように、朝方(5~6時頃)と夕方(17~18時頃)がセミが鳴くゴールデンタイムです。

 

またセミの活動期間も種類によって違いがありますが、鳴く時間程の差はなく大体のセミが6~9月までの期間で雌との交尾を終え天寿を全うします。

(活動期間が一番遅いセミの種類はツクツクボウシで、10月頃まで鳴いています)

 

セミがいつまで鳴いているのか、期間のイメージとしては”梅雨明け~運動会シーズン終了まで”といった感じですね!

 

 

 

まとめ

ただでさえ毎日暑くてイライラしがちなのに、セミ鳴き声がうるさいと余計にストレスがたまりますよね。

 

でもセミも子孫を残すために必死なので、鳴き声を弱めたり、鳴かずに短い一生を終えるわけにはいきません。

 

せめて鳴き声が気にならない場所で鳴いてもらうため、今回紹介したセミ避けの方法を試してくださいね!

 

スポンサーリンク

★当記事と一緒に読んでほしい記事★



★【2018年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ