↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

首の寝違えを簡単に治す方法!原因は寝方が悪い以外にも存在?

首の寝違え

 

誰でも、1度や2度は経験があると思う、辛い首の寝違え。

 

首を寝違えてしまうと、動かす度に痛みが走り、思うように回すことができないので色々と不自由な思いをしますよね。

 

寝違えてしまった首を、簡単に治す方法や、寝違えを予防する方法はあるのでしょうか。

 

また、首の寝違えは寝方が悪い以外にも原因があるようです。

 

今回、首の寝違えが起こる原因、治す方法についてまとめました。

スポンサーリンク

首の寝違えの原因は寝方以外にも存在?

首の寝違えは、寝ている間に筋肉や筋に不自然な負荷がかかり、炎症になってしまうことが原因で起こります。

 

「寝違え」という言葉通り、寝ている間の寝相の良し悪しが大きく関りますが、普通であれば不自然な姿勢で寝ていると、無意識で寝返りを打ち姿勢を整えます。

 

しかし、寝返りが打てない状態で寝ていると寝違えが起こってしまうのです。

 

このことから、泥酔状態で意識を失うように眠りに入ってしまうと、姿勢を変えられないまま熟睡してしまうので、寝違えは起きやすいと考えられています。

 

さらに、首が痛みの原因は脇の下の神経が圧迫されて起こることもあることも分かっています。

 

脇の神経が首を支える筋肉に繋がっているため、圧迫されることにより首に痛みが生じるというわけです。

 

他には、使用している枕の高さがあっていないというのも原因として考えられています。

 

一口に「首の寝違え」と言えど、その原因は色々あるのです。


 

 

首の寝違いを簡単に治す方法は?

原因が分かったことろで、さっそく首の寝違えを早く治す方法や予防法についてご紹介します。

 

まず、首の寝違えを早く治したい場合、以下の体操が有効です。

 

  1. 力を抜いて手を下に垂らし、首の右側が痛ければ右手を、左側が痛ければ左手を後ろにゆっくりと自然に止まるところまで持ち上げる。
  2. 止まったところで20秒静止する。
  3. 肘をおよそ110度曲げたまま前方に持ち上げ、真上で20秒静止する。

 

上記の1~3を3セット程繰り返す。

 

※症状が重い人や、それでも治らない人はさらに2~3セット繰り返してみてください。

 

 

また、上記の方法で治らない人は、寝違えの痛みを紛らわす方法も紹介しておきますので、合わせてやってみましょう。

 

  1. 首の右側が痛ければ右手の指を右のこめかみに、左側が痛ければ左手の指を左のこめかみにあてる。
  2. 指で押し、そのまま約4秒静止させる。
  3. ゆっくりと首の力を抜く。

 

この方法は、痛みがある側のみ行えば有効です。

 

 

次に、首の寝違えが起こる前に、予防する方法について以下にまとめておきます。

 

  • 枕の高さや硬さが適当か、チェックしておく。
  • 身体のアンバランスが寝違えを招くこともあるので、日頃動かさない部分を軽い体操などで動かし、血行を改善させる。
  • 軽く横になるだけで関節への負荷を減らすことが出来るので、普段から夜の睡眠以外に身体を休める時間をしっかり確保する。
  • 首の周りをなるべく冷やさないようにする。
  • 過度のストレスを抱えこまないようする。

 

ストレスは、神経が高ぶり身体が緊張するため、この状態が続くと睡眠中に歯を食いしばったり、歯ぎしりをすることが多くなりアゴや頚椎に負荷のかかる状態を招いてしまいます。

 

好きな音楽を聴いたり、好きなことに没頭する時間をつくり、普段からストレスを解消に繋がるリラックスできる時間を持つことを心がけましょう。

 

以上のような方法が首の寝違えを予防するために有効といえるでしょう。

 

 

 

まとめ

物理的な首の寝違いの原因以外は、やはりストレスによる体の不調が大きな原因と言えるでしょう。

 

とはいっても、今の世の中、ストレスを抱えない人はいないと思います。

 

ストレスをうまく解消できれば、結果的に、冷えの予防やコリの改善に繋がり、寝違えが起きにくい体質になることができます。

 

また、ごくごく稀ではありますが、頻繁に寝違えを起こす時は、首の病気やがんが転移しているなどが疑われます。

 

たかが寝違えと甘くみず、異変を感じた場合は病院を受診することもが必要です。

 

「自分の身体は自分で守る」

 

大げさかもしれませんが、この気持ちを常に意識し、寝違えを起こさないために出来る事からやってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ