↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!

使い捨てカイロ

 

手足が冷える時など、一つあると重宝する使い捨てカイロ。

 

最近は充電式のものなども登場し、カイロの常識が変わりつつありますが、やはりまだ主流は使い捨てカイロでしょう。

 

寒い時は一刻も早く温もりたいので、素早く温める方法を知っておくと便利ですよね。

 

また、使用後に捨てるだけなのはもったいないので再利用法を紹介します。

 

今回、使い捨てカイロについてまとめました。

スポンサーリンク

使い捨てカイロが温かくなる仕組みについて

使い捨てカイロは、手軽に暖がとれるのであらゆるシーンで活用されています。

 

火や電気を使うわけではないのに、袋から取り出すだけで温かくなるカイロ。

 

どのような仕組みなのか気になっている人もいるでしょう。

 

そこで、まずカイロの仕組みから見ていきましょう。

 

カイロの中には砂のような砂鉄のようなものが入っていますが、何かご存知ですか?

 

中身は鉄粉、水、活性炭、バーミキュライト、塩類となっています。

 

これらが不織布に入っており、外装であるビニールの袋で空気が入らないようにパックされています。

 

鉄は濡れて放置したままだと錆びてしまいますよね。

 

これは、空気中の酸と鉄が化学反応を起こし、鉄が酸化して酸化鉄となるからです。

 

酸化鉄になると熱が発生、この熱を利用したものが使い捨てカイロとなります。

 

水は錆びを早めるため、塩類は酸化を早めるため、バーミキュライトは保水性のためにそれぞれ成分として含まれています。

 

 

 

使い捨てカイロを素早く温める方法は?

酸化することで熱が発生するため、使い捨てカイロを素早く温めるには酸化を早めることが必要です。

 

そのためには酸素が必要なので、自分の息を吹きかけてカイロに酸素を送ってあげましょう。

 

そうすれば、酸化が早まり素早く温まります。

 

息に含まれる酸素が酸化の速度を速めるのです。

 

この方法は、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

 

ちなみに、昔は袋から出して揉むと温かくなるカイロが主流でしたが、最近は貼るタイプの需要が増え、貼らないタイプでも揉む必要はなくなりました。

 

強く揉んでしまうと通気孔から中身が漏れてしまう可能性があるため、「揉まずに使用してください」などの注意書きがしてあります。

 

使い捨てカイロを袋から出した後、軽く2~3回振る程度で良いみたいですね。

 

貼るタイプは揉むことで中身が片寄ってしまい、貼った時に体にフィットしなくなるので、揉むのはやめましょうね。


 

 

使い捨てカイロの正しい再利用法

使い捨てカイロは、一度袋から出してしまうと使用後は捨てなければいけないと思っていませんか?

 

例えば使用を一時的に中断したい時、まだ温かさが残っているのに捨てるのはもったいない気がしますよね。

 

そんな時は、ジッパー付き密封袋に入れておくと酸化が一時的にストップするため、再度利用できます。

 

注意点としては、必ず中に空気が入らないように密封するということが挙げられます。

 

空気が入ってしまうと酸化して温かさの持続時間が減っていく一方です。

 

次に、暖をとる以外の再利用法も紹介します。

 

使い捨てカイロの成分に活性炭がありましたよね。

 

これは冷蔵庫の脱臭剤と同じ成分なので、使用済みの使い捨てカイロを冷蔵庫内や靴箱に入れておくと脱臭効果が得られます。

 

臭いにお悩みの方は一度試してみてください。

 

そして再利用してもしなくても、捨てる時はどうすればいいのでしょうか。

 

使用後、中身は酸化鉄になっています。

 

果たしてこれは燃えるゴミなのか燃えないゴミなのか、考えても分かりませんよね。

 

カイロのパッケージの裏には、捨てる際はお住まいの市区町村の区分に従ってくださいと書かれていると思います。

 

ゴミの区分は市区町村によって異なりますので、お住まいの地域のホームページなどで確認した方が良いでしょう。

 

また、未使用の使い捨てカイロはそのまま捨てずに袋から出し、使い切ってから捨てるようにしてください。

 

いくら火事の危険はないと言っても、発熱するものなので細心の注意を払いましょう。

 

 

冬の季節に大活躍の使い捨てカイロ。

 

正しく廃棄することはもちろん、肌に直接貼ったり就寝時に貼ったままにしておくと低温やけどになる危険があります。

 

注意書きをよく読んで正しく使用し、寒い冬を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



One Response to “使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!”

  1. ミルミル より:

    うそつき 暖かくならないぞう そつきめ!

コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ