プールで寒くない気温、基準は何度以上?防寒対策になる持ち物は?

プール 気温

 

1年も気づけば折り返し、今年もジメジメした嫌な梅雨が明け、プールの季節がやってきました!

 

子供が常に家にいる夏休みももうすぐで、パパやママにとっては毎日「どこかへ連れてって!」と子供にお願いされ続ける嫌な季節でもあります。

 

一概に夏といっても気温は様々、「今日はプールに行く」と決めていても、気温次第でホントにプールを楽しめるか不安になる日もあるはず。

 

プールで寒くない気温の基準は何度以上なのか、知りたい人は多いのではないでしょうか?

 

また時間帯や天候によっても気温が変化するため、念のために用意しておきたい、防寒対策になる持ち物もお伝えします。

スポンサーリンク

プールで寒くない気温の目安!基準は何度以上?

プールで寒くない気温は人によって体感温度が違うため、一概に何度以上か決めることは難しいです。

 

ただ誰でも確実にプール日和だと思える気温の目安は、30度以上といえます。

 

細かいことを気にせず、プールで寒くない気温の基準が知りたい人は“30度以上”と覚えておきましょう!

 

 

また、おそらくプールを楽しめるであろう、きわどいラインの気温ですが、小学校でプールの授業が実行される気温を基準に考えます。

 

水泳指導教本には“水温+気温が50度以上”と記されているため、最低でもこの条件は満たしたところ。

 

ただ水温が極端に低いと身体の動きが鈍くなり運動能力が低下するため、小学校でプール授業を実行する場合、水温は23度以上が推奨されています。

 

プールを楽しめる水温の最低ラインが23度以上と仮定すると、気温は最低でも27度は必要といえますよね。

※50(水温+気温の理想)-23(プールを楽しめる最低ラインの水温)=27なので

 

ただ27度は最低ラインなので人によっては水着だと寒く感じるかもしれませんし、気温が27度以上でも水温が予想以上に低い場合、水温+気温が50度に満たない可能性もあります。

 

そのためプールに行く前の気温が30度以下であれば、念のため防寒対策も準備しておくことをおすすめします。

 

ちなみに雨が降っている場合は例外で、雨は水温よりも温度が低いことが多いため、雨にあたると体温が下がり体が芯まで冷え切る原因になります。

 

例え気温が27度以上でも、雨の日にプールに入るのは絶対にやめておきましょう。

スポンサーリンク

防寒対策に使える!おすすめ持ち物一覧

気温が30度以下の時や天候が怪しい時にプールに行く場合、思わぬ寒さで体調を崩さないよう防寒対策を準備しておくことが大切です。

 

さっそく防寒対策として用意する持ち物を紹介していきます。

 

 

ゴム付きタオルorタオル+上着

最後にシャワーを浴びて拭くタオルとは別に、ゴム付きタオルやタオル地の上着などを持っていきます。

 

プールを出て寒くなる原因の一つが体についている水滴なので、休憩する時はタオルを使い体の水滴を拭きとりましょう。

 

水滴を拭き取った後、タオルをそのまま羽織っておくと体温の低下を防げます。

 

子供がよく持っているゴム付きの巻きタオルなら全身の水滴を拭きやすいですし、かぶっておくだけで防寒対策になります。

 

 

温かい飲み物

体を芯から素早く温めたい時、温かい飲み物は非常に有効ですが、夏場プールサイドや自販機で温かい飲み物は販売していません。

 

さすがに30度以上の真夏日に温かい飲み物を持って行く必要はないですが、気温が30度以下の時は水滴拭き&羽織る用のタオルと一緒に、温かい飲み物があると安心です。

 

気温や天候が不安な時は、魔法瓶に温かいお茶を入れて持って行きましょう。

 

 

保温性の高い水着

通常プールは水中に入る一瞬だけ冷たく感じ、その後は体が水温に慣れるので冷たさを感じなくなる場合がほとんどです。

 

ただ”自分(子供)は寒がりだ!”と認識している人は、以下のように保温性の高い水着を購入して着用するのもおすすめです。

 

保温性の高い水着は可愛い(かっこいい)デザインが少ないのが難点で、どちらかといえば本気で泳ぐ人向けのものになります。

 

自分好みの水着でプールを楽しみたい人は、オシャレな水着と保温性の高い水着を購入して、気温次第で使い分けるのもいいでしょう。

 

 

 

明らかに寒いのに、子供がプールに行きたいと言う時は…

中学生以上の子供や大人同士なら「寒いからプールはやめよう」と気温次第で予定を断念できますが、相手が小さな子供だとそうもいきません…

 

プールに行きたいと駄々をこねて言うことを聞かない場合、いつも子供を連れて行っているプールではなく、

 

  • 屋内プール
  • 健康ランド(スーパー銭湯)

 

など、気温や天候関係なく水遊びを楽しめるスポットを探してみるのもおすすめです。

 

下手に「プール以外の遊びをしよう!」というより子供も納得しますし、新たな遊び場を開拓できるかもしれません。

 

最近の屋内プールは流れるプールやウォータースライダーなど、遊具豊富なところも多いですし、中には温泉が併設されているところもあります。

 

健康ランドだと屋外プールのようにはしゃぐことはできませんが、パパやママも子供と一緒にリラックスできます。

 

室内だと夏らしさを感じることはできませんが、日焼け対策しなくていいのも嬉しいですよね!

 

 

 

まとめ

せっかくプールを楽しむなら、天候や気温の心配をせず思いっきり楽しみたいですよね。

 

プール当日に「どうしよう…」と悩むより、

 

  • 気温が30度以上なら屋外プール
  • 30度以下なら室内プール(健康ランド)

 

といったように朝起きた瞬間、当日の気温を基準にして予定を立てるのも悪くないと思いますよ!

 

スポンサーリンク

★当記事と一緒に読んでほしい記事★



★【2018年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ