↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

缶詰の賞味期限切れ!いつまで食べられる?未開封時の捨て方は?

缶詰 賞味期限切れ

 

缶詰は賞味期限が長いのでついつい買いだめしがちですが、気づいたら何カ月も賞味期限が切れてる…なんて状態になりかねません。

 

缶詰は密封されているので、賞味期限切れでも数カ月ぐらいなら食べられそうですよね。

 

賞味期限切れの缶詰はいつまで食べることができるのでしょうか?

 

また未開封時で缶詰を処分する場合、正しい捨て方についても知っておきたいところです。

スポンサーリンク

賞味期限切れの缶詰、いつまで食べられる?

結論から言えば賞味期限切れの缶詰は1、2年程であれば食べても平気です。

 

お腹を壊さないのかと心配になる人もいるかもしれませんが、ちゃんと大丈夫な理由もあります。

 

まず理由その1、実際に私自身、2年賞味期限が切れた缶詰を食べても平気だったからです!w

 

ただこの理由には根拠がないので、ちゃんと理由その2以降は根拠のある内容でお伝えします!

 

 

理由その2 “賞味期限切れ”は食品の安全性が損なわれるわけではない!

食品に記載されている期限には“消費期限”と“賞味期限”があります。

 

「どちらも同じでは?」と思うかもしれませんが、この二つには明確な違いがあり、

 

  • 消費期限 → 食品を安全に食べることができる期間
  • 賞味期限 → 食品を美味しく食べることができる期間

 

となっています。

 

賞味期限は食品の“味”のみを保証している期限というわけです。

 

賞味期限が記載されている食品は期限内に食べた方が美味しく頂けるものの、期限が切れたからと言って健康を害するリスクが高まるわけではありません。

 

それに比べ消費期限は“安全”を保障している期限なので、守らないと期限内に食べた場合と比べて食中毒などのリスクが高まります。

 

 

理由その3 缶詰は製造方法に安全性が保たれるポイントがある!

缶詰は1、2年程度の賞味期限切れであればなぜ安全といえるのか、答えは缶詰の作り方にあります。

 

実は缶詰は殺菌・滅菌した具材を缶に詰めるのではなく、缶詰に真空状態にして具材を詰めた後、加熱殺菌しています。

 

これにより加熱によって缶詰の中にいる菌は死滅し、中は真空状態なので菌が繁殖したり外から浸入する可能性も極めてゼロに近いです。

 

そのため2年も賞味期限が切れた缶詰を食べても無事だったというわけです。

 

 

ちなみに2年といわず、理論的には5年でも10年でもいつまででも、未開封で缶に穴が開いていない状態であればリスクなく食べることができます。

 

ただやはり味の劣化はありますし、精神的にも5年も10年も賞味期限が切れた缶詰を食べるのはキツイと思います。

 

そう考えると、うっかりしていた時は仕方ないですが、根本的に賞味期限は守るべきと言えるでしょう。


 

逆に食べることが出来ない場合はどんな時?

缶詰はいつまででも食べることができるとお伝えしましたが、これに当てはまらない場合もあります。

 

まず先程もお伝えしましたが、賞味期限を無視して食べられるのは、

 

  • 未開封
  • 穴が開いていない
  • 缶が錆びていない

 

時だけです。

 

たとえ賞味期限が切れていなかったとしても、缶が錆びていたり穴が開いている場合は食べずに捨てるようにしてください。

 

また缶が異様に膨らんでいる時や開封時に異臭がした場合も缶の中で雑菌が繁殖している可能性があるので、賞味期限関係なく捨てるようにしましょう。

 

 

 

未開封の缶詰を処分する方法!正しい捨て方は?

缶詰はいつまででも食べられると言われても、やはり賞味期限切れの缶詰を食べるのは抵抗があるという方もいるかと思います。

 

そんな時は缶詰を捨てることになるのですが、未開封の缶詰をそのまま捨てることはできないので捨てる前に必ず開封しましょう。

 

缶は洗って飲料水などの缶と一緒に決められた日に捨て、中身の汁物(シロップなど)は流し、流せないものは生ごみとして処分するのがベストです。

 

カレーなどの汁物だけど流せないものは油の処理と同様、牛乳パックに新聞などを入れて口を止めると漏れる心配がないですよ。

 

地域によって細かい捨て方に違いがあるので、捨てる前には確認しておきましょうね。

 

 

 

まとめ

缶詰に限った話ではないですが、誰でも賞味期限切れの食品を食べるのは多少なりとも抵抗があるはずです。

 

同じ食品でも賞味期限内のものと賞味期限切れのものでは、たとえ味はまったく同じでも精神的な要素が影響して賞味期限内の方が美味しく感じるものです。

 

心から「美味しい!」と思って食べられるよう、どんな食品でも一日でも早く食べ切ることを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ