リモコンのボタンが効かない時の対処法!故障を即効で直す方法は?

リモコン ボタン

 

テレビにレコーダー、エアコンや最近では電球まで…家庭でリモコンが普及されていますよね。

 

しかし便利な時代だからこそ困ってしまうのが、リモコンのボタンが効かないという故障…(泣)

 

本体ボタンで操作できるならまだしも、メニューなどリモコンがないとできない操作もたくさんあります。

 

今回即効で実践できる、リモコンのボタンが効かない時の対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

リモコンの故障かも…その前に確認しよう!

リモコンのボタンが効かないからといって、すべて故障が原因とは限りません。

 

故障と決めつける前に、以下の内容を確認してみましょう。

 

 

リモコンの電池が切れていないか確認

一か所のボタンだけが効かなくなった時は電池切れではなく、何らかの不具合が起きている可能性が高いです。

 

ただ全ボタンが効かなくなった、もしくは反応が悪くなった場合は電池切れが原因かもしれません。

 

リモコンの電池は長持ちするので、いつ交換したかも分からないような時はとりあえず交換してもう一度ボタンを押してみましょう。

 

 

リモコンを間違えていないか確認

「確認するまでもない!」と言えるあなたは素晴らしいですが、テレビとレコーダーのリモコンは意外と間違える人が多いです。

 

私もうっかりしていることが多く、レコーダーのリモコンで繋がっていないテレビを動かそうとして「あれ?」と思った経験が何度もあります。

 

特にリモコンが似ていて、置いている場所も隣同士だとこの間違いは起こりやすいです。

 

また同じテレビや電球を多数の部屋に設置している人で、誤操作を防ぐためにリモコンの周波数を変えている人はいませんか?

 

当てはまる場合、違う部屋のリモコンで操作している可能性もありますよ。

 

 

電波を遮断していないか確認

かなり遠くから操作をしている、もしくは電波を受ける場所の近くに障害物がある場合、リモコンの電波を本体がちゃんと受信できていない可能性があります。

 

一度リモコンを対象になる家電の方(電波を受信する場所)へきちんと向け、極限まで近づいてボタンを押してみましょう。

 

ちなみにテレビのリモコンをテレビの下にあるレコーダーに向けたり、その逆を行う間違いもしていないか注意してください。

 

もしちゃんと操作ができた場合、ボタンの故障が原因で操作できなくなったのではありません。

 

障害物によって電波を遮断されていたか、電池の残量不足が原因で電波が衰えているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

リモコンの故障を即効で直す方法!

リモコンのボタンが効かない時に即効で直す方法が、以前「鉄腕DASH」で放送されていたので紹介します。

 

まず修理に必要な道具、アルミホイルと接着剤を用意してください。(その他、リモコンを分解するドライバーも必要です)

 

道具を準備できれば、さっそく以下の手順で進めていきましょう。

 

 

1、リモコンのカバーをはずす

この作業が一番難易度が高く、リモコンカバーの外し方は機種により変わります。

 

やり方が分からなければネットでテレビやレコーダーの製品説明書を検索し、確認してから外してください。

 

いくら早く直したくても、焦ってこじ開けるとカバーが壊れて元に戻せなくなるので注意しましょう。

 

 

2、アルミホイルをボタンのサイズに切り、ボタン裏に接着剤でとめる

この時、接着剤がはみ出ないように気をつけてください。

 

接着剤がはみ出ていないことが確認できたらリモコンのカバーを元通りに戻して完了です!

 

 

修理に必要なアルミホイル・接着剤・ドライバーは、どの家庭にも常備してあるアイテムばかりですよね。

 

特定のボタンのみが効かない場合に限りますが、この方法を使えば5~10分程度で直すことができます。

 

しかも実際にこの方法で修理できた人は非常に多く、信頼性の高い修理方法です。

 

リモコンを分解した際の部品をなくしたりリモコン内の基盤に極力触れないようにだけ注意して、さくっと自分で修理しちゃいましょう。

 

 

 

アルミホイルでボタン故障を直せるのはなぜ?

なぜアルミホイルをボタンの裏に貼るだけで故障を直せたのか…その理由は、ボタンを押した時に伝わる電気の流れをアルミホイルが改善したからです。

 

通常リモコンのボタンを押すと、その部分の対応する箇所に電気が流れて命令が基盤に伝わります。

 

しかし長期間の使用や乱暴な使用を続けるとボタン裏にある伝導体が削れ、電気が流れにくくなります。

 

伝導体の代わりにアルミホイルを使用することでボタン裏の感度を補強し、購入当初のような軽いタッチでもボタンが効くようになるのです。

 

 

 

まとめ

ボタンが効かなくなった時、多くの人が行う“机でリモコンをガンガン叩く行為”…このやり方は今日で卒業です。

 

こんな方法で根本的な原因が解消されるわけではないですし、万が一直ったとしてもすぐに再発する可能性は高いです。

 

今回紹介したアルミホイルで補強するやり方は、アルミホイルが伝導体として機能している限り効果が持続します。

 

家に1つでもボタンが効かない(効きにくい)リモコンがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

★当記事と一緒に読んでほしい記事★



★【2018年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ