↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

ガソリン代を節約する方法一覧!もっとも燃費が良い乗り物は?

ガソリン代節約

 

近年、ガソリンの価格はどんどん上昇し続けているため、通勤や買物など、車を使う機会が多い人にとっては辛い状況です。

 

ガソリン代を節約する方法があれば、とても助かりますよね。

 

また、ガソリン代も視野にいれて車の買い替えを検討している方は、燃費が良い乗り物についても気になると思います。

 

今回、ガソリン代の節約方法や、燃費が良い乗り物についてまとめました。

スポンサーリンク

ガソリン代の節約方法~準備編~

まず、運転を始める前にできる節約方法についてまとめます。

 

 

ガソリンは半分で

車の車種により、ガソリンが入る容量は違ってきます。

 

いつも、決まり文句のように、「レギュラー満タン」と注文する人が多い中ですが、ガソリンの給油量を半分までしておくと節約に繋がります。

 

もちろん、満タンに入れる物を半分にするので値段は下がりますが、それ以上に全体の重量が変わることが、燃費を良くすることにつながるのです。

 

ただ、ガソリンスタンドに行く頻度は増えてしまうので、通勤や通学通路に行きつけのガソリンスタンドがある方のみ、実践してみると良いと思います。

 

 

必要ない物をおろし、車内の総重量を下げる

いざというときのために、普段使わないものを、あれやこれやと多く車に積み過ぎてはいませんか?

 

今一度、必要最低限の物以外をトランクから下ろして総重量を下げましょう。

 

 

タイヤの空気圧を適正な状態にする

タイアの気圧が低くなると、無駄なたるみができて、運転がしにくくなる上に燃費も悪くなってしまいます。

 

定期的にガソリンスタンドなどでタイヤの気圧が適正かどうか見てもらい、足りなければ入れてもらいましょう。


 

 

ガソリン代の節約方法~運転編~

次に、ガソリン代を節約するための運転方法についてまとめます。

 

 

アイドリングストップ

車のアイドリングは、無駄にガソリンを消費している行為の一つです。

 

長い信号待ちや、渋滞での待機時間、停車する際はエンジンを切ることを心がけましょう。

 

ただ、こまめにエンジンを切り過ぎると、渋滞の原因になってしまったりバッテリーへの負荷にもなるのでやりすぎは禁物です。

 

目安として、5分以上発信しないことが分かっている場合に、アイドリングストップをするように心がけましょう。

 

 

発進は滑らかに

車がガソリンを最も消費するシーンは、「車の発進時」と言われています。

 

オートマであればクリープ現象を利用して加速したり、マニュアルであれば徐々にアクセルを踏むようにするとガソリンの節約に繋がります。

 

 

 

ガソリン代が安い乗り物は?

現在、ガソリン代が最も安い車として注目されているのは、「トヨタ アクア」です。

 

その、燃費は「40キロ/リットル」とされていて、トヨタのアクアはe燃費アワード2年連続1位を飾り2冠を達成しました。

 

アクアの燃費の良さは「電気モーター」と「エンジン」にあります。

 

電気モーターによって静かに発信し、通常走行はモーターとエンジンを効率よく使用しています。

 

加速や減速の際は割合の変更やブレーキを活かしてバッテリーを充電するなど、走行する状況に合わせて燃費が良くなる設計がとことんされている車です。

 

ちなみに、車ではありませんが、「乗り物」という括りで最も燃費が良い乗り物は、ホンダの「カブ」というバイクです。

 

50ccの「Little Cub(リトルカブ)」の燃費は、リッター100キロ以上とされています。

 

車にこだわらず、燃費が良い乗り物を探している場合は、ダントツでカブがおすすめです。

 

 

 

まとめ

ガソリン代を節約する際の心構えとして、「運転をする時は焦らない」ということを覚えておきましょう。

 

焦ってアクセルを踏み込んでも、道を間違えてもガソリン代が無駄に繋がります。

 

また、焦って運転していると思わぬ事故に繋がることもあります。

 

しっかりと車のメンテナンスや事前準備をして、落ち着いた状態で運転することで、自然と燃費のよい運転になるでしょう。

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ