↓人気記事(枠内スクロール可能)↓

【第1位】ユニクロのヒートテックが危険な理由…
【第2位】リップクリームの使用期限と塗り方!
【第3位】牛乳って実は危険な飲み物って知ってた?
【第4位】消化に良い食べ物!外食&コンビニ編!
【第5位】みぞれ・あられ・ひょうの違い知ってる?
【第6位】冷えピタの貼る場所はどこ?
【第7位】もずくには多くの効能があった!!
【第8位】付き合う前のドライブデート必勝法!
【第9位】正しいお風呂の入り方!体を洗う順番は?
【第10位】キシリトールガムの食べ過ぎが危険!

スポンサーリンク

新聞紙の使い道を思いつく限り紹介!傷まないよう保存するコツは?

新聞紙 使い道

 

読み終わった後の新聞紙はどんどん溜まっていくので、定期的にまとめて処分するのが普通ですよね。

 

でも捨てるのはちょっと待ってください!新聞紙には、たくさんの使い道があるのをご存知ですか?

 

活用できるものを活用せず、ただ捨ててしまうのはもったいないです。

 

また、残しておきたい記事も時間がたてば黄色く変色するのできれいに保存する方法があれば知りたいですよね。

 

そこで今回、新聞紙の使い道と傷まないよう保存するコツについてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

新聞紙の使い道まとめ

 

新聞紙は情報を得るだけのアイテムではありません!

 

普段の生活の中、便利グッズとして様々な使い道があるので今から思いつく限り紹介していきます。

 

 

野菜の保存

野菜の保存に新聞紙は毎回大活躍します。

 

新聞紙で野菜を包み、ビニールに入れ野菜室で保存することで野菜の鮮度を長く保つことができます。

 

特ににんじんや大根などの根菜類の保存に適しています。

 

 

掃除

床掃除や窓や鏡掃除など、新聞紙は掃除に欠かせないアイテムです。

 

使い方も簡単で、水で軽く濡らした新聞紙をちぎって床に散らし、あとはほうきで掃くだけ!

 

掃除機では取れない小さなゴミまで新聞紙が絡め取ってくれます。

 

また、窓や鏡の掃除でも新聞紙は大活躍します。

 

窓や鏡を霧吹きなどで濡らして新聞紙で拭くだけで、雑巾で拭くよりもピカピカになりますよ。

 

 

食器洗い

調理後のフライパンやラーメンやハンバーグを食べた後のお皿についている油汚れをきれいにとるのは大変です。

 

そんな時は、スポンジで洗う前に新聞紙で擦り、油汚れを落としてください。

 

食器洗いが楽になり光熱費の節約にも繋がりますし、スポンジにつく汚れも減るのでスポンジの寿命をのばすこともできます。

 

 

靴の湿気・ニオイとり

蒸れて水分を含んだ靴は、そのままにしておくと嫌なニオイが発生することも。

 

靴の中に新聞紙を丸めて入れておくだけで、湿気を吸い取ってくれます。

 

新聞紙は消臭効果があるので、蒸れやすい革靴やブーツにおすすめです。

 

 

揚げ物の油を吸収

揚げ物をする時、お皿の上に新聞紙を敷いてからキッチンペーパーを置いてください。

 

そうすると新聞紙が油をしっかり吸い取るので、キッチンペーパーやお皿を洗う際の洗剤・水の節約になります。

 

また新聞紙が余分な油をどんどん吸収トしてくれるので、カロリーカットにも一役買ってくれます。


 

使用済み油の処理

飲み終わった牛乳パックにちぎった新聞紙をたくさん入れます。

 

そこに使い終わった揚げ油を流し入れれば、新聞紙が油を吸い取ってくれるので、面倒な油処理も簡単にできます。

 

 

押入れやタンスの湿気とり

梅雨の時期などは押入れやタンスに湿気が溜まりそうで不安になりますよね。

 

そんな時は湿気が気になる場所に新聞紙を丸めて入れておくだけで、湿気を吸い取ってくれます。

 

新聞紙が湿ってきたら交換のサインです。

 

 

子どもの遊びに

細長く丸めてチャンバラをしたり、丸めて雪合戦ならぬ”新聞紙合戦”をすると子どもは大喜びです。

 

幼児にはビリビリ破らせることで指先の運動になり、脳にとても良い刺激を与えます。

 

 

意外な使い道もあったと思いますが、いかがでしたでしょうか?

 

ただ捨てるだけではもったいない!というのが分かっていただけたと思います。

 

 

 

新聞紙が傷まないように保存する方法

新聞紙はそのまま置いておくと、だんだん黄色く変色していきますよね。

 

新聞紙が変色する理由は、空気や紫外線に触れることによる酸化です。

 

また新聞紙は水分を吸収しやすいため、湿気でシワシワになる場合もあります。

 

酸化や湿気を防ぐため、おすすめの保存方法について紹介します。

 

 

光に当てないようにする

光が当たらない暗い場所で保管することで、新聞紙の変色を防ぐことができます。

 

 

ラミネート加工する

少しでもきれいな状態で残しておきたい記事がある場合、記事の部分を切り取りラミネート加工しましょう。

 

そうすれば、空気に触れることがなくなるので変色を防げます。

 

 

アルバムに入れる

貼り付けるタイプのアルバムに残したい記事を保存すると、空気を遮断できるので変色を防げます。

 

 

これらの方法で保存すれば、永久というわけにはいきませんが、ある程度長期的に保存が可能です。

 

 

 

まとめ

新聞に記載されているお気に入りの記事は、少しでもきれいな状態でずっと残したいですよね!

 

切り取って保管するだけだとすぐ変色するので、今回紹介した方法でちゃんと空気や光を遮断して保存しましょう。

 

また、新聞紙にはたくさんの使い道があり、面倒な家事を楽にこなすことができます。

 

今回紹介した使い道を参考に、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

★当記事と一緒にチェックしたい記事一覧★



★【2017年】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
使い捨てカイロを素早く温める方法は?正しい再利用法も紹介!


■第2位■
リップクリームの頻度と正しい塗り方は?使用期限はあるの?


■第3位■
風邪の引き始めといえる症状一覧!喉や鼻水以外にもサインはある?


■第4位■
冷えピタを貼る場所ってどこが正解?症状別にまとめた!


■第5位■
正しいお風呂の入り方って知ってた?順番やマナーについて紹介


■第6位■
白湯の素晴らしい効果って?温度や作り方についても調べてみた


■第7位■
五本指ソックスの効果とデメリット!偏平足や子供におすすめ



★【雑学】おすすめ記事ランキング★



■第1位■
付き合う前の初デートで最適なプラン、脈ありかの見極め方とは?


■第2位■
キシリトールガムの食べ過ぎは危険?虫歯予防の効果はホント?


■第3位■
最近よく転ぶ人は必見!原因は病気の可能性も?治し方は?


■第4位■
靴のサイズが大きい…即効でできる対処法を厳選して4つ紹介!


■第5位■
牛乳を飲むと危険といわれる根拠は?ヨーグルトも危ないの?


■第6位■
よく口の中を噛む癖の原因は?即効性のある治療法と対策について


■第7位■
消化に良い食べ物一覧!コンビニや外食で手軽に買えるものは?



コメントを残す

認証コード 数字を入力

サブコンテンツ