↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

うまく会社を辞めるリアルな理由まとめ!ランキング形式で発表

退職

 

みなさんは、今まで会社を辞めたことがありますか?

 

会社を辞める理由は様々あると思いますが、退職理由が全て上司や責任者に胸を張って述べることが出来るものとは限りませんよね。

 

上司との不仲、職場の雰囲気に馴染めない、仕事内容が自分に合っていない、給与に不満がある、等々。

 

しかし、こういった不満を退職理由として上司に伝えてしまうと、思わぬトラブルの火種となるかも知れないですし、後味の悪い退職になってしまいます。

 

そうならないために、今回、後腐れなく仕事を辞めるために使えるリアルな理由をランキング形式で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

後腐れなく仕事を辞めることが出来る理由ランキング

職場に対する不満が本音だとしても、ストレートに伝えてしまうとお互い嫌な気分になり、気持ち良く辞めることが出来ないですよね。

 

そのため、理由を問われた時は職場に対する不平不満ではなく、上司が引き止めにくい理由を考えて述べることがスムーズに会社を辞めるコツと言えるでしょう。

 

さっそく、ランキング形式で上司が引き止めにくい理由についてまとめます。

 

 

第4位 心身療養のため

ハードワークにより心や体が病んでしまい、その療養のため退職したいと伝えれば、上司も気遣って認めてくれるでしょう。

 

但し直前まで元気な姿で、いきなりこの退職理由を言ってしまうと、あっさり嘘がバレてしまいます。

 

会社を辞めたいと思った時から、その思いを告げるまでの間は多少のお芝居も欠かせません。

 

 

第3位 家庭の事情でどうしても続けられない

前向きな理由ではありませんが、こういわれると上司も引き止めることはできないでしょう。

 

例えば、

 

「自営の父が病気で働けなくなったので、代わりに店を継がなければならなくなった。」

 

「家庭の自称で、今の職場から遠い実家に戻らないといけないため、仕事を続けることが出来ない。」

 

など、仕方なく仕事をやめなければならないという意思を伝えましょう。

 

 

第2位 やりたい仕事が見つかった

こちらの退職理由も、上司からすれば引き止めにくく、なおかつ前向きなので印象も悪くありません。

 

仮に上司に「今の仕事は不満か?」と聞かれるようなことがあれば、「昔からの夢だった」と説明すれば他人の夢を潰すような鬼上司でなければ納得してくれるでしょう。

 

さらに、

 

「やりたい仕事のために、就職活動しながら資格を習得したい。」

 

「やりたい仕事のために、同じ業種でアルバイトして経験を積みながら就職活動したい。」

 

といった理由を付け加えると、すぐにやめたいことも伝えることができ、スムーズに退職できると思います。

 

 

第1位 キャリアアップがしたい

キャリアアップがしたいという退職理由は、次に転職した際の転職理由にも同じように伝える事ができるので便利です。

 

上司や職場、仕事内容や給与などの不満には一切触れず、キャリアアップという前向きな意思を伝えることにより、理解ある上司ならば後押ししてくれることでしょう。

 

ただ、上司にキャリアアップの内容を突かれた時に答えを出せないようでは嘘がバレて気まずくなります。

 

建前にこの理由を使う時は、嘘でもいいので具体的な内容も用意しておいたほうがいいでしょう。


 

番外編 一身上の都合により

一見無責任な退職理由に思えますが、実は労働基準法22条によると、労働者は退職の際には退職証明書の提出のみが義務とされております。

 

さらに、民法627条1項によると、特別な雇用契約の無い労働者はいつでも解約を申し入れる事ができ、解約理由は問われませんともあります。

 

そのため、具体的な理由を述べなくても退職することは可能なのです。

 

退職の際、この法律について説明すれば、会社も妙な行動に出ることはできず合法な退職に難くせをつけることはできません。

 

ただ、会社との関係が気まずくなることは必須です。

 

そのため、番外編として付けわえさせていただきました。

 

 

 

まとめ

法律上、特別な条件が無ければ退職理由は必要の無いものなので、労働者は仕事を辞める権利があります。

 

だからと言ってストレートに不平不満を伝えてしまえば、トラブルに成りかねません。

 

仕事を辞める時は、不平不満を心にしまって円満に退社するように心がけましょう。

 

その方が、きっと上司やその会社で働いている他の社員、自分自身にとっても気持ちが良い退職になるはずです。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ