↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

プールの塩素濃度はどれくらい?目や肌への影響を知っておこう!

プール 塩素濃度

 

夏真っ盛り、週単位でプールに通い夏をエンジョイしている人も多いのではないでしょうか?

 

暑い夏のレジャーとして最適なプールですが、気になるのが塩素による影響です。

 

小さなお子様がいる方はとくに、プールの塩素濃度や目や肌への影響について知っておきたいところ。

 

今回、学校やアミューズメント施設のプールにおける塩素濃度や目や肌への影響についてまとめました。

スポンサーリンク

そもそも、なぜプールに塩素を入れる?

プールに塩素を入れる目的は皆さんご存知だとは思いますが、プールの水を消毒するためです。

 

“塩素”って聞くと「強い薬品では?」…なんて思うかもしれませんが、水道水にも塩素は含まれています。

 

塩素を加えて水を殺菌することで、コレラ菌や大腸菌など細菌による病気の流行を防ぐのです。

 

溜め置きしない水道水すら塩素消毒するので、プールに塩素を入れるのは必須の作業だと分かって頂けるかと思います。

 

 

 

プールの塩素濃度は?

プールにおける塩素の使用は必須と分かりましたが、問題は塩素濃度です!

 

プールの水って本当に薬品臭いというか、なんというか…身体に悪そうな雰囲気を醸し出していますよね。

 

一般的なプール(学校やアミューズメント施設)の塩素濃度は0.4~1mg/Lと定められています。

 

水道水の塩素濃度が0.1~1mg/Lなので、プールとほぼ同じと考えると想像より少ない量ではないでしょうか?

 

 

 

プールから漂う独特な臭いの原因は?

塩素濃度は同じなのに、なぜ水道水にはない独特な臭いがプールにはあるのでしょう?

 

実はプールでは塩素とヒトの体内から分泌される汗やおしっこなどの“アンモニア”が反応し、クロラミンという物質が生成されます。

 

この“クロラミン”が肌や目に影響を与えたり、プールの独特な臭いを発生させる原因になります。

 

実際、学校プールは臭いが強いですが、室内で衛生管理されているスイミングスクールのプールは臭いが弱かったりしますよね。

 

学校プールもスイミングスクールのプールも塩素量はほぼ同じですが、不特定多数の人が使うプールの方がクロラミンが多く生成されるためです。

 

プールの臭いは、いかに水が汚れているのかを知る一つの目安になるといえるでしょう。


 

 

塩素による肌への影響

プールの塩素が肌や目に影響がないといえば嘘になりますが、そこまで神経質になる必要はないと私は考えています。

 

稀に塩素が原因で関連記事に書いた肌荒れや咳が起こりますが、肌が極端に弱い人でない限り1、2時間のプールで異常が現れることは少ないです。

 

※関連記事

プールの塩素が肌荒れや咳の原因だった!対策はどうする?

 

ただ学校プールのような屋外のプールだと、塩素によるダメージと併せて太陽による紫外線の影響を受け肌が荒れる場合があります。

 

屋外のプールに入る前は、ウォータープルーフの日焼け止めを塗り対策をしましょう。

 

 

 

塩素による目への影響

プールに入った後に目がかゆくなったり、充血したり…目への影響は肌よりも感じやすいのではないでしょうか?

 

実は水中で目を長時間開けていると、塩素が目の表面を刺激し、かゆみや充血など悪影響を与える場合があります。

 

ただ塩素による目への影響を防ぐのは簡単で、ゴーグルを装着するだけです。

 

ゴーグルは目への刺激を抑えるだけでなく水中もきれいに見られるので、禁止されている場合を除き使用をおすすめします。

 

学校でもプールで遊んだ後、毎回のように目に異常が見られる場合、先生と相談してゴーグルの着用を許可してもらいましょう。

 

 

 

まとめ

私も子供の頃、学校プールの後に目が塩素にやられて結膜炎になっていましたが、プールの季節が終わると治ったので、あまり気にせず楽しんでいた気がします。

 

プールに入った後に何も症状がなければ、塩素濃度など気にせずプールを楽しむといいかと思います。

 

ただしプール後に毎回、目や肌の異常が起きる場合やプールに入り数日経っても目や肌の異常が続く場合、塩素以外に原因があるかもしれません。

 

プールに入ることで身体に異変を感じた時は、とりあえずお医者さんで相談してみましょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ